士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

SEOで重要な「共起語」とは?ポイントと検索ツール×2もご紹介

SEOで重要な「共起語」とは?ポイントと検索ツール×2もご紹介

SEO対策において、とても重要なのが「共起語(きょうきご)」というものです。

この共起語ですが、実は、結構多くの方が誤解して、間違った使い方をしてしまっています。

今日は、共起語の活用法について、解説します。

共起語とは?

共起語とは、以下のようなものを指します。

共起語とは?

ある単語と一緒に、同じ文脈の中でよく出てくる単語のこと。
(関連語句、のようなイメージ)

分かりやすいように、以下に共起語の例を挙げてみましょう。

ここをタップして表を表示Close
共起語の例
夏休み かき氷、宿題、麦わら帽子、など
バスケットボール ドリブル、ダンクシュート、スリーポイント、など
相続 遺産分割、相続、戸籍、など

近年、検索エンジン(GoogleやYahoo)は、この共起語を重要視してきています。

簡単に言うと、「共起語が文章(コンテンツ)に含まれている = そのテーマについて、より詳しく書いてある = 信頼できるページなので上位表示させよう」と判断してもらえるわけですね。

無料で使える共起語検索ツール×2

共起語は、専用の検索ツールを使うことで、調べることができます。

以下に、代表的な共起語検索ツールをご紹介します。

SEO研究所:サクラサクラボ

ScreenshotSEO研究所:サクラサクラボ

共起語調査ツールは、入力したキーワードと併記される事の多いワードを抽出するツールです。Google/yahoo の検索結果上位のページのコンテンツで形態素解析を行い、頻出する語を共起語として表示しています。

こちらのツールは、無料登録すると使うことができます。

例えば、「相続税」の共起語を調べてみると、以下のような検索結果が表示されます。

SEO研究所:サクラサクラボの共起語検索ツール

  • 計算
  • 贈与
  • 控除
  • 税率
  • 所得

いかにも、「相続税」と同じ文脈で出てきそうな単語ですよね。

ミエルカ:共起語検索・調査ツール

Screenshotミエルカ:共起語検索・調査ツール

>【無料デモ】共起語検索、チェックツール

こちらは、コンテンツマーケティング用ツール「ミエルカ」の、無料デモ版の共起語検索ツールです。

こちらでも同じように、「相続税」の共起語を調べてみると、以下のような検索結果が表示されます。

ミエルカ:共起語検索・調査ツール

  • 相続税
  • 相続
  • 相続人
  • 相続税額
  • 贈与税

先ほどのサクラサクラボさんのものと比べると、結構違いがありますね。

共起語検索ツールは、各ツールによって差があるので、使いやすいものを使うのが良いかと思います。

「共起語を文章にいっぱい詰め込もう!」ではないので注意

共起語のお話をすると、よく「なるほど!共起語を文章に詰め込めば良いんですね!」と誤解される方がいますが…。

実は、「共起語を文章にいっぱい詰め込もう!」という訳ではないのです。

では、共起語はどうやって活用すれば良いのか?
分かりやすく解説しますね。

大事なのは、検索ユーザーの「検索意図」を把握すること

実は、検索エンジンは、検索するユーザーの「検索意図」を重要視するようになってきています。

検索意図とは、簡単に言うと「その人が、どんな情報を知りたくて検索しているのか?」「この人が求めているのはどんな情報なのか?」ということです。
(検索する人の意図、という意味合いです)

SEOで大事な「検索意図」とは?

検索エンジンは、この「検索意図に合うページを上位表示させる」傾向にあるのです。
「検索意図に合う = そのユーザーにとって役立つページ」ということだからです。

※検索意図については、以下のページでも詳しく解説していますので、ご参照下さい。
>> SEOの疑問。キーワードの数は何個が最適?の答え

つまり、「A」というキーワードで上位表示させたいなら、「Aで検索する人が、どんな情報を知りたくて検索しているのか?」を考え、そこから逆算してページを作る(記事を書く)必要がある、ということです。

検索ユーザーの「検索意図」から逆算してコンテンツを作ろう

このように、SEOでは「検索意図」から逆算して記事を書くことが大事になってくるのです。

しかし、「検索意図を見極める、と言っても、具体的にどうすればいいの?」と悩まれる方もいると思います。

そこで役立つのが、共起語なのです。

共起語は、「検索意図を見極めるヒント」になる!

実は、この「検索意図」を見極めるヒントになるのが、共起語なのです。

分かりやすいように、一つ例を挙げてみましょう。

例えば、「子供 教育」というキーワードで検索された時に、上位表示させたいとします。

共起語は、「検索意図を見極めるヒント」になる!

しかし、「子供 教育」というキーワードを見るだけだと、「この人がどんな情報を求めているのか?(どんな意図で検索しているのか?)」が分かりづらいですよね。

  • 子供の教育に役立つ塾を探しているのかもしれない。
  • 子供の教育費の貯金について悩んでいるのかもしれない。
  • 子供の教育のために、自宅で出来ることがないか?探しているのかもしれない。
  • このように、検索キーワードを見るだけだと、その人の検索意図がなかなか掴めません。

    そこで、「子供 教育」の共起語を調べてみると、以下のような結果が出てきました。

    「子供 教育」の共起語を調べてみると

    • 資金
    • 費用
    • 保険
    • 私立
    • 公立
    • お金
    • 貯蓄

    こういった共起語が出てきました。

    つまり、「子供 教育」で検索する人は、実は以下のような意図で検索しているのだろう、ということが予測できますよね。

    • 子供の教育に、どれくらいの費用がかかるのか?を知りたい
    • 学校の選び方(公立がいい?私立がいい?)を知りたい
    • 教育資金の貯蓄の仕方(保険など)を知りたい

    こういった情報を分かりやすく書いたページを作れば、検索意図と合致することになるので、上位表示が期待できる、ということです。


    以上が、共起語を用いて検索意図を逆算する一例です。

    まとめ:結局は「ユーザーの役に立つかどうか?」だけ

    いかがでしたでしょうか。

    SEOの本質は,極論すると「ユーザーに役立つ情報を発信できるかどうか?」です。

    つまり、「ユーザーの検索意図に沿ってページを作れているか?」が大事なのです。

    • いかに多くのリンクを集めるか?
    • いかに楽してアクセスを増やすか?

    こういった、小手先の考え方・テクニックは、もう通用しなくなってきています。

    検索ユーザーにとって役立つ情報を発信した人が勝つ。
    ものすごくシンプルなのです。

    あなたもぜひ、共起語を活用して、ユーザーに役立つコンテンツを作って頂ければ幸いです。

    得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

    お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

    *

    この記事を書いた講師

    士業の学校校長大林 亨輔
    累計500以上の士業事務所のWEB集客をサポートしてきた、士業専門ネット集客コンサルタント。
    株式会社ミリオンバリュー代表取締役社長。
    士業の学校の創設者であり、校長。

    船井総研出身の父の背中を見て育ち、22歳の時に独立起業。
    士業業界のホームページ制作・SEO・PPCといった集客サポートを行い、独自の【士業専門3ステップ集客ノウハウ】を確立。

    全国各地でセミナーも行い、ノウハウの普及に務めている。

    ディズニーとスターバックスが大好き。
    Return Top