士業の学校:プレスクール

士業向け集客方法・売上アップ・マーケティングの情報サイト

忙しい社長向け:仕事時短術。個人事業主・中小企業の経営者は必見。

忙しい社長向け:仕事時短術。個人事業主・中小企業の経営者は必見。
  • 士業・コンサルタントのような個人事業主
  • 中小企業の社長(経営者)

こういった方々は、仕事に追われ、なかなか「自分の時間」が取れなくなりがちです。

実際、私も中小企業の社長ですので、同じように悩んでいました。
(起業当時は、それこそ1日18時間は働いていたと思います。)

しかし、以下に紹介する方法を実践し始めてから、状況は一気に改善しました。

自分の時間が取れるようになり、

  • 趣味の筋トレの時間
  • 読書などの自己成長のための時間
  • 家族との時間

こういった時間を、ちゃんと確保できるようになりました。

そして、もちろん仕事も順調に回っています。

今日は、その方法をご紹介します。

忙しい経営者向け。仕事の優先順位は、この順番で付けよう。

私が実践した仕事時短術。

それは、「仕事の優先順位の付け方を変えた」
ことです。

以下の順番で優先順位をつけると、自分の時間をちゃんと確保できるようになります。

(優先順位1)自分のための時間

有名な本、「金持ち父さん貧乏父さん」には、こんな言葉があります。

まず、自分に支払え

(意味)
例えば、貯金が得意な人というのは、「先に貯金額を確保して、残ったお金で生活する」という習慣があります。
一方、なかなか貯金できない人は、「余った分を貯金しよう」という意識でいることが多いものです。
人間は、与えられたリソース(お金も、時間も)を全て使い切る傾向があるので、「余ったら~」と考えていると、いつまでも貯金できないのです。

この本では、お金に関してこの言葉が使われていますが、時間についても同じなのです。

つまり、先に自分の時間を確保しないと、いつまでも「自分の時間」は取れません。

「仕事を頑張って、時間が空いたら自分のことをしよう」と思っていても、時間があくことなんて絶対にないのです。

だからこそ、例えば

  • 自己成長のための時間(読書、セミナーに参加する、人脈を作る、など)
  • 健康のための時間(ジムに通う、体にいいものを選んで料理する、など)
  • プライベートの時間(家族との時間、自分の楽しみのための時間、など)

は、先に確保する必要があるのです。

忙しい社長(経営者)個人事業主が、最優先すべきなのは、「自分の時間」

個人事業主・中小企業の社長にとって、「自分の時間」は最高の投資。

個人事業主・中小企業の社長にとって、自分の成長は、組織の成長とほぼイコールです。

こと小さな組織では、トップが成長しないと、組織も全く成長しなくなります。

トップが成長すれば、提供できる価値が上がり、結果、お客様にもプラスになるのです。

「自己投資は、最高の投資である」とも言われますが、本当にその通りなのです。

自分の時間を、真っ先にスケジュールに書き込む。これが仕事にも好影響になる。

自分の時間を確保する方法は、とても簡単&シンプルです。

(何事も、本質というのは、極めてシンプルなものです。)

