士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

ワードプレスのお勧め有料テーマ×2。集客のための注意点も解説。

ワードプレスのお勧め有料テーマ×2。集客のための注意点も解説。

ワードプレス(WordPress)でホームページやブログを作るなら、「どのテーマを使うか?」はとても重要です。

今日は、私がクライアントにもお勧めしている、ワードプレスの有料テーマ(テンプレート)をご紹介します。

なぜ無料ではなく、有料テーマを使うべきなのか?

ワードプレスのテーマには、無料のものと、有料のものがあります。

多くの場合、無料のテーマが使われることが多いのですが、私はあえて、有料テーマをお勧めしています。

その理由は、主に以下の3つです。

(1)SEOのことを真剣に考えて設計されている

有料のWordPressテーマは、無料のものに比べて、SEO対策がしっかり考えられています。

ホームページやブログを立ち上げる上で、SEO対策は必要不可欠です。

いくら頑張ってホームページを作っても、その土台となるテーマがSEO対策に向いていない構造になっていたら、その努力は水の泡になってしまいます。

そういった悲劇を防ぐためにも、SEO対策まで考慮された有料テーマの方が良いのです。

(2)デザインが秀逸

無料テーマは、デザイン面で使いづらいことがあります。

専門のウェブデザイナーにとっては、大元のテーマはシンプルな方が使いやすいこともあるのですが…
ウェブデザイナーではない、ホームページ初心者にとっては、「なんだか簡素なデザインになってしまった…」のように使いづらくなってしまうのです。

もしあなたが、ウェブデザイナーではないのであれば、有料テーマはそのスキルを補ってくれる、心強い味方になります。

(3)HTMLやCSSの知識がない初心者でも使いやすい

ワードプレスは、初心者にとっては、管理画面が使いづらいことがあります。
管理画面が使いづらいと、ホームページを更新するのにも時間と労力がかかってしまうので、いずれ更新の手が止まってしまう可能性が高くなります。

この部分に対して、よくできた有料テーマは、管理画面も使いやすくなっています。

投稿する時にも、太字にしたり赤字にしたりなどの文字装飾が簡単にできたり。
画像挿入や、ボタン風のデザインが簡単にできたり。
ホームページ全体のデザインを、マウスのドラッグだけで簡単に変更できたり。

このような、初心者には非常にありがたい機能があります。
もちろん、中級者以上にとっても、作業を効率化してくれる頼もしい存在になります。

HTMLやCSSの知識がないのであれば、ぜひ有料テーマを使ってみてください。

デザインも秀逸で操作もしやすい!WordPressお勧め有料テーマ×2

私がお勧めするのは、以下の2社が提供している有料テーマです。

どちらも日本の会社で、サポートにも対応しているので、初心者の方にも使いやすいと思います。
どのテーマも数千円~1万円台で手に入るので、値段的にもお手頃です。

(あくまで主観的なお勧めなので、ご利用は自己判断でお願いします。)

(1)デジステイト社が提供する「デジプレス」

1つ目は、デジステイト社が提供している、「デジプレス」というシリーズです。

Screenshotデジプレス
洗練されたデザインと、優れた操作性が大きな特徴。専用のプラグインでさらに使いやすく。

デジプレスは、管理画面が非常に使いやすいのが特徴です。

以下のように、専用のメニューが出てきて、ここからホームページ全体の色合いを変更したりといった操作ができます。

デジプレスの専用メニューは、とても使いやすく、お勧めです

また、専用のプラグインも用意されており、テーマの機能をさらに拡張することもできます。

SEO対策も考えて作られているので、ぜひ使ってみてください。

(2)デザインプラス社が提供する「TCD」

2つ目は。デザインプラス社が提供している、「TCD」というシリーズです。
Facebookでもよくシェアされているので、見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。

