士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

【セミナー動画】9割のホームページ集客が失敗する理由と、その解決策とは?

先日、『9割のホームページ集客が失敗する理由と、その解決策とは?』というテーマで、セミナーを開催させて頂きました。

そのセミナー動画を、以下から見れるようにしましたので、ぜひご覧ください。

上記のセミナーは、ザメディアジョングループ代表の山近繁幸様が開催されている、「経営ファイブ」という集まりの中でお話させていただいたものです。

以下、セミナー内容のポイントを、かいつまんでご紹介します。

ホームページ集客の基本公式とは?

ホームページの集客力は、以下の公式で決まります。

ホームページの集客力=ホームページの成約率(反応率)×アクセス×受任率(営業成約率)

この公式は掛け算なので、どれか一つの要素を頑張ってもダメです。
例えば、アクセスをどれだけたくさん増やしても、ホームページの成約率(反応率)がゼロだったら?
当然、掛け算なので、結果はゼロになってしまいますよね。

多くのホームページは、成約率(反応率)がとても低い状態で、アクセスを増やすことばっかり頑張っている状態です。
なので、失敗してしまうのです。

先にホームページの成約率(反応率)を高めて、その上でアクセスを増やすことで、効率よく集客できるようになります。

ホームページの成約率(反応率)を高めるには?

ホームページの成約率(反応率)を高めるには、ずばり”文章”を改善する必要があります。

文章で、あなたの商品やサービスの魅力をしっかり伝えきって、お客様に「ここの商品・サービスは、他よりも良さそうだ!」と思ってもらう必要があるのです。

そこで役に立つのが、BEAFの法則(ビーフの法則)と呼ばれる、文章の書き方です。

BEAFの法則(ビーフの法則)のポイント解説

このBEAFの法則は、以下の4つの項目の頭文字をとってそう呼ばれています。

  • Benefit(購入メリット):これを使うことで、こんなメリットがあります。

この文章の流れにそって書くことで、あなたの商品・サービスの価値がしっかり伝わるようになります。
結果的に、ホームページの集客力がアップする、ということです。

BEAFの法則の詳細は、以下の動画でも解説していますので、ぜひご参照ください。

>> 顧客心理から逆算した文章構成「BEAFの法則」を動画で学ぶ

アクセスアップ対策の注意点

文章を改善して、ホームページの成約率(反応率)を高めたら、次はアクセスアップです。
アクセスアップ対策の代表としては、SEO対策やPPC(リスティング広告)が挙げられます。

しかし、SEO対策やPPC(リスティング広告)には、注意点があります。
それは、「検索してくるユーザーにしかアプローチできない」ということです。

検索されづらいサービスや、検索市場がライバルで埋め尽くされてしまっているような場合には、費用対効果が悪くなってしまうのです。

そこで効果的なのが、「検索に依存しないアクセスアップ対策」です。
具体的に言うと、フェイスブック広告とセミナーを絡めて集客することで、費用対効果を高めることができます。

フェイスブック広告やセミナー集客に関しては、以下のページでも詳しく解説していますので、ご参照ください。

>> 士業のためのフェイスブック広告を用いた集客テクニックを解説
>> ホームページで売りづらいサービスは、【セミナー⇒個別相談】で売れる

まとめ

いかがでしたでしょうか。

要するにポイントは、最初に紹介した公式に集約されます。

ホームページの集客力=ホームページの成約率(反応率)×アクセス×受任率(営業成約率)

この公式を常に頭に入れておきましょう。

あなたのホームページが今、集客できていないのであれば、原因は「成約率が低いか」「アクセスが少ないか」のどちらかです。
そして多くの場合、成約率の方に原因があります。

ぜひ、あなたのホームページ集客の改善に活かしてみてくださいね。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

この記事を書いた講師

士業の学校校長大林 亨輔
累計500以上の士業事務所のWEB集客をサポートしてきた、士業専門ネット集客コンサルタント。
株式会社ミリオンバリュー代表取締役社長。
士業の学校の創設者であり、校長。

船井総研出身の父の背中を見て育ち、22歳の時に独立起業。
士業業界のホームページ制作・SEO・PPCといった集客サポートを行い、独自の【士業専門3ステップ集客ノウハウ】を確立。

全国各地でセミナーも行い、ノウハウの普及に務めている。

ディズニーとスターバックスが大好き。
Return Top