(株)ミリオンバリュー

士業専門ホームページ制作・Web集客支援

会社概要

「好き」と「お金」を、両立する士業を増やしたい

(端的に言えば)当社は、士業専門のホームページ制作&集客支援をしている会社です。

しかし、それは私たちの仕事の、表面的な部分を表しているに過ぎません。

私たちの真の想い。
それは、「”好き”と”お金”を、両立する士業を増やしたい」ということです。

なぜなら、好きなことをしている人は、最高の価値を発揮できるからです。
本人もワクワクして輝くことができますし、周りにも良い影響を与えます。

結果的に、お客様にも選ばれ、売上アップも実現できます。

では、なぜ私たちが、「好きなこと(やりたいこと)」にフォーカスしているのか?
その理由は、以下のような歩みがあったからです。

ミリオンバリューの”方針”年表

2010年

すべては、ここから始まった…!

士業専門のホームページ制作&集客支援サービスをスタート。

父の事務所の一部を間借りして、文字通りパソコン1台での起業でした。

対象の業種

士業(税理士、行政書士、社会保険労務士、弁護士、司法書士、弁理士、不動産鑑定士、など)、コンサルタント、コーチなど、「無形サービスを扱っている業種」「自分自身が商品」という方々をメインでサポートしています。
2013年

士業の業績アップのために

実は当社も、最初から「好きなことに注力する重要性」に気付いていた訳ではありませんでした。

スタート当初は、とにかく「クライアントの売上を上げること」にフォーカスしていました。

ホームページ制作以外にも、SEO対策やリスティング広告の運用代行も積極的に行い、ノウハウを蓄積。

(余談ですが、当時、代表の大林はスキンヘッドでした)

2016年

自社もクライアントも、順調に成長

法人化したり、スタッフ数も増え拡大していく士業事務所が多数。

当社の実績も、この時点で400件以上に。

(代表の大林は、結婚を機に、奥様の影響で髪を伸ばし始めました。)

2017年前半

「繁盛士業と貧乏士業の違い」に気づく

「これまでの成功事例の共通点は何か?」
調査と分析を行ったところ…

「やりたい業務(好き・得意な業務)」に注力している事務所ほど、上手くいっている傾向にあることが判明。

外面的な動機だけでは、挫折する

これまでの当社の経験上、「儲かる」という理由だけで始めるのは、あまりお勧めしていません。

なぜなら、一時的にうまくいっても、長期的に見ると続かないことが多いからです。

外面的動機ではなく、内面的動機のほうが、結果的に売上アップしやすいものです。

2017年後半

「好き」だけではダメ。土台となるマーケティングが大事だ!