ScreenshotTCD
圧倒的な種類の有料テーマに加え、ワードプレスのカスタマイズ情報も配信されています。

TCDは、テーマの種類が非常に多いので、あなたに合うデザインを探してみてください。

ワードプレスのカスタマイズ情報も掲載されているので、より極めていきたい人は、そういった情報も参考にすると良いでしょう。

注意!優れたテーマを使えば集客できる、ということではありません…

ここまでで2つのお勧め有料テーマをご紹介してきましたが…
大事な注意点があります。

それは、「優れたテーマを使う = 集客できる」という訳ではない、ということです。

ここは多くの人が陥りがちなのでお伝えしておきますが、ホームページのデザインが集客力に与える影響は、そこまで大きくないのです。

では、何がホームページの集客力を左右しているのか?というと…

ホームページの集客力は、「文章」に左右される

ずばり、ホームページの集客力は、「文章」で大きく変わってきます。

当たり前ですが、ホームページを見に来る人は、「このホームページはデザインが優れている!ここなら信頼できる!相談してみよう!」とは思いません。
デザインを見て比較しているのではないのです。

そうではなく、ホームページに書かれいる「文章」を読んで、あなたと他者を比較しているのです。

それでは、どんな文章を書けばいいのか?
分かりやすく解説します。

ホームページに書くべき、2つの文章とは?

ホームページに書くべき文章は、大きく分けて2種類あります。

(1)セールスレター

最優先で書くべき文章が、「セールスレター」です。

セールスレターとは、簡単に言うと「あなたの価値や魅力を最大限伝えきり、商品やサービスを購入してもらうための文章」とも言えます。

極論すると、あなたのホームページを見に来る見込み客は、「自分にとって一番メリットのある事務所に相談したい」と考えています。
つまり、「得られるメリット」にしか興味がない、と言っても過言ではないのです。

要するに、セールスレターで伝えるべきなのは、「私はこんな特徴があるので、あなたにとってこんなメリットがありますよ」ということです。

セールスレターの書き方について解説しようとすると、非常に長くなってしまうので、以下に基本をまとめた動画を用意しました。

セールスレターの基本である「BEAFの法則」という文章の書き方を解説していますので、ぜひ参考にしてください。

>> 顧客心理から逆算した文章「BEAFの法則」

(2)コンテンツ(情報ページ)

ホームページは、情報量が増えれば増えるほど、SEOの効果が高まっていきます。
検索エンジン(YahooやGoogle)も、「検索する人にとって役立つホームページを上位表示させよう」と考えているので、情報量を増やすのは、理にかなったSEO対策なのです。

コンテンツSEOや、コンテンツマーケティングといった言葉も出てきていますが、近年どんどんコンテンツが重要視されてきているのです。

要するに、「コンテンツを増やす ⇒ 検索エンジンに高く評価される ⇒ 上位表示されやすくなる ⇒ アクセスが増える」ということです。

実際、当社のクライアントも、コンテンツをしっかり増やしていくことで、以下のようにアクセスアップに成功しています。

コンテンツを増やすことで、SEO対策になり、アクセスアップに役立つ

ただ一点、注意点があります。
実は、「ただ単にコンテンツ(情報ページ)を増やせばいい」というものではないのです。

コンテンツを増やすにも正しい方法があります。
その正しい方法から逸れてしまうと、いくら頑張って情報発信しても、アクセスアップは期待できません。

以下のページで、コンテンツの正しい増やし方を解説していますので、ご参照ください。

>> ブログの書き方 & ネタの探し方を徹底解説!もうネタ切れなんて言わせない

まとめ

ワードプレスの有料テーマは、初心者の方にも使いやすく作られています。

ただ、優れたテーマを使えば集客できる、というわけではありません。
ここで解説したように、文章をしっかり書いていく必要があります。

あなたの努力を水の泡にしないためにも、このポイントをしっかり覚えておいてくださいね。

もしあなたが今、無料テーマを使っていて集客できていないなら、ぜひこれらの有料テーマも検討して頂ければと思います。

参考になれば幸いです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

この記事を書いた講師

士業の学校校長大林 亨輔
累計500以上の士業事務所のWEB集客をサポートしてきた、士業専門ネット集客コンサルタント。
株式会社ミリオンバリュー代表取締役社長。
士業の学校の創設者であり、校長。

船井総研出身の父の背中を見て育ち、22歳の時に独立起業。
士業業界のホームページ制作・SEO・PPCといった集客サポートを行い、独自の【士業専門3ステップ集客ノウハウ】を確立。

全国各地でセミナーも行い、ノウハウの普及に務めている。

ディズニーとスターバックスが大好き。
Return Top