つまり、「自分の時間を、真っ先にスケジュールに書き込む」
という、たったこれだけです。

自分の時間がない?解決策は「自分の時間を、真っ先にスケジュールに書き込むこと」

そして、「残った時間で仕事をする」のです。

こうすると、必然的に仕事時間が少なくなります。

時間が少ないからこそ、無意識に「どの仕事に集中すべきか?」を取捨選択するようになるのです。

これによって、大事な仕事により集中できるようになり、結果、仕事もうまく回るのです。

(優先順位2)既存客のための仕事

マーケティングの大家:フィリップ・コトラー氏の理論に、こんなものがあります。

1:5の法則

新規顧客に販売するコストは既存顧客に販売するコストの5倍かかる

5:25の法則

顧客離れを5%改善すれば、利益が最低でも25%改善される

つまり、「新規客を追うよりも、既存客をフォローするほうが、何倍も売上アップ効果が高い」ということです。

「待ち」ではなく、こちらから「攻め」の提案をしよう。

既存客の対応というと、「既存客から依頼されたことに対応する」というイメージを持たれる方がいらっしゃいますが、それだけではありません。

逆に、「既存客にプラスになる提案を、こちらからどんどんする」という、攻めの姿勢が大切です。

既存客というのは、すでにあなたに、お金を支払っています。
つまり、あなたのサービスの価値を分かっていて、信頼関係があるわけです。
そして、人間の悩みがゼロになることは、ありません。

であれば、「既存客が何に悩んでいるのか?」を予測し、それを解決する方法を提案してあげれば、既存客も嬉しいのです。

「お客様の声」を依頼しよう。

もう一つ、既存客へのアプローチで大事なのが、「お客様の声を依頼すること」です。

お客様の声を増やすことは、ある意味、「未来への投資」と言えます。

あなたも、アマゾンのレビューを見たりすることがあると思いますが、人間は、他社のレビューをすごく気にします。

お客様の声は、「お金を出せば集まる」というものではなく、コツコツ増やしていくしかありません。

だからこそ、大手に比べて資金力に乏しい私たち中小企業・個人事業主には、とても大事な資産になるのです。

なお、お客様の集め方や、効果的なまとめ方は、以下のページでも解説していますので、ご参照ください。

>>お客様の声のベストなまとめ方は?必要な5つの要素を解説

(優先順位3)新規客の集客・獲得

いくら既存客のサポートに全力を尽くしても、100%流出を防ぐことは、不可能です。

顧客は、たとえサービス内容に満足していても、顧客自身の環境の変化などで、やむをえず解約になってしまうこともあるものです。

であれば、継続的に新規客を獲得する必要がありますよね。

ここで大事なのが、「自分が得意なパターンは何か?」を見極めることです。

あなたが得意な集客法は何?

新規客を集客・獲得する、と言っても、方法はたくさんあります。

  • ホームページから問合せを獲得する
  • 紹介を増やす
  • FacebookなどのSNSで信頼してもらう
  • ブログで「個」を伝え、絆を深める
  • チラシやDMなどの紙媒体を使う

最新のマーケティングノウハウが次から次へと出てきますが、「最新だから効果がある」というものではありません。

数ある集客ノウハウ。どれがいいのか…?

あなたが得意なものに集中することが、一番いいのです。

そのためには、数字で判断する癖をつけましょう。

  • 今、新規客は、どんなルートで入ってきているのか?
  • 今、一番売れている(利益になっている)サービスはどれか?

これらを実際に数字で把握して、貢献度の高い部分に全力投球するのです。

「全部の方法をまんべんなく…」と頑張っても、時間もリソースも足りません。

自分の得意なものを見極め、そこに全力投球しましょう。

(優先順位4)その他の雑務

ここまでの仕事に当てはまらない雑務は、正直、社長が自分でやる必要はありません。

  • やめても問題ない仕事なら、思い切ってやめる
  • やらなきゃいけない仕事なら、誰かに任せる(事務スタッフさん、外注化、など)

このように、なるべく自分の時間を使わずに済む方法を考えましょう。

まとめ:自分との約束を守ろう

いかがでしたでしょうか。

ここで解説した中で、一番のポイントを挙げるなら、『自分の時間を、真っ先にスケジュールに書き込む』ことです

そして、その時間は、絶対に守ってください。

ある意味、「自分との約束を守れるかどうか?」が、いちばん重要なポイントと言えます。

人間は、他人との約束は守りますが、自分との約束は破ってしまいがちです。

今日からは、自分との約束を守ることを、徹底してみて下さい。

きっと、あなたの時間の使い方が、ガラリと変わります。

参考になれば幸いです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top