士業の学校:プレスクール

士業向け集客方法・売上アップ・マーケティングの情報サイト

利益の出る価格設定の方法「3パターンの値段を用意する」

価格設定は、利益に大きく影響します。

値下げは、中小企業や個人事務所のマーケティング戦略には不向きです。
「いかに値上げできるようにしていくか?」が、利益を出す鍵なのです。

そこでお勧めなのが、「3つの価格帯(値段)を用意する」ことです。

例えば、「エコノミープラン、スタンダードプラン、プレミアムプラン」のような形にするのです。

人間の購買心理をふまえると、たったこれだけでも、売上を底上げすることができるのです。

価格設定の基準としては、

  • 無形サービス、商品の場合は「10:3:1」
  • 有形サービス、商品の場合は「4:2:1」

くらいを目安にすることをお勧めします。

また、3つの価格帯を用意することで、クロージング(営業トーク)も売り込み感がなくなり、成約率(受注率・受任率)もアップしやすくなります。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top