士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

目標達成の9ステップ。設定~実行までの具体的な方法を解説。

目標達成の9ステップ。設定~実行までの具体的な方法を解説。

「目標設定はするんだけど、なかなか達成できない…」
「目標設定の具体的な方法が分からない…」

こういった悩みをお持ちなら、以下で紹介する9ステップを、ぜひ実践してみてください。

私自身でも実践し、「業績アップ」や「本の出版」といった多くの目標を達成できた方法です。
きっとあなたにも、お役立ていただけるものと思います。

目標達成の大原則×2

はじめに、目標設定&達成のための原則を、2つご紹介します。

(原則1)全体から逆算する

1つ目の原則は、「全体から逆算する」ことです。

目標設定のキモは、 「全体から逆算すること」

目標設定が上手く行かなかったり、達成できない原因。
その多くは、目先のことしか見えていないからです。

全体を把握せずに、目先の細かい部分にばかりフォーカスしてしまっているので、効率が悪くなってしまっているのです。

そうではなく、まずは全体像を把握する。
その上で、そこから逆算して、やるべきことを決めていく。

あとは、やるべきことを淡々とこなしていけば、目標達成に向かって最短距離で進めるようになります。

(例)旅行に行くときだって

例えば、あなたが旅行に行くことを想像して下さい。

その時、あなたはまず、目的地を決めると思います。

例えば、「ハワイに行こう」のような感じですね。

そして、以下のような感じで、目的地から逆算して、計画を立てますよね。

  • ハワイに行くには、予算はどれくらい必要かな?
  • どこをめぐろうかな?
  • 誰と行こうかな?
  • いつ行こうかな?
  • どんな交通手段を使おうかな?

これを、「旅行に行こう。取り敢えず、成田空港に行って、行き先はそこでまた考えよう」とはしないですよね。

目標達成も、これと同じです。

全体像から逆算していくことで、自然とやるべきことが明確になり、目標を達成できるようになっていくのです。

(原則2)自分の予想の120%くらいを目標にする

2つ目の原則は、「自分の予想の120%くらいを目標にする」ことです。

例えば、「今年は、年商3000万になったら嬉しいな」と思ったら、その120%の「年商3600万円」を目標にすれば良いのです。

なぜ、120%を目標にするのか?
それには理由があるのです。

積み上げ思考を打破しよう

人間は、無意識に、「積み上げ思考」で物事を考えがちです。
例えば、「去年はこれくらいだったから、今年はこれくらいだろう」のように、無意識に過去の自分の経験を元に、未来を予想しています。
しかし、それでは、微増はできるかもしれませんが、望む成長は期待できません。

「積み上げ思考」と「逆算思考」の違い

頭に浮かんだ数字の、120%くらいを目標値にすると、去年と同じようにやっていたら達成できないわけです。
すると、あなたの頭が「どうやれば達成できるんだろう?」と、フル回転し始めます。
これが、目標設定のキモでもあります。

目標設定~達成までの9ステップ

では、目標設定~達成までの、具体的な方法をご紹介します。

以下の9個のステップを実践すれば、自然とうまくなります。

  • (Step1)年間目標を決める
  • (Step2)その月の目標を決める
  • (Step3)その月の仕事内容を書き出す
  • (Step4)行動レベルにまで細分化する
  • (Step5)優先順位をつける
  • (Step6)締め切りを決める
  • (Step7)スケジュールに落とし込む
  • (Step8)あとは、淡々とこなす
  • (Step9)週に1回、振り返りの時間を持つ

