士業の学校:プレスクール

士業向け集客方法・売上アップ・マーケティングの情報サイト

広告費0円(無料)でできる集客方法6選

広告費0円(無料)でできる集客方法6選

「集客したいけど、広告費はかけられない…」

そんな方にお勧めの、無料でできる集客方法を、6つご紹介します。

マーケティング初心者の方も実践しやすいものばかりですので、ぜひお試しください。

(1)広告費無料でできる1番の施策:既存客に連絡する

一般的に、新規客を集客しようとするよりも、既存客に追加提案をした方が、費用対効果ははるかに高くなります。

マーケティング界で有名なフィリップ・コトラー氏も、こんなことを言っています。

【1:5の法則】
新規客に販売するためのコストは、既存客に販売するためのコストの、5倍かかる

既存のお客様は、過去に一度でもあなたにお金を払って、何かしらのサービスを受けています。

そのため、あなたに対する信頼があるので、追加提案をしても「売込み」だと思われづらく、「あ、私の悩みを解決しようとしてくれてるんだ」と好意的に受け入れられやすくなります。

ただ、いきなり「ご無沙汰しております。最近お悩みはありませんか?」を連絡しても、答えてもらうのはなかなか難しいものです。

では、どうすればいいのか?
誰にでもできる、簡単な方法をご紹介します。

アンケート形式で、既存客の悩みを把握しよう

あなたも、いきなり「今、何か悩んでいませんか?」と言われても、答えづらいですよね。
普段から悩みを明確に意識し続けている人は多くないので、急には答えづらいのです。

そこで効果的なのが、アンケートを使うことです。

例えば、以下のようなアンケートを作って、メールでお客様に送るのです。

(以下のアンケートは、税理士が顧問先の企業に送ることを想定したサンプルです)

お客様の悩みを引き出すためのアンケート(サンプル)

ポイントは、以下の2つです。

  • 想定されるお客様のお悩みを、チェックボックス形式で羅列してあげることで、チェックするだけで答えられる(いちいち自分で悩みを思い出して答える手間がなくなる)
  • 新サービス要望の例が書いてあるので、「あ、こういうことも要望していいんだ」と思ってもらえて、書きやすくなる

こういったアンケートを活用して、既存客の悩みを把握しましょう。

その上で、「先日、●●についてお悩みとお聞かせ頂きましたが、何かサポートできればと思うので、詳しくお教えいただけますか?」とアプローチして、追加提案につなげていけばOKです。

なお、上記のようなアンケートフォームは、Googleフォームを使えば、無料で簡単に作れます。

ぜひ実践してみてくださいね。

>> Googleフォームはこちら

(2)既存客を集めて、食事会やセミナーを開催し、知り合いを連れてきてもらう

「既存客を集めて、食事会やセミナーを開催する」という集客方法も、有効です。

例えば、あなたが社会保険労務士の場合。
社会保険手続きや給与計算で関わっている、顧問先の企業が何社かいるとします。

そういった顧問先に以下のような感じでお声がけするのです。

お誘い例1
今度、当事務所のお客様向けに、情報交換も兼ねたランチ会を開催するのですが、いかがですか?
お誘い例2
当事務所のお客様向けに、人材採用のポイントを解説したセミナーを行うのですが、いかがですか?

こういったお誘いは、顧問先にとっても嬉しいものです。
他社がどんなマーケティングをやっているのか?などを情報交換する機会は、特に会社の代表にとっては、非常に貴重な機会になります。

そして、この食事会やセミナーに、既存客の知り合いを連れてきてもらえるようにお願いするのです。
例えば、次のようなイメージです。

知り合いを連れてきてもらう例
御社のお知り合いの企業様のお役にも立てればと思うのですが、通常この食事会(セミナー)は、新規の方は参加費3000円を頂いているのですが、●●さんのご紹介ということであれば、無料でご参加頂けるようにしたいのですが、いかがですか?

既存客としても、このように「自分の紹介だと無料で参加できる」といったメリットがあると、知り合いを誘いやすくなります。

このようにして、だいたい、既存客3社&新規客3社くらいの規模で開催すると良いでしょう。

話が盛り上がってくると、既存客は、自然とあなたをティーアップしてくれたりします。
「この社労士さんには、本当にお世話になってるんだよ」「こんな業務も任せられて、経費削減になったんだ」のような感じですね。

すると、紹介で連れてこられた新規客の方々も、あなたのサービスに興味を持ってくれるようになります。

結果、契約につながりやすくなり、売上アップできる、ということです。

(3)科学的に紹介を増やす

士業やコンサルタントにとって、「紹介を増やす」ことは、とても重要です。

ただ、紹介は、待っていても増えるものではありません。

実は、多くの人は、紹介の依頼の仕方が間違っているために、なかなか紹介を貰えないのです。

どういうことか?と言いますと…

「●●でお悩みの方がいたら、紹介してください」ではダメ!

