士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

目標設定のコツ。「どうすれば達成できるか」を考えてはいけない理由

目標設定のコツ。「どうすれば達成できるか」を考えてはいけない理由
目標を立てるっていっても、達成までの手順が分からないし…
今の自分には、実現するための実力がまだないから…

目標設定の話をすると、上記のような不安を口にして、なかなか目標を決めない方をお見受けします。

そういった不安もよく分かるのですが、大丈夫です。
安心してください。

結論から言うと、目標までの達成手順がわからなくてもいいのです。

どういうことか?
今日は、目標設定のコツについて、解説します。

目標設定の時点では、達成のための方法は、分からなくていい

実は、達成手順は、あなたの脳の仕組みを上手く使えば、自動的に分かります。

この「脳の仕組み」を活用できるようにするには、目標、つまりゴールを決めることが重要なのです。

どういうことか?
分かりやすく説明していきますね。

大事なのは、「何を達成したいか?(ゴール地点、最終達成状況)」だけ

ずばり、目標設定で大事なのは、「何を達成したいか?(ゴール地点、最終達成状況)」だけを決めて、「どうすればできるか?(How)は考えない」ということなのです。

目標設定で大事なのは、「何を達成したいか?(ゴール地点、最終達成状況)」だけ

大事なことなので、もう一度いいますね。

目標で大事なのは、「何を達成したいか?(ゴール地点、最終達成状況)」だけを決めることです。

そして、「どうすればできるか?」は、考えなくていいのです。

あなたを導く脳の仕組み「RAS」とは?

実は、「どこに行きたいか?(ゴール地点、最終達成状況)」を決めてあげれば、後は勝手に、あなたの脳の「RAS」という機能が、達成までの手段を見つけ出してくれるのです。

脳の自動情報フィルター「RAS」とは?

RASとは、正式には、「Reticular Activating System:網様体賦活系(もうようたいふかつけい)」と呼ばれる、脳の機能の一種です。

RASは、脳の自動情報フィルターのような役目を果たしています。

人間は、日々、いろいろな情報を見たり聞いたりしていますが、その全てを脳で考えていたら、脳がパンクしてしまいます。

そうならないように、このRASはという機能が、あなたにとって必要な情報を取捨選択してくれているのです。

あなたは、こんな経験はありませんか?

例えば、あなたはこんな経験はありませんか?

車を買う時

「車を買おうと思ったら、街中に、気になっている車種がたくさん走っていることに気付いた」

では、その車種の数が急に増えたのか?というと、そうではないのです。

あなたが「車を買おう」と思う前から、その車種は走っていたのです。

ただ、あなたが「車を買おう」を決めなかったから、目の前を通り過ぎても、気付けなかったのです。

引っ越ししようと思った時

「引っ越ししようと思ったら、街中の物件情報が目につくようになった。」

これも、物件情報が増えたのではなく、あなたが「引越しよう」と決めたから、必要な情報が目に飛び込んでくるようになったのです。

旅行の計画をたてる時

「ハワイに旅行に行こう!と思ったら、ハワイに関する情報が目に飛び込んでくるようになった。」

これも、あなたが「ハワイに行こう!」と決めたから、必要な情報が目に飛び込んでくるようになったのです。

このように、あなたが「こうしよう」と決めたことについて、脳は、日常の様々な情報の中から、あなたに必要な情報をフィルターして、気付かせてくれている、ということなのです。

目標を決めれば、あなたのRASが働き出す!

だからこそ、目標を決める意味があるのです。

目標を決めることで、あなたの脳のRASが働き出します。

すると、その目標達成に必要な情報に気付かせてくれるようになるのです。

つまり、目標設定をしているかどうか?で、同じものを見たり、同じことを聞いたりしても、気付きが全然違うのです

例えば、同じ状況を見たとしても…

  • 歌手は、素晴らしい歌詞を思い付くかも知れません
  • 芸術家は、素晴らしい絵画を思い付くかも知れません
  • ビジネスマンは、目標達成のためのヒント(こうすればうまくいきそうだ!のようなアイデア)を思い付くかも知れません

目標設定をしているかどうか?で、チャンスに気付けるかどうか?が違ってくる

この違いは、それぞれの人が、普段何にフォーカスしているか?の違いです。

歌手は、日々、「いい歌を作ろう」と考えているからこそ、同じ状況を見た時に、歌詞を思い付くのです。

芸術家は、日々、「いい絵を描こう」と考えているからこそ、同じ状況を見た時に、絵画を思い付くのです。

そして、ビジネスマンは、「この目標を達成するんだ」と決めるからこそ、同じ状況を見た時に、達成のための手段(つまり、How)を思い付くのです。

結局、チャンスは、いつでも目の前に現れているものです。

目標設定をしているかどうか?で、そのチャンスに気付けるかどうか?が違ってくる、ということなのです。

RASの機能を最大限に発揮するには?

そして、このRASの機能を最大限に発揮するには、「目標を紙に書く」ことが重要になってきます。

「目標を紙に書く」ことの重要性は、多くの自己啓発本などでも書かれていますよね

紙に書くことで、脳に目標がインプットされ、質の高い気付きに繋がるのです。

なお、お勧めなのは、夢ノートを作ること、そして、ビジョンボードを作ることです。

RASの機能を最大限に発揮するには、「目標を紙に書く」ことが重要

「夢ノート」を作ろう

夢ノートとは、このように、目標、期限、具体的な達成状況、イメージ写真をまとめたノートのことです。

1つの目標につき、1枚の紙を使って作ることをお勧めします。

上記の画像は、私の夢ノートの例ですが、このように視覚化して、日々見直すことで、脳に自動的にインプットされ、フォーカスが働くようになります。

「ビジョンボード」を作ろう

また、ビジョンボードというのは、先ほどの夢ノートに貼り付けたイメージ写真をあつめて、1枚の画像にしたものを指します。

私は、夢ノートにあるイメージ写真をあつめて、1枚の画像にして、これをパソコンのデスクトップに設定しています。

パソコンのデスクトップにあれば、仕事をしている時、何度も何度も無意識に見ることになります。

これにより、無意識に目標が脳にインプットされ、RASが働くようになるのです。

目標を紙に書くと実現する、もう一つの理由

なお、「なぜ、目標を紙に書くと実現するのか?」のもう一つの理由。

それは、「紙に書くという、誰でもできる行動を、素直にできるかどうか?」という面もあると、私は思っています。

紙に書くことくらい、誰でもできますよね。

しかし、それを素直にやる人と、「そんなの、やったって意味がない」と思ってやらない人がいます。

目標には、素直さが必要不可欠です。

この「素直に実行できるかどうか?」という意味でも、「目標を紙に書く、という単純な行動でも、素直に実行できる」からこそ、その人は上手くいく、とも言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

目標は、まず「設定すること」が大事だ、ということです。

その後の具体的な道筋(行動)は、RASに任せておけばいいのです。

参考になれば幸いです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top