士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

ブログを書く時間がない…を解消する5ステップ

ブログを書く時間がない…を解消する5ステップ

「ブログを書く時間がありません…」
「本業が忙しくて、なかなか、まとまった時間が取れなくて…」

こういったお悩みを解消するため、今日は、「まとまった時間がなくても、ブログを書く方法」をご紹介します。

「まとまった時間」は、いつまでも取れない

最初にお伝えしておくと、「まとまった時間」は、いつまで経っても取れません。笑

「まとまった時間が取れたら、ブログを書こう」という発想自体が、すでにアウトです。

一気に全文を書こうとするから、「まとまった時間」が欲しくなる

なぜ「まとまった時間」は欲しくなるのか?

それは、「一気に全文を書こうとするから」です。

  • ネタを考えて、
  • タイトルを考えて
  • こんな書き出しにして
  • こんな内容にして
  • こんな結論にしよう

これらを全て、一気にやろうとするから、まとまった時間が欲しくなるのです。

そうではなく、「細切れ時間を有効活用して、効率的に書いていく」ことをお勧めします。

まとまった時間がなくても、ブログは書ける!5ステップを紹介

(Step1)ブログのネタは、メモして残しておく

ブログのネタは、日頃からストックしておきましょう。

ちなみに私は、いつもメモ帳を持ち歩いて、ネタをストックしています。

そして、ネタやブログ内容が思いつくたびに、箇条書きでどんどん書き足していっています。

以下のようなイメージです。

(Step1)ブログのネタは、メモして残しておく

こうすることで、細切れ時間だけで、ブログの骨組みがまとまっていきます。

(Step2)ブログ記事のプロット(下書き)を作る

次に、メモ帳に書いた内容を、マインドマップに移します。

そして、足りない部分を補足したり、前後のつながりなどを微調整します。

(Step2)ブログ記事のプロットを作る

マインドマップは、ドラッグ・アンド・ドロップで項目を自由に移動できるので、便利です。

こうして出来た「ブログ記事の全体像」を、プロットと呼びます。

これも、細切れ時間でササッと出来ます。

まとまった時間は必要ありません。

(Step3)本文を一気に書く

プロットがまとまったら、時間を決めて、本文を一気に書きます。

プロットができていれば、30分くらいで書けます。

いくら本業が忙しくても、30分くらいの時間なら、取れますよね。

※30分も捻出できないのであれば、先に、本業そのものの効率化を考えることをお勧めします。

(Step4)図・画像を準備する

図や画像があることで、より分かりやすくなるなら、準備したほうが良いでしょう。

図を作るのに便利な、パワーポイントやワードの「SmartArt(スマートアート)」

これも、空いた時間でできます。

(Step5)本文と図・画像を、ブログにアップする

本文と図・画像が用意できたら、あとはブログにアップすれば完了です。

これも、空いた時間でできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • (Step1)ブログのネタは、メモして残しておく ⇒ 空いた時間で出来る
  • (Step2)ブログ記事のプロットを作る ⇒ 空いた時間で出来る
  • (Step3)本文を一気に書く ⇒ 30分くらいあれば書ける
  • (Step4)図・画像を準備する ⇒ 空いた時間で出来る
  • (Step5)本文と図・画像を、ブログにアップする ⇒ 空いた時間で出来る

この5ステップなら、まとまった時間がなくても、ブログは書けます。

ちなみに、私が好きなことわざに、こんなものがあります。

何かをしたい者は手段を見つけ、
何もしたくない者は言い訳を見つける

これは、アラビアのことわざです。

ブログを書くのも、「本当に書きたい!」なら、細切れ時間を使えば、どんどん書けるものです。

ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top