士業の学校:プレスクール

士業向け集客方法・売上アップ・マーケティングの情報サイト

営業が苦手な人向け、「喋らない」営業術

営業が苦手な人向け、「喋らない」営業術

士業専門Web集客コンサルタントの
大林です。

営業が苦手な方、
多いですよね。

実は、
私もです。笑

「売り込んでいる」ような空気感が苦手…

起業当初、
営業がある日の朝は、
なんだか気が重くて…。

なんなら、
その前日くらいから
「明日は営業あるなぁ…」
みたいな感じで。

営業の場の雰囲気って、
なんだか得意に
なれないんですよね。

なんとなく、
自分が「売り込んでいる」ような、
「嫌われちゃうんじゃないか」みたいな、
そんな気持ちになっちゃって。

で、同じような人、
結構いらっしゃるかなと思い、
今日はその解決策を
ご紹介します。

自分以外に営業してもらう

誰に?

ずばり、
「ホームページの文章に」
です。

つまり、
「自分が喋るのが苦手なら、
文章にクロージングしてもらおう」

ということです。

コピーライティングを学べば、
自分が営業しなくても、

あなたのホームページが、
24時間・365日、
休まず代わりに
営業してくれます。

カナダの伝説のコピーライター、
ジョン・E・ケネディは、
コピーライティングを
こう呼んでいました。

==========================
Salesmanship in Print.

印刷されたセールスマン

==========================

あなたの代わりに、
ホームページが営業してくれるので、
営業の場の嫌な空気感とは
もうオサラバです。

あなたが、
営業トークを喋る必要は、
全くなし、です。

ホームページの文章を読んで、
「この人にお願いしたい!」
と熱い気持ちで相談に来てくれる、
そんなお客様が増えるので、

無料相談の場の空気も、
非常にいいですし、
売り込む必要もなくなります。

対面営業なしでも、売上は増えます

ちなみに私は、
対面での営業は、
ここ数年、一切していません。

コロナになる前から、
ほぼリモートワーク的な
働き方です。

(なので、
コロナの影響も
ほぼゼロでした)

それでも、
「ミリオンバリューさんにお願いしたい」
と、決め打ちで連絡してくれる人も多く、
大変ありがたい限りです。

これも、
コピーライティングの
おかげ。

コピーライティングを学んでおいて、
本当に良かった、
と思っています。

ただ、
「コピーライティングと言っても、
何から学べばいいの?」
と思う方もいらっしゃると思います。

そんな方には、
以下の記事が参考になるかと思いますので、
ぜひ参考にしてみて下さいね。

↓↓↓
ホームページに何を書くべき?商品(サービス)説明より大事なこと

※追伸1:コピーライティングは、「売り込み」ではない

コピーライティングは、
「売り込む文章」ではなく、

『あなたの商品・サービスの価値を
100%伝えきる文章術』

のことです。

世の中には、
煽って買わせるコピーライティングを
推奨している人もいますが、

それでは、
お客様と長期的に良い関係は
築けません。

お客様に、

「あなたの悩みの解決策が、
ここにありますよ」

「この商品・サービスは、
こんな方にお勧めですよ」

と、100%伝えきること。

そして、
お客様が納得の上で、
申し込んで頂き、
双方がWin-Winになれること。

これが、
真のコピーライティングです。

※追伸2:コピーライティングとの出会い

私が、
コピーライティングに出会ったのは、
起業して2年くらい
経ってからでした。

今振り返れば、
あの時にコピーライティングに
出会えたからこそ、

会社の売上が安定し、
営業にかけはずだった時間を
節約できるので、

家族との時間も、
妻との時間も、
たくさんとれるようになりました。

妻とスタバで
(妻と、お気に入りのスタバにて)

(欲を言えば、起業2年目より早く
コピーライティングに出会えていたら、
と思うくらいです)

私自身が、
コピーライティングに救われたからこそ、
あなたにも、
その良さを知ってほしい。

そう思って、
今日のメルマガで
お伝えした次第です。

先ほど紹介した、
以下の記事も、
ぜひお読みくださいね。

きっと、
あなたのホームページの文章が
生まれ変わるヒントに
なります。

↓↓↓
サービス内容以上に、●●をちゃんと書こう

それでは、
今日も最後まで
お読みいただき、
ありがとうございました!

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

two × 5 =

Return Top