そうは言っても、ただ単に「好き!やりたい!」だけでは、集客できません。

ビジネスとして行うなら、「数字の根拠」や「売れる仕組み(ツール)」が必要不可欠です。

そこで、これまでにも力を入れていた以下のサポートを、さらに強化。

2018年

「好き」と「お金」を両立する士業を増やす

上記のような流れを経て、今は、「好き」と「お金」を両立する士業を増やせるよう、Webマーケティング支援に力を入れています。

「ただ単に、好きなことをしていればいい」みたいな、脳みそお花畑な考え方では、ビジネスとは言えません。

「好きな仕事を楽しんで、お金にも恵まれる」

これこそ、当社が目指すべきサポートであると確信。

代表の大林自身も、自分の「好きなこと」を中心にビジネスを組み立て、クライアントにもそのメッセージを伝え始める。

好きな業務に特化し成功。印象的な顧客のストーリー

上記の年表にある通り、当社は、これまでに数々の経験をし、その中で自社の方針をブラッシュアップしてきました。

その中で1つ、印象に残っている、とあるクライアントの事例をご紹介します。

とある社会保険労務士・行政書士:Aさんのストーリー

開業4ヶ月前

とあるコンサル会社に「儲かる提案」をされたものの…

社会保険労務士および行政書士の資格を持ったAさん。

とある有名なコンサルティング会社に、独立開業の相談をしたところ、「障害年金が儲かるから、絶対オススメです!」と言われたそうです。

しかし、Aさん本人としては、障害年金は本当にやりたい業務ではない。

またAさんは、そのコンサルティング会社のやり方も、顧客思いではない印象を受け、モヤモヤしていたそうです。

開業3ヶ月前

どの業務に特化すべきか?当社にご相談

そんな中、当社に「どの業務に特化すべきか?」ご相談に来られました。

Aさん
障害年金も、大切な仕事だと思います。

でも、本当にやりたいのは、外国人の採用支援なんです。

Aさん
就労ビザ申請を代行し、企業と外国人労働者をつなげたい。

人事労務もサポートして、会社の永続発展をお手伝いしたい。

そう思っているんです。

上記のような想いをお伝えいただきました。

開業2.5ヶ月前

当社にて、検索数・ライバル状況を調査

「外国人の採用支援をしたい」

その想いを形にできるよう、まずは、検索数・ライバル状況の調査を行いました。

その結果、その地域では、就労ビザ関連の検索数もあり、ライバルも多くない事が判明。

安価な外国人の労働力が求められている背景もあり、需要がある!と判断した当社は、「就労ビザでいってみましょう」とご提案しました。

開業2ヶ月前

ホームページの準備を開始

「就労ビザに特化する」という方向性が固まったので、当社にホームページ制作をご依頼頂き、準備開始。

約2ヶ月の時間があったので、ホームページの中身(文章)も、余裕を持って準備できました。

名刺や事務所案内にも、ホームページのURLを挿入し、準備は万端。

あとは、独立開業日を待つだけです。

いざ!独立開業

ホームページ公開。初月で、6件集客。

独立開業の日に合わせて、ホームページを公開。

事前にコンテンツを書き溜めていたこともあり、初月で6件の問合せを獲得できました。

Aさん
初めて問合せが来た時は、正直「やった!」という気持ちと、安心感でいっぱいでした。

これで、お客様のお役に立てる、スタートラインに立てた。

そう思いました。

※成果の度合いは、お客様によって異なり、必ずしも同様の成果を保証するものではございませんこと、ご理解下さい。

その後

順調に安定集客・売上アップ

就労ビザに特化したことで、早い段階から信頼感も高まり、人事労務の顧問契約にもつなげることができました。

売上も安定してきたので、さらなる拡大を目指して邁進中です。

Aさん
ビザに特化してよかった。

自分で考えていたら、ここまでこれなかったと思います。

Aさん
仕事なので、もちろん大変なこともあります。

でも、自分で「やりたい!」と決めた仕事だからこそ、アイデアも出てきて、より成長できるんです。

なにより、毎日楽しく仕事できて、お金も頂けているというのは、とても幸せなことだと感じています。

Aさんからは、上記のようなお言葉を頂いています。

これはもちろん、とあるクライアント1人の事例ですので、そのままあなたに当てはまるものではありません。

しかし、これまでの当社の経験上、ただ単に「儲かるから」という外面的な動機だけでスタートするよりも…

「この仕事がしたい!」という内面的な動機でスタートしたほうが、結果的に売上アップできる人が多くなっています。

(もちろん、「儲かる+この仕事がしたい!」という業務があるなら、ぜひ取り組んでいただきたいです)

あなたは、どちらを選びますか?

  • 好きな業務をして、お金にも恵まれる毎日
  • 朝起きる度に、「ハァ、今日も仕事か…」と暗い顔で過ごす毎日

あなたは、どちらの日々を選びますか?

