士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

起業(独立開業)当初から、ワーク・ライフ・バランスを目指すべき?の答え

起業(独立開業)当初から、ワーク・ライフ・バランスを目指すべき?の答え
独立開業(起業)する時から、ワーク・ライフ・バランスは意識したほうがいいでしょうか?

先日、当社のクライアント様より、上記のようなご質問を頂きました。

そこで今日は、私自身の経験や、周囲の起業家仲間で成功している方の状況をふまえ、「起業時のワーク・ライフ・バランス」について解説します。

(いきなり結論)最初は、思いっきり仕事に没頭したほうがいい

結論から言うと、「最初は、思いっきり仕事に没頭したほうがいい」です。

(実際私も、独立開業(起業)した時は、朝3時に起きて、夜は23時くらいまで働いていました。
そして、これを3年くらい続けました。)

なぜ、最初は仕事に没頭したほうがいいのか?と言うと…

バランスが崩れないと、バランスは取れない

逆説的な話になるのですが、バランスというのは「崩れるまでは、最適なバランスは分からない」ものなのです。

例えば、自転車を思い浮かべて下さい。

自転車も、最初は転びながら、徐々に上手になっていきますよね。

  • 走り出す
  • バランスが崩れる
  • バランスを元に戻そうとする
  • また崩れる
  • また戻そうとする

この繰り返しで、いずれ「最適なバランス」が体感できて、自転車に乗れるようになるのです。

起業(独立開業)時の、ワーク・ライフ・バランス

そしてこれは、ビジネスも、人生も、同じです。

大事なのは「力の抜きどころ」を見極めること

独立開業(起業)して、仕事に全力投球していると、そのうち「力の抜きどころ」が分かってきます。

例えば

  • あ、この仕事は、頑張っても、そんなに結果に影響しないんだな
  • これは、時間的には少しの作業だけど、結果に大きく影響するんだな

のような感じですね。

「パレートの法則(80:20の法則)」でも言われていることですが、結果の80%は、20%の原因からもたらされます。

パレートの法則(80:20の法則)とは?

結果の80%は、20%の原因からもたらされる、という考え方

(例)

  • 売上の80%は、20%の優良顧客が支払ってくれている
  • ホームページの20%のページに、全アクセスの80%が集中している
  • 成績上位20%の社員が、会社全体の売上の80%を担っている

つまり、「大事なものは、限られている」ということです。

これに気づくには、まずは仕事に全力投球するしかない。
私は、そう感じています。

振り切れると、自分が本当に大事にしたいものが見えてくる

仕事に全力投球して(振り切れて)みると、初めて、「自分が大切にしたい”ライフ”が見えてくる」ものです。

いったんバランスが崩れないと、人間、なかなか気づけないのです。

  • 暑さを経験しないと、寒さのありがたみに気づけないように。
  • 病気にならないと、健康の大切さに気づけないように。

それと同じで、仕事に一回振り切れてみないと、自分が本当に大切にしたい「ライフ(プライベート、家族、自分の趣味など)」も見えてこないのです。

(余談1)私が、「バランスを取るには、まず崩すことが大事」だと確信したキッカケ

さて、ここからは余談なので、読みたい人だけ読んで下さい。笑

私は筋トレが好きなのですが、筋トレには「オーバートレーニング」というものがあります。

簡単に言えば、「トレーニングのやり過ぎで、身体が回復できず、筋肉が逆に衰えてしまうこと」を指します。

筋トレをし始めたばかりの頃の私は、このオーバートレーニングを、過剰に恐れてしまっていました。

そして、無意識に、トレーニング量や強度を制限してしまっていたのです。

しかし、やってみないと、
「本当にオーバートレーニングになるのか?」
「自分の場合、どれくらいやったらオーバートレーニングになるのか?」
は分からないわけです。

同じトレーニング量でも、睡眠や栄養などの違いで、オーバートレーニングになったりならなかったりします。

そのことを知った私は、ある時、トレーニング量や強度を一気に増やしました。

その結果…

実際にやってみたら、一気に成長できた

なんと、恐れていたオーバートレーニングになることはなく、以前よりも遥かに早く成長できた(重い重量を持ち上げられるようになり、筋肉が大きくなった)のです。

バランスを崩したら、一気に成長できた

ただ、これもやり続けていると、そのうち本当に、オーバートレーニング気味になってきました。

ここで、「あ、自分のとって最適なバランスって、この辺りなんだな」と体感できるわけです。

最初から制限していると、最適なバランスも分かりません。

結果、せっかく成長できるチャンスを失っている可能性があるのです。

このような経験もあって、「バランスを取るには、まず崩すことが大事」だと確信したのです。

(余談2)物理学でも、「バランスを崩す」ことの大切さが証明された

物理化学者のイリヤ・プリゴジン氏は、自然界が「自ら安定した状態を作り出そうとする(つまり、バランスを取ろうとする)」ことを発見しました。

これを、専門用語で「自己組織化」と呼びます。

しかし、自己組織化して安定してしまうと、それ以上の成長(変化)が起こりづらくなってしまいます。

そうなると、徐々に停滞し、いずれ衰退していきます。

すると、「ゆらぎ」という現象が発生します。

つまり、「今までに無かったこと」が起こって、バランスを崩すのです。

これにより、新しい成長のサイクルに入れる、ということなのです。

私は、この話を聞いて、「ワーク・ライフ・バランスも、これと似たようなものだな」と感じました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

結局、自転車の練習も、人生も、同じようなものなのです。

  • 走り出す
  • バランスを崩す
  • バランスを整える
  • また崩す
  • また整える

この繰り返しです。

ぜひあなたも、「意図的にバランスを崩す」ことを、頭に入れておいてくださいね。

参考になれば幸いです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top