士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

夫婦円満の秘訣。私が心がけている5つのこと。

夫婦円満の秘訣。私が心がけている5つのこと。

妻と出会ってから約6年。

ちょうど今日は、11/22(いい夫婦の日)ということもあるので、夫婦円満のために日々心がけていることを、まとめてみました。

夫婦円満の秘訣。私が心がけている5つのこと。

夫婦円満の秘訣。私が心がけている5つのこと。

(1)まず、自分を幸せにする

逆説的ですが、まず自分が幸せでないと、パートナーを幸せにすることが出来ない。
強くそう感じています。

「無い袖は振れない」という言葉がありますが、これは、幸せについても同じことです。

自分が幸せでないのに、相手に尽くそうとばかりすると、どこかに「やってあげている感」が出てきます。

  • 俺は会社でこんなに頑張っているのに、妻は…
  • 私はほとんどワンオペ育児なのに、夫は…

そういう雰囲気が、相手に伝わってしまいます。

「自己犠牲」と「貢献」は違う

私は、「自分から溢れ出た幸せが、周りに広がっていく」と考えています。

人間をコップ、幸せを水のようなものだとイメージしてみてください。

(夫婦円満の秘訣:1)まず、自分を幸せにする

自分のコップが満たされていないのに、周りに分かち合うことは出来ないですよね。
それこそ、「自分が我慢して、分けてあげている」感覚になってしまいます。

そうではなく、まず自分のコップに水を注ぐ。
自分の幸せを満たす。

すると、溢れて周りに広がっていきます。
これが、真の意味での「パートナーへの貢献」だと思います。

自己犠牲と貢献は、違うのです。

幸せは、伝染する

フロリダ・アトランティック大学の教授:ローリン博士(精神生理学社)は、人間から出ている電磁波を研究した結果、次のことを発見したそうです。

心電図が安定している人の電磁波は、周辺の人の脳波を安定させる。
心電図が不安定な人は、他の人の脳波に影響を与えることが出来ない。
~引用:本「超!直感力」~

つまり、「いい気分(幸せな気持ち)は、伝染する」ということです。

事実、偉人たちも、自分を機嫌よくすることの重要性を述べています。

幸福になることは義務である

~アランの幸福論~

人間の最大の罪は、不機嫌である

~ゲーテ~

幸せは、小さなことでいい

「自分を幸せにする」と言っても、大きなことをする必要はありません。

  • 自分がワクワクすることを、優先する
  • 自分が「やりたい!」と思ったことを、やる
  • 自分の心の声に、耳を傾ける

こういった、ちょっとしたことでいいのです。

例えば、以下のような感じです。

  • 見たかったあの映画、時間が空いたから、今からを観に行こう
  • コンビニ弁当にしようと思っていたけど、行きたかったお店でランチしてみよう
  • 今日はカフェで本でも読んでゆっくりしよう
  • 次の週末は、自分の趣味に没頭しよう

あなたもぜひ、まずはあなた自身を幸せにしてあげてください。
たまには、自分を甘やかしてください。

それが巡り巡って、パートナーを幸せにしていきます。

(2)相手の幸せは、相手に聞く

先日、妻と結婚記念日をお祝いしました。
その席で話題にのぼったのが、「お互いが、どんな時に幸せを感じるのか?」ということでした。

話してみて初めて分かったのですが、相手が幸せに感じるポイントって、自分では全く分からないんです。

例えば妻は、「自分自身に何かをしてくれた」ことよりも、「自分の大切な人(例えば、妻の両親や友人)に何かをしてくれた」ことのほうに、幸せを感じると話してくれました。

これは、私が全く予想していない答えでした。

「喜ぶだろうと思ってしてあげたことが、そうでもなかったり」ということもありますし、逆に「自分は何気なくやったことが、相手はすごく幸せに感じていてくれたり」するんですね。

『夫は(妻は)、どんな時に幸せを感じるのか?』

ぜひ、聞いてみることをお勧めします。

(3)心配事を共有する

私は、夫婦円満に限らず、人間関係の潤滑油は「会話」だと思っています。

そして、会話で重要なのが、「プラスの話題だけでなく、マイナスの話題も共有する」ことです。

(夫婦円満の秘訣:3)心配事を共有する

例えば、仕事で嫌なことがあって気分が落ち込むことって、ありますよね。
(私はあります。よくあります。笑)