もちろん、前者を選ぶ人が大多数だと思います。

そして「好きなことに注力すると、お客様にも選ばれる(売上アップできる)」というのは、お客様視点で考えると、至極当然のことなのです。

この「お客様視点」が分かりやすいように、あなたがお花を買いに行くことを考えてみて下さい。

あなたの目の前に、2人の花屋さんがいるとします。

お花が大好きなSさん

一人目の花屋Sさんは、お花のことが大好きで大好きで、いつも花のことばかり考えています。

お花が大好きで、お客様のことも心から愛しています。

大好きだからこそ、

  • お花を長持ちさせる方法を教える
  • 花と一緒に渡すプレゼントを提案する
  • (プロポーズ用のお花なら)愛の告白のアドバイス

といったプラスアルファのサービスも無意識にできてしまいます。

さらに、「花占いも一緒に提供したら、もっと喜ばれそう!」などのアイデアもどんどん思い付く、面白いお店です。

イヤイヤ仕事をしているTさん

一方、もう一人の花屋Tさんは、お花のことはあまり好きではありません。

他に選択肢がなかったので、仕方なく花を売っているようなスタンスです。
来たお客様に言われたとおりにサービスするだけ。

ため息混じりにいつも気にしているのは、お金のことばかり。
今月も売上が気になっているようです。

そのため、単価や利益率などの事ばかり考えています。

ほら、今もお客様がお店に入ってきたのに、売上が気になって気付きませんでした。

さて、あなたは、SさんとTさん、どちらからお花を買いたいでしょうか?

考えるまでもなく、お花が大好きな花屋Sさんから買いたいですよね。

そんなSさんが、繁盛しないわけがないのです。

そしてこれは、士業やコンサルタントといった仕事も同じです。

事実、当社のクライアントの中で、特に上手くいっている方々の共通点の1つは、「好きなことに注力していること」なのです。

注意。「好き」だけじゃダメ。売上UPも実現する1stステップとは?

ここまでで、「好きなこと(やりたい業務)に特化する」ことの大切さをお話しました。

しかし、当たり前ですが、ただ単に「好き!やりたい!」だけではダメです。

「好きなことをしていれば、結果は勝手についてくる」のようなことを言う人もいますが、それはビジネスとは言えません。

ここで大事になってくるのが、マーケティング的な視点です。

こと士業に関して言えば、最も大事なファーストステップは、「集客できる業務分野を見極めること」なのです。

どの業務に特化すべきか?事例4つをご紹介

当社は、ホームページ制作前に、「どの業務に特化すべきか?」の調査を行っています。

  • 検索数は、どれくらいあるのか?(十分な需要があるか?)
  • ライバル状況は、どうなっているか?(どんなホームページを持っている?、価格設定は?など)

こういった、マーケティング的な視点をもとに、一人一人に合わせた集客戦略をアドバイスしています。

以下、分かりやすいように、事例を4つご紹介します。

  • (Case01)独立開業を控えた、司法書士Bさんの場合
  • (Case02)自作ホームページを持っていた、税理士Cさんの場合
  • (Case03)業者にホームページを作ってもらっていた、行政書士Dさんの場合
  • (Case04)特にやりたい業務がない、社労士Eさんの場合
Case01.独立開業を控えた、司法書士Bさんの場合