1つずつ、順番に解説します。

(Step1)年間目標を決める

まず、年間目標を決めます。

目標としてよくあるのは、例えば、以下の様なものが分かりやすいかと思います。

  • 売上
  • 自分の年収
  • 顧客数

可能な限り、数字で具体的に書くようにしましょう。

年間目標は適当でいい。とにかく「決める」ことが大事

よく「年間目標と言われても、実際に達成できるかわからないし、何が起こるかわからないし…」と言って、なかなか決めようとしない人がいます。

しかし、年間目標を決めないと、そもそもスタートできません。

こういっている人は、「旅行に行きたいけど、テロが起きるかもしれないし、飛行機が落ちるかもしれないし…」と言っている人と同じです。

極論すると、年間目標は「適当でいい」のです。
目標に根拠なんて必要ありません。
達成できなくても、あなたを責める人はだれもいません。

そして、最初にお伝えしたように、「頭に思い浮かんだ予想値の、120%くらい」を目標にしましょう。
こうすることで、自然と積み上げ思考を打破できます。

  • 目標は、適当に決める。
  • 頭に浮かんだ数字の、120%くらいを目標値にする

とにかく「決める」事が大事です。
やり方は、ここで考える必要はありません。
この後、逆算しながら考えれば良いのです。

(Step2)その月の目標を決める

年間目標が決まったら、そこから逆算して、半年後、3ヶ月後、1ヶ月後の目標を決めます。

1年後の目標から逆算して、 半年後、3ヶ月後、今月、 のように具体化していく

例えば、「年商3000万円が年間目標だから、12で割って、月商250万円になればいいんだな」のような形です。

(Step3)その月の仕事内容を書き出す

次に、その月の目標を達成するために必要なことを、書き出していきます。

例えば、以下のような形です。

  • 紹介を3人獲得する
  • ホームページから5人のお客様を獲得する
  • セミナーを開催し、2人のお客様を獲得する

他にも、以下のような、その月のタスクもすべて書き出していきましょう。

  • お客様Aさんの~~の書類を作る
  • お客様Bさんの銀行融資に同席する

(Step4)行動レベルにまで細分化する

そして、書き出した仕事内容を、行動レベルにまで細分化していきます。

この「行動レベルに細分化する」というのは、要するに「あとはやるだけ、という状態にする」ということです。

落とし込みが中途半端で、曖昧だと、やりながら「はて、何をするんだっけ?」という、悩む時間が出てきてしまい、時間を無駄にします。

例えば先程、「ホームページから5人のお客様を獲得する」というものがありました。

しかし、ただ単に「5人獲得する」だけでは、何をすればいいか?分からないですよね。

このままだと結局、「今月も忙しく頑張ったけど、5人は達成できなかったなぁ。来月また頑張ろう」となり、目標未達で終わります。

そういった事態を防ぐために、細分化していくのです。

(例)「HPから5人のお客様を獲得する」を細分化してみよう

先ほどの「ホームページから5人のお客様を獲得する」について考えてみたいと思います。

例えば、現在、ホームページから毎月2人のお客様を獲得できているとします。

そうなると、2人を5人に増やすには、

  • アクセスを2.5倍にするか?
  • ホームページの成約率を2.5倍にするか?
  • もしくは、アクセスも増やし、HPの成約率も上げ、全体で2.5倍にするか?

という事が必要だとわかりますね。

目標を細分化していく

でも、ここで「アクセスを2.5倍にしよう!」では、これもまだ行動レベルになっていません。

例えば、「アクセスを2.5倍にする」なら、

  • PPCの広告費を2.5倍にする
  • ブログ記事を3つ書いて、SEOでアクセスを集める

など、「何をするか?」まで落とし込んでいくのです。

他にも、例えば「ホームページの成約率を2.5倍にする」であれば、

  • お客様の声を5件載せよう
  • キャッチコピーを変えよう

のように、これもまた「何をするか?」まで落とし込んでいくのです。

行動レベル(何をするのか?)まで 具体的に細分化する

このように、「~~をする」という行動レベルにまで細分化していきましょう。
こうすることで、「はて、何をするんだっけ?」という無駄に悩む時間をなくし、時間を効率的に使えるようになるのです。

(Step5)優先順位をつける

行動レベルにまで細分化できたら、次は優先順位をつけます。

ここまでで、行動レベルにまで細分化してきました。
しかし、その全てが同じくらい重要な仕事か?というと、そうではないでしょう。

「目標達成のために、すごく効果的な仕事」もあれば、正直「やってもやらなくても大差ない仕事」もあると思います。

人間は、一度に1つのことしかできません。
まれに、マルチタスクができる超人的な人もいますが、それは本当に稀なケースです。
多くの場合、集中力が分散してしまい、すべてが中途半端になります。

かく言う私自身も、マルチタスクだと集中力が分散するので、「一度に1つ」に絞っています。

一度に1つしかできないということは、当然、やるべき順番が大事になってきます。

仕事の優先順位は、「難易度」と「効果性」で付けよう

その際に重要なのが、「難易度」と「効果性」で、仕事の優先順位をつけることです。
このような図を使うと便利です。

仕事の優先順位は「難易度」と「効果性」で付ける

難易度というのは、「その仕事の難易度」のことだと思って下さい。
例えば、時間がかかったり、費用がかかったりするものは、難易度が高いと判断します。
逆に、すぐできる、0円でできる、というものは、難易度が低いといえます。

そして効果性というのは、「その仕事をクリアした時に、目標達成にどれくらい効果があるか?」のことだと思って下さい。
例えば、「その仕事をクリアすれば、目標のほとんどが達成できる」のであれば、それは効果性が高いと判断します。
逆に、「やってもやらなくても大差ない」のであれば、それは効果性が低いのです。

このようにして、4つのエリアに仕事内容を分類していきます。

そして、以下のように優先順位を付けていきます。

  • 難易度低い&効果性高い=今すぐやる(優先順位1)
  • 難易度高い&効果性高い=中長期的にやる(優先順位2)
  • 難易度低い&効果性低い=手が空いたらやる(優先順位3)
  • 難易度高い&効果性低い=やらない(優先順位4)

なお、仕事の優先順位の付け方については、以下の記事でも詳しく解説しています。
合わせてご参照ください。

>> 仕事の優先順位の付け方。「緊急度」と「重要性」ではダメ!?