そういうとき、以前の私は、妻には極力話さないようにしていました。
話しても心配させるだけだし、問題が解決してから話そう。
それが愛だ、と思っていたんですね。

しかし、嫌なことがあったのに、それを隠そうとすると、無意識に態度に出てしまうのです。

ちょっとしたことでイライラしたり、表情が暗かったり。

私がそんな状態だと、妻は当然、心配します。
そして、妻は「私がなんでイライラしているのか?表情が暗いのか?」が分からない訳です。
(だって、私が話していない訳ですから^^;)

そして人間は、分からないことがあると、勝手に妄想してしまうんですね。
「自分がなにか、気に触ることをしたかしら?」とか、「家族団らんの日なのに、不機嫌な態度取らないでよ!」とか。

このようにして、夫婦はすれ違っていくのです。笑


この事に気づいてから、私は、心配事(マイナスの話題)も共有することにしました。

すると、妻との関係性は、逆にどんどん良くなったのです。

これは、「心配事を話すと、相手を不安にさせてしまう」と信じ込んでいた私には、大発見でした。

だって、心配事を話したことで、妻も余計な不安から解消され、私の不安も解消されたのですから。

「話す=放す」である

私が大好きな著者:ひすいこたろうさんの本に、「話す=放す」ということが書かれていました。

悩みを人に話すとスッキリすることって、よくありますよね。
これ、話したことで「悩みを放した」んですね。

実際私も、「仕事でこんな事を言われて、ショックだった」「プロジェクトが思ったように進んでいなくて不安に感じている」のように妻に話すと、スッキリして、解決策が思い浮かびやすくなったりします。

あなたもぜひ、心配事をパートナーに共有してみてください。

ポイントは、「自分がどう感じたのか」の感情もシェアすること

心配事を共有する時のポイントは、「自分がどう感じたのか」の感情もシェアすることです。

  • ~~で、不安に感じている
  • ~~があって、ショックだった

このように、感情(どう感じたのか?)を外に出すことで、よりスッキリします。

ぜひ、お試しあれ。

(4)「正しい」より「楽しい」

先日、妻がこんなことを話してくれました。

「いろんな育児本とかあるけど、結局、子供と自分が笑っていられるのが一番。正しい方法より、楽しいほうが私に向いてるなぁ」

  • 例えば、料理を頑張って、逆に子供との時間が減ってしまうなら、冷凍食品でいい。
  • 家事に追われて、絵本の読み聞かせができないなら、家事は後回しでいい。
  • 寝かしつけで「早く寝てよ!」とイライラするくらいなら、一緒に思いっきり遊んで疲れて寝たほうがいい。

以前読んだ、小林正観さんの本にも「ただしい人から、たのしい人へ」という言葉がありましたが、妻の話も聞いて、なるほどと感じた次第です。

(5)「違う」ではなく「面白い」

夫婦であっても、価値観がまったく同じ!ということは無いですよね。

例えば私の場合だと、妻とは、映画の趣味がまったく違います。

私は、SFやアクション、ファンタジー(ディズニーなど)の映画が大好き。
一方、妻は、ヒューマン系など、考えさせられる系の映画が大好き。

この違いを、「違う」ととらえるか?「面白い」ととらえるか?は、とても大事だと思います。

話が変わりますが、戦争の原因も、「違う」から来ています。

  • 「あの人と、私は、違う」
  • 「あの国と、私の国は、違う」
  • 「あの宗教と、私の宗教は、違う」

このように、違いに目を向けてしまうと、暗に「私が正しい」という思考に陥ってしまい、相手を受け入れることができなくなります。

そうではなく、「面白い!」と受け止めると、自分の可能性を広げてくれます。

私も、今まではヒューマン系の映画は観たことがなかったのですが、妻のおかげで興味を持ち、そこからいろいろな気付きや学びを得られています。

(余談)コミュニケーションの語源は「共通点を見つける」

ちなみに、「コミュニケーション」という言葉の語源には、「共通点を見つける」という意味があるそうです。

逆に言えば、「違う部分を気にしすぎると、コミュニケーションが成り立たなくなる」とも言えそうですよね。

そういう意味でも、「違う」ととらえるか?「面白い」ととらえるか?は、とても大事だと感じる次第です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事を書いている途中、こんな言葉を思い出しました。

家に帰って、家族を大切にしてあげてください

~マザー・テレサ~
ノーベル平和賞受賞時に、「世界平和のために私たちはどんなことをしたらいいですか」とたずねられた際に答えた一言。

この言葉からも、家族がどれだけ大事なのか?が伝わってきます。

そして、家族の中核にいるのが、夫婦です。

夫婦の関係性は、子供に伝わります。
子供は、親の関係性を見て、パートナーシップを学ぶのです。

幸せな家族で在るためにも、これからも夫婦円満でいたい。
そう思う次第です。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top