司法書士Bさん
3ヶ月後に、独立開業する予定です。

相続と債務整理、どちらに特化するか迷っています。

上記のようなご相談を受け、当社で調査を行いました。

調査の結果、「相続」も「債務整理」もライバルが多く、そのままでは集客が難しいと判断。

しかし、相続の中でも、「家族信託」であれば、検索数もあり、ライバル状況も弱いと判明しました。

結果、Bさんも力を入れたいと思っていた「家族信託」に特化することに決まりました。

Case02.自作ホームページを持っていた、税理士Cさんの場合

税理士Cさん
無料ホームページ制作ツールで作った、自作ホームページがあります。

自分なりに、SEO対策などもやっているのですが、問合せが来なくて、困っているんです。

Cさんは、「税務顧問」の案件を増やしたいと思っていました。

しかし、東京都内だったこともあり、税理士事務所のライバルが多く、そのままの打ち出しでは集客が難しいと判断しました。

そこで、Cさんのこれまでの関与先をお聞きしたところ、7割くらいが「飲食店」であることが判明。

検索数やライバル状況の調査の結果、「飲食店に特化したホームページ」であれば勝てると判断し、ホームページ制作をスタートしました。

Case03.業者にホームページを作ってもらっていた、行政書士Dさんの場合

行政書士Dさん
「会社設立」に特化したホームページを持っていますが、だんだん問合せが減ってきています。

なんとかWebから集客したいので、支援をお願いします。

Dさんは、とあるホームページ制作業者さんに、ホームページを作ってもらっていました。
しかし、ライバルが出現し、問合せが減ってしまったとのこと。

そこで調査を行ったところ、「NPO法人の設立」であれば、単価もアップでき、ライバルも少ないことが判明。

「NPO法人の設立」に特化したホームページを作ることに決まりました。

Case04.特にやりたい業務がない、社労士Eさんの場合

社会保険労務士Eさん
独立開業する予定なのですが、どの業務に特化するか?が決まっていません。

扱う予定なのは、「障害年金」「助成金」「労務顧問」の3つなのですが、どれに特化すべきでしょうか?

特にどれが好き!という訳でもなく、見込みのあるものに絞ってスタートしたいと思っています。

こういったケースの場合、単純に「マーケティング的に、どの業務が集客しやすいか?」を見極めていくことが大事になります。

Eさんの場合は、障害年金の中でも、「うつ病の障害年金」に特化することに決まりました。

(障害年金を扱っているライバルがたくさんいたため、さらに絞り込む必要があったためです。)

このような、「今は特段、コレがやりたい!という業務がない」というケースでも、対応可能ですのでご安心下さい。
実際に業務を行っていくうちに、どんどん好きになっていく、という方も多くいます。

上記のように、あなたの状況に合わせて、最適な方向性を決めていく必要があるのです。

  • どの業務に特化すればいいのか?
  • 自分がやりたい、この業務は、集客できるか?
  • 独立開業する予定だが、どの業務が効率よく集客できるか?

上記のようにお悩みであれば、まずは当社に、無料調査をご依頼下さい。

あなたの状況をお伺いし、検索数・ライバル状況を調査して、最適な集客対策をアドバイスします。

無料調査の詳細は、こちらをクリック

仕事は、「地獄」にも「楽園」にもなる

仕事が楽しみならば、人生は楽園だ。
仕事が義務ならば、人生は地獄だ。

これは、ロシアの作家:ゴーリキーが遺した格言です。

私は、すべての人が、「好きなことを仕事にする」人生を生きてほしいと思っています。
そして、必ずできると信じています。

「好きなことを仕事にする」のは、難しいことではありません。
なぜなら、天職(好きな仕事)は、「どこかにある」ものではなく、「今の仕事の中に見出す」ものだからです。

せっかく選んだ士業という道。
きっと、根っこには「好きだからこの道を選んだ」という気持ちがあるはず。
あなたには、あなたの好きな道で、最高に輝いてほしい。

その道を共に歩むパートナーとして、当社を選んで頂けたら、嬉しい限りです。

あなたと共に、伴走できることを、心から願っております。

会社概要

本社:KOIL外観
本社:KOIL内観
社名 株式会社ミリオンバリュー(MillionValue, Inc.)
本社 〒277-8520
千葉県柏市若柴178番地4 柏の葉キャンパス148街区2 ショップ&オフィス棟6階 KOIL
地図
本社TEL 0120-59-0884
E-MAIL info@millionvalue.com
事業内容 士業専門ホームページ制作
SEO対策
PPC運用代行
各種ウェブ集客コンサルティング
セミナー
DVD、冊子等の教材販売
主要
取引先
ヤフー株式会社
グーグル株式会社
Facebook Japan
弁護士ドットコム株式会社
株式会社マネーフォワード
主要
取引銀行
三井住友銀行
楽天銀行

私たちについて