士業の学校:プレスクール

士業向け集客方法・売上アップ・マーケティングの情報サイト

集客できない人の決まり文句「長い文章 vs 短い文章」

集客できない人の決まり文句「長い文章 vs 短い文章」

士業専門Web集客コンサルタントの
大林です。

『ホームページは、長い文章だと、
読んでもらえない気がするので、
短い文章のほうが
いいんじゃないでしょうか?』

これ、
結構多くの人から
質問されます。

以前書いた
以下の記事でも、
詳しく解説していますが、

↓↓↓
長い文章は読まれない?否! コピーライティングに長さは関係ない3つの理由とメリット

結論から申し上げますと、
長い文章のほうが、
問合せは増えます。

なぜ、長い文章のほうが、集客できるのか?

なぜなら、
「長い文章は、
短い文章のいいところも
兼ね備えている」からです。

慎重な人は、
文章を全部読んでくれます。

せっかちな人は、
見出しだけ飛ばし読みしたり、
途中で納得して問合せしてくれます。

※短い文章では、
十分な情報量を与えられず、
問合せに至りづらくなってしまうのです。

実際、マーケティングのプロ、
ゲイリー・ハルバート氏も、
こんなことを言っています。

=======================
長すぎるコピー(文章)というものはない。

退屈なコピーがあるだけだ。

=======================

うーん、
名言ですね。

Marketing Experimentsの調査結果

また、Marketing Experimentsが
行った3回の調査でも、3回すべてで、
「長い文章」の方が反応が良かった、
という結果が出ています。

ちなみに、
当社のお客様のホームページで、
反応がいいトップページの
文字数をカウントしてみたところ、

『11,556文字』

もありました。

※これは、テキストとしての文字数だけで、
画像に含まれる文字も合わせたら、
もっと多い、ということになります。

結論、
ホームページの文章は
もっと長くていい。

お客様があなたに
相談・依頼すべきかどうか?
判断できるように、
十分な量の文章を書きましょう^^

※追伸:

先日、妻に、
日頃の感謝の想いを伝えたくて、
手紙を書きました。

妻への手紙

上述の
コピーライティングの話では
ありませんが、

書きたいことが多すぎて、
最後の方、
文字がちっちゃくなってましたが。笑

LINEなどで
「いつもありがとう!」
と伝えるよりも、

手書きのほうが、なんとなく、
気持ちが伝わるような
気がしています。

※ちなみに余談ですが、
マーケティングの世界でも、
手書きフォントは注目度が高いと
言われています。

これからも、
妻への感謝の気持ちを
ちゃんと伝えていきたい。

伝えなければ、伝わらない

妻への感謝も、
コピーライティングも、
「伝えなければ、伝わらない」
ですからね。

あらためて、
そう思った次第です^^

それでは、
今日も最後まで
お読みいただき、
ありがとうございました!

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

19 + 5 =

Return Top