士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

デュアルディスプレイは超おすすめ。使うだけで作業効率が約1.5倍に!

デュアルディスプレイは超おすすめ。使うだけで作業効率が約1.5倍に!

あなたは、デュアルディスプレイを使っていますか?

デュアルディスプレイとは、「モニターを2台使うこと」を指します。
マルチディスプレイとか、デュアルモニター、などとも呼ばれます。
(3台ならトリプルディスプレイ、です。)

このデュアルディスプレイ、なんと、取り入れるだけで作業効率が140%もアップするのです。

非常に費用対効果の高いツールなので、ご紹介したいと思います。

なぜデュアルディスプレイが効果的なのか?

「デュアルディスプレイを使うと、何が違うの?メリットあるの?」

デュアルディスプレイを使っていない方から、上記のような質問をいただくことがあります。
確かに、見た目は「単純にモニターの数が増えただけ」なので、傍目から見ると、そこまで違いを感じられないかもしれません。

しかし、実際に使ってみると、作業効率がまったく違うのです。
ハッキリ言って、「使っていないなら、四の五の言わずに、さっさとデュアルディスプレイにしてください」と言いたいくらい、作業効率が上がります。

では、なぜデュアルディスプレイにすると、誰でも簡単に作業効率が上がるのか?
それには、3つの理由があるのです。

(理由1)広い画面を使える

モニターが2台になることで、広い画面を使って作業できるようになります。

画面スペースの広さは、作業効率の良し悪しに大きく影響します。

例えば、狭い机で事務処理をしようとしたら、すごく効率が悪いですよね。
机が散らかってしまったり、ある書類の上に別の書類が重なってしまったり、効率悪いことこの上ないです。

これは、パソコンも同じです。
作業範囲が狭ければ、必然的に効率が落ちます。

使える画面スペースが広がることで、たったこれだけで、作業効率が上がるのです。

(理由2)表示切り替えの手間が減る

画面スペースが広くなることで、ファイルの表示切り替えの手間が激減します。

1つの画面しかないと、複数のファイルを開こうとしても、限界があります。

そうなると、いちいちファイルを開いたり閉じたりすることになり、ストレスになります。
編集中のファイルを間違えて消してしまって、今までした作業が水の泡…みたいなミスも起こります。

これがデュアルディスプレイになると、解消されます。
例えば、以下のような使い方ができるのです。

左のモニターで… 右のモニターで…
左で、ブラウザを開いて調べ物をしながら 右で、ワードやエクセルを開いて調べた内容をまとめる
左で、一つの資料を開いて 右で、もう一つの資料を開いて比較する
左で、資料を見ながら 右で、メールを書く
左で、動画セミナーを見ながら 右で、マインドマップでメモを取る
左で、エクセルのデータを見ながら 右で、会計ソフトに入力する

このように、複数のファイルを同時に開けるので、ファイルを開いたり閉じたりする手間が減ります。

結果的に、作業時間も短縮され、ストレスも軽減され、ミスも減るのです。

(理由3)基本、差し込むだけ。すぐに使える!

デュアルディスプレイは、ものにもよりますが、パソコンに挿せばすぐに使えます。
設定が必要な場合でも、ディスプレイに付属しているインストールドライバーを使えば、簡単に使い始められることが多いです。

面倒な配線の知識なども必要ないので、誰でもすぐに使えるのです。

費用対効果のお話。なんと、作業効率が約1.5倍になった!という事例も

では、デュアルディスプレイを導入すると、どれくらいの費用対効果が見込めるのか?

とある研究結果によると、なんと作業効率が42%もアップした!という事例もあるそうです。
参考URL:https://www.steelcase.com/research/articles/how-multiple-monitors-affect-productivity-and-wellbeing/

42%アップということは、およそ1.5倍も作業効率が良くなった、ということでもあります。

これはつまり、あなたが1日8時間働いていたとすると、約5.6時間ほどで仕事が終わる、ということでもあります。
この効果を分かりやすく伝えるため、金額に換算してみましょう。

仮に、あなたの今の月収が、50万円だとしましょう。
そして、1ヶ月あたりの労働時間が160時間だとします。
この場合、あなたの時給は、「月収50万円÷160時間=3125円」と計算できますよね。

この場合の金額換算の効果は、以下のようになります。

年間180万円もの節約効果が!

上記の表からも分かるように、なんと、年間180万円もの節約効果が生まれるのです。

この後ご紹介しますが、デュアルディスプレイの値段は、高くても3万円前後です。
しかも、一回払いきりです。

3万円払うだけで、年間180万円の効果を得られるなら、これは導入しない手はないですよね。

おすすめのデュアルディスプレイは?

デュアルディスプレイを導入する時には、基本的には「使っているパソコンと同じ大きさの画面にする」ことをお勧めします。

画面サイズがチグハグだと、少し違和感がありますし、並べた時に美しくありません。

なお、私のおすすめは、以下の2種類です。

デスクトップで使うなら

デスクトップで使うなら、Dellの「U2412M 24インチ」をお勧めします。

Screenshot

Dellの「U2412M 24インチ」

画面を縦横回転できたり、高さも調節できます

こちらは、画面が縦横自由に回転できるので、ご自身の作業内容によって向きを変えられるのが特徴です。

画面の高さも上下に動かせるので、見やすい高さに合わせることで、目の疲れも軽減できます。

モバイル(外出先)で使うなら

デュアルディスプレイは、事務所でしか使えないと思っている方も多いですが、そんなことはありません。

モバイルモニターを使えば、外出先でも高い作業効率を維持できます。

私のお勧めは、ASUSのモバイルディスプレイです。

Screenshot

モバイルディスプレイ

USBでつなぐだけ!外出先のカフェなどでも作業効率アップ

重さも軽く、厚さも薄いので、私も出先に持ち歩いて使っています。

こんな感じで使えます。

モバイルディスプレイをUSBで繋ぐだけで、簡単に使えます。

まとめ:四の五の言わずにデュアルにしましょう

デュアルディスプレイは、導入するだけで費用対効果を得られます。

値段以上の効果が得られるのに導入しないなんて、これほど損なことはありません。

まだ使っていない方は、ぜひデュアルディスプレイを使ってみてくださいね。

きっと、作業のしやすさに驚くと思います。

これまでに寄せられたコメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. >42%アップということは、およそ2倍も作業効率が良くなった、ということでもあります。
    この文章はあっていますか?

    • aa様
      コメントありがとうございます!
      この度は、誤字をお教え頂き、誠にありがとうございます。
      「2倍⇒1.5倍」に修正させていただきました。

      貴重なご指摘、誠にありがとうございます。
      今後ともよろしくお願いいたします。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top