士業の学校:プレスクール

士業向け集客方法・売上アップ・マーケティングの情報サイト

画像の容量を小さく圧縮するツール「Optimizilla」はインストール不要で使える

画像の容量を小さく圧縮するツール「Optimizilla」はインストール不要で使える

「画像の容量(サイズ)を小さくしたい」
「でも、画質は極力落としたくない」

そんな方にお勧めの、画像圧縮ツール「Optimizilla」をご紹介します。

元のサイスの80%近く小さくできるので、とてもお勧めです。

「Optimizilla」は、インストール不要で、使い方も簡単

「Optimizilla」は、JPEGやPNGイメージを、画質を落とすことなく圧縮してくれる便利なツールです。
インストール不要で使えるのも嬉しいですよね。

使い方も、容量を小さくしたい画像を選択するだけなので、とっても簡単です。

画像を選択するだけで、自動的に小さく圧縮される

アップロードすると、以下のように、圧縮された画像が表示されます。
あとはこれをダウンロードすればOKです。

アップロードしたら、あとは処理後の画像をダウンロードするだけ

とても簡単ですよね。

画質も調整できる

また、画像をアップロードすると、画面下に、画質の程度を選択できるスクロールバーが出てきます。

スクロールバーで画質を調整できる

基本的に、アップロードした直後は自動的に圧縮率が最適化されているようですが、お好みで調整したい方は、こちらのスクロールバーを使うとよいでしょう。

使える場面は?

画像の容量を小さくしたい理由は人それぞれだと思いますが、私がよく使うのは、以下のような場面です。

画像の容量を軽くして、ホームページの読み込み速度を上げたい時

画像を大量に使っているホームページなどの場合、読み込みに時間がかかってしまう場合があります。

そのような時に、画像1つ1つの容量を軽くしてあげることで、ページの読み込み速度を上げることができます。

YDN(Yahooプロモーション広告)で画像を使う時

YDNでは、画像の容量の上限が決まっています。
これをオーバーすると、以下のように「設定できるファイル容量を超えています」というエラーになってしまいます。

YDNでの容量オーバーのエラー

これを回避するために、「Optimizilla」を使っています。

気になる画質は?実際に使ってみました

ここで気になるのは、「小さく圧縮した後の画質はどうなのか?」だと思います。

そこで、以下の3つのパターンで、実際に使って検証してみました。

  • (1)イラストの場合
  • (2)風景写真の場合
  • (3)人物写真の場合

(1)イラストの場合

イラストの場合は、以下のようになりました。

もとの画像(37.9KB) 圧縮後の画像(12.5KB)
もとのイラスト 圧縮したイラストも、このようにきれいな状態です

画質も綺麗に保てていることが分かります。

(2)風景写真の場合

風景写真の場合は、以下のようになりました。

もとの画像(534KB) 圧縮後の画像(157KB)
もとの風景写真 風景写真も、きれいな画質でサイズを小さくできました

こちらも、綺麗な状態のままですね。

(3)人物写真の場合

人物写真の場合は、以下のようになりました。

もとの画像(292KB) 圧縮後の画像(55.4KB)
もとの人物写真 処理後の人物写真も、きれいな状態です

こちらも、画質を落とすことなく処理できていました。


以上にように、簡単に使えて、画質も綺麗に保てる、便利なツールです。

画像の容量を小さくしたい場合には、ぜひ活用してみてくださいね。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top