(Step6)締め切りを決める

優先順位をつけたら、それぞれの仕事に締め切りを決めます。
締め切りがないと、人間は、ダラダラと時間を使ってしまうものです。

強制的に締め切りを決めることで、集中して取り組むことができます。

ちなみに、実際の締め切りよりも、3日ほど早めに期限を切ることをお勧めします。
仕事には、想定外のことが起こりうるので、余裕を持っておけば、トラブルが起こっても落ち着いて対応できます。

中間チェック日を決めておこう

また、時間がかかったり、複雑な仕事の場合には、中間チェック日を決めることをお勧めします。

区切りが長いと、どうしても管理が甘くなりがちなので、「▲月▲日までに~~まで」「●月●日までに~~まで」のように、中間チェックを入れることで、進捗をしっかり追えるようになります。

(Step7)スケジュールに落とし込む

あとは、スケジュールに落とし込んでいきます。
この「スケジュールに落とし込む」までやらないと、時間管理が完璧とは言えません。

スケジュールに入れて、「いつ、何をする」まで落とし込んで、初めてスムーズに行動できるようになるのです。

スケジュールに落とし込んで、 初めて行動できるようになる

私は、スケジュール管理にはグーグルカレンダーを使っています。
グーグルカレンダーは、タスク管理(ToDo管理)の機能もついているので、時間管理に重宝します。

また、万が一日程が変更になっても、ドラッグアンドドロップで予定をずらせて便利です。

手書きの手帳だと、日程変更が起こった時に、一旦消して、もう一回書き込む、という手間が発生するので、グーグルカレンダーは便利だと思います。

お勧めは「1日2時間の余裕を持つ」こと

仕事には想定外のことが起こりがちなので、「1日2時間の余裕を持つ」こともお勧めです。

時間的に余裕を持っておけば、いざトラブルが起きても対応できます。
もしトラブルが起こらなければ、予定を前倒しで進められますし、読書や情報収集といった時間もとれます。

このように、「余裕を持っておく」と言うのは、あらゆるケースに対応でき、とても便利なのです。

(Step8)あとは、淡々とこなす

スケジュールに落とし込んだら、あとは淡々とこなすだけです。
もう「いつ、何をやるか」まで、行動レベルで決まっているので、悩むことなく、どんどん仕事が進みます。

仕事をする上での最も無駄な時間は、「悩んでいる時間(考えている時間)」です。

考えながら行動すると、行動のスピードが落ち、時間が無駄になります。
決まった行動をこなすだけなら、余計なことを考えなくて済むので、時間を効率的に使えるようになるのです。

(Step9)週に1回、振り返りの時間を持つ

なお、毎週1日は、その週の振り返りをすることをお勧めします。
私の会社では、毎週金曜日の午後に、その週の振り返りをしています。

ここですべきことは、以下の3つです。

(振り返り1)その週に達成すべき目標は達成できたか?

まず、その週にやるべきだった目標が達成できたか?を確認します。

「達成度70%」のように細かく分析してもいいですし、「できた、できなかった」のようにザックリでも大丈夫です。

あなたがやりやすい感覚でやってみてください。

(振り返り2)目標を達成する上で、効果的なことは何だったか?

そして、「その目標を達成する上で、効果的なことは何だったか?」を書き出します。
例えば、「ホームページに、決算書の活用法の記事を書いたら、アクセスが伸びて、そこから1件お客様を獲得できた」とします。

これを「良かったね」で終わらせるのは、もったいないのです。

  • なぜ、その記事を書いたらアクセスが伸びたのか?
  • 他の記事と、何か書き方を変えたのか?
  • お客様は、何に共感して問合せてきたのか?

こういったことを考え、書き出していくことで、次に活かしていくことができます。

(振り返り3)より良くするには、何ができるか?

最後に、「より良くするには、何ができるか?」を書き出します。

例えば、「今はSEOだけしかやっていないが、PPCもやれば、もっと問合せが増えるのでは?」のような感じですね。

このように、毎週振り返って、自分の状況を客観的に見つめ直すことで、次の週にその気づきを活かし、より効率化していくことができるのです。


もしあなたの事務所にスタッフさんがいるなら、一緒に時間を作って行うことをお勧めします。
そして、お互いの振り返り内容をシェアすることで、よりよい発見や、さらなる改善を行うことができるようになります。

まとめ

いかがでしょうか?

  • (Step1)年間目標を決める
  • (Step2)その月の目標を決める
  • (Step3)その月の仕事内容を書き出す
  • (Step4)行動レベルにまで細分化する
  • (Step5)優先順位をつける
  • (Step6)締め切りを決める
  • (Step7)スケジュールに落とし込む
  • (Step8)あとは、淡々とこなす
  • (Step9)週に1回、振り返りの時間を持つ

この9ステップに沿って進めれば、効果的に目標を設定し、達成に向けて前進できます。

参考にしていただければ幸いです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top