よく、「採用でお悩みの方がいたら、ぜひ紹介してください」「ライフプランに興味をお持ちの方が周りにいたら、紹介してください」といった紹介依頼をしている人をお見かけします。

しかし、実はこの紹介依頼、まったく効果がないのです。

なぜかと言うと、「紹介をお願いされた側は、周りにいる人が、今そのテーマで悩んでいるかどうか?分からない(判断できない)から」です。

例えば、「採用でお悩みの方がいたら~」と言われても、身の回りの誰が採用で悩んでいるのか?なんて、分からないですよね。
他人の悩みは、目で見えないのです。

これでは、紹介できなくて当然です。

そうではなく、「誰が見ても分かる判断基準を教えてあげる」ことが大事なのです。

例えば、以下のような感じです。

紹介依頼例1
●●さんの周りで、最近、求人広告を出されている会社様はございますか?
紹介依頼例2
●●さんのお知り合いで、最近ご結婚されたり、お子様が生まれた方っていらっしゃいますか?
※結婚や出産のタイミングで、ライフプランを考え始める人が多いため

このように、「誰が見ても分かる判断基準(求人広告を出している、結婚した、出産した)」を伝えてあげることで、「ああ、そういえば」という感じで思い出してもらいやすくなるのです。

なお、紹介獲得については、以下のページで動画でも解説しておりますので、ぜひご参照ください。

>> 真似して話すだけで紹介を増やす!紹介獲得ノウハウ

(4)手配りチラシ・ポスティングで集客する

集客法は、Webだけではありません。

手配りチラシ・ポスティングといった、一見アナログな方法も、使い方次第で高い効果を発揮します。

ケース・バイ・ケースではありますが、手配りチラシ・ポスティングでは、「いきなりサービス申込の案内はせず、セミナーなどの1対多のものをアピールする」方が、反応を得やすい傾向があります。

見ず知らずの人のところに、いきなり無料相談に行ったり、サービスを申し込んだりするのは、やはり心理的に抵抗があるものです。
そのため、いきなりサービス申込を案内しても、反応率は低くなりがちです。
昔は「センミツ(1000枚のチラシを撒くと、3件反応する)」などと言われていましたが、今では反応はもっと落ちています。

一方、セミナーのような1対多の状態というのは、参加者側にとっても安心して参加できるものです。

「相続のセミナーをやります」など、1対多のものをアピールしてみましょう。

(5)セミナーを開催する

セミナーを開催するのも、よい無料集客法です。

商工会議所などでは、無料でセミナー会場を貸し出してくれることもあります。

ただ、会場は確保できても、セミナーそのものに集客できなければ、意味がないですよね。

そこで、無料でできるセミナー集客法をご紹介します。

広告費無料でできる、3つのセミナー集客方法

(1)知り合いに、Facebookで紹介してもらう

1つ目は、「Facebookで紹介してもらう」ことです。
あなたの知り合いの方や、周りの他士業の方に「今度、こんなセミナーを開催するので、Facebookなどで紹介してもらえませんか?」とお願いするのです。

例えば、私もセミナーを開催する時には、以下のように知り合いの方々に告知のお願いをしています。

セミナーをFacebookで紹介してもらう時の依頼例

「このサービスを紹介してください」だと、売り込み色が強くなるので、相手もなかなか紹介しづらいものです。

一方、セミナーであれば「貴重な情報が学べる機会があります」的な紹介になるので、紹介してもらいやすいのです。

なお、セミナー紹介を依頼する時には、以下のように、紹介文面も用意してあげると、紹介してもらいやすくなります。

セミナー紹介文面も用意して、紹介してもらう時の手間をなくす

可能な限り、紹介して頂く手間をなくす、ということですね。

(2)セミナー集客専門のポータルサイトに掲載してもらう

以下のような、無料でセミナーを告知できるポータルサイトがあります。

Screenshot

こくちーず

無料で、セミナーなどのイベントを告知できるポータルサイトです。

こういったものを使うことで、無料でも集客できます。

(3)手配りチラシで集客する

先ほどお伝えした、手配りチラシも有効です。


こういった方法を使って、セミナーに集客し、個別相談に移行するのがベターです。

セミナー活用法については、以下のページでも解説しておりますので、合わせてご覧ください。

>> ホームページで売りづらいサービスは、【セミナー⇒個別相談】で売れる

(6)社会的証明を増やす

ホームページを使っているなら、特に「社会的証明を増やす」ことが重要になってきます。

社会的証明とは、例えば以下のようなものです。

  • お客様の声
  • 推薦者の声
  • 講演実績、セミナー実績
  • 著書の紹介
  • 何かしらの受賞歴
  • 何かしらのランキング入賞実績

このような、「第三者から見たあなたの評価」を、社会的証明と呼びます。

こういったものがあると、信頼感が飛躍的にアップするので、集客しやすくなります。

例えば、お客様の声を増やすことは、多少の手間はかかりますが、お金はかからず無料でできますよね。
何かしらの受賞歴や著書、講演実績などがあれば、それをホームページに載せるだけなので、これも無料でできます。

(+1)無料でできるアクセスアップ対策を行う

補足として、最後に一つご紹介します。

何かというと、アクセスアップについてです。

ホームページで集客しようとしたら、アクセスアップ対策が必要不可欠です。

そして実は、無料でできるアクセスアップ対策が、いくつもあるのです。

  • (1)コンテンツSEO(つまりブログ更新)
  • (2)Youtube
  • (3)他者を紹介する
  • (4)ポータルサイト
  • (5)SNS(フェイスブック)

上記の集客方法について、以下のページで詳しく解説しました。
こちらもぜひ、ご覧ください。

>> ホームページのアクセスアップ方法5選。無料でできる集客対策

まとめ:無料の集客方法と、有料広告を使い分けよう

ここで紹介したように、無料でできる集客方法というのは、いくつもあります。

もちろん、PPC(リスティング広告)やFacebook広告でアプローチした方が効果的な場合もありますので、適宜使い分けてみていただくのが良いかと思います。
広告は基本的に、ターゲティング(狙った見込み客に広告を表示させる機能)の精度がいい傾向にあるので、広告費をかける価値は十分にあります。

「これは実践しやすそうだ」というものから、ぜひ試してみてくださいね。

参考になれば幸いです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top