士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

幸せって何?こんなはずじゃ…と後悔する前に知りたい7つのポイント

幸せって何?こんなはずじゃ…と後悔する前に知りたい7つのポイント

「幸せって、なんだろう?」
「どうすれば、幸せになれるんだろう?」
「幸せの見つけ方とは?」

こういった疑問の一つの答えになればと思い、今日は「あなたにとっての幸せを見極める、7つのポイント」というお話をします。

先日見た「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」という映画が、ちょうど”幸せ”をテーマにしていたので、このテーマで記事を書いてみようと思い立ちました。
(三ツ星レストランで働いていた有名シェフが、ひょんなことから、移動販売車でキューバサンドイッチを売り始める、というストーリーです)
素晴らしい映画との出会いに、感謝します。

世の中の幸せの基準とは?

世の中には、いろいろな幸せの基準がありますよね。

思いつくものをざっと上げるだけでも、例えば次のようなものがあります。

  • 経済(お金)
  • 地位
  • 時間や余裕
  • 素敵なパートナー
  • 社長や士業であれば、経営規模(売上・スタッフ数)

書店に行っても、「幸せになる方法」「大富豪100人に聞いた、幸せをつかむ習慣」のような本がズラッと並んでいます。

こういった要素も、確かに大切なものです。

しかし、こういったものを全て手に入れても、幸せになれるか?というと、そうではありません。

どういうことか?と言いますと…

“結果”には、幸せはない

結論から言うと、結果に幸せはありません。

  • ~~になったら、幸せになれる
  • ~~を手に入れたら、幸せになれる

そういった考えは、全て妄想です。幻想です。

何かを手に入れて、一時的な高揚感を得られるかもしれませんが、それは長くは続きません。

なぜかと言うと、人間の欲望には終わりが無いからです。

何かを手に入れると、最初は嬉しいですが、やがて慣れて嬉しさもなくなってきます。
すると、その上のものが欲しくなります。
それを手に入れれば、またその次が欲しくなります。

このように、人間はどんどん次を得ようとするので、キリがありません。

こういった意味で、結果には幸せはない、と言えるのです。

世の中の幸せ像に踊らされないで!

社会から押し付けられた成功を目指すほど、悲惨なことはありません。

例えば、とある社長の事例を見てみましょう。
(分かりやすいように、経済面にフォーカスした事例です。)

売上拡大を目指す社長の事例

Aさんは、若くして自分の会社を立ち上げました。

ほそぼそと始めた会社でしたが、コツコツ頑張って、年商1000万円を突破しました!

「よし、次は年商2000万円だ!」
そうやって目標を高く掲げて、がむしゃらに働き続けました。

そうやって行くと、年商はどんどん上がっていきました。
社員も、どんどん増えていきました。
会社は、どんどん大きくなっていき、上場を果たしました。

周りから見たら、明らかな成功者です。

しかし、Aさんはある時、ふと思うのです。

「あれ、自分、幸せじゃない…」

がむしゃらに頑張ってきたのに、ずっと手に入れたかった未来を手に入れたのに、なぜか幸せじゃない…。

「こんなはずじゃなかった!こんなはずじゃなかったのに…!」

こうやって、燃え尽き症候群になってしまう社長は、珍しくありません。

いかがでしょうか。

もちろん、経済面の豊かさを目指すこと自体は、何も悪くありません。
(というか、この後お話しますが、悪いことなんて1つもないのです)

Aさんが幸せを感じられないのは、「世間一般の幸せ像を、自分の幸せ像だと勘違いしてしまったこと」が原因です。

「売上を立てて、社員数も多い会社の社長こそ、良い社長だ」という世間の価値観を、無意識に自分に課してしまったのです。

あなたが目指している”それ”は、あなたの幸せですか?

世の中には、いろいろな価値観があって、私たちは無意識に影響を受けています。

なので、時々立ち止まって考えてみてほしいのです。

  • 私は本当に、それを望んでいるのだろうか?
  • 周りがそうだから、同じ価値観を追いかけているだけでは?
  • 自分の価値を証明するために、自分を追い込んでいるだけではないか?
  • 自分の自信の無さを、事務所規模や売上規模で隠そうとしているだけでは?

これらを自問自答せずに、世の中の幸せ像に踊らされてしまうと、「こんなはずじゃなかったのに…」と後悔してしまうことになりかねません。

あなたにとっての幸せを見極める、7つのポイント

では、自分が求める幸せを見極めるには、どうすればいいのか?

その助けになればと思い、7つのポイントをご紹介します。

(1)子供の頃の「好き」の感覚を思い出す

子供は、何に対してもまっすぐです。
そこに「周りの価値観」が入ってくる余地がありません。

自分が良いと思ったら良い。
これが子供の感覚です。

だからこそ、自分が子供だった頃の「好き」の感覚を頼りにするのは、理にかなっています。

例えば、自分が子供の頃に好きだった映画に、何か共通点はないか?探るのも良いでしょう。
多くの場合、好きな映画には、共通のストーリーやテーマが隠されていたりします。

また、子供の頃に好きだった遊びを掘り下げてみるのも良いでしょう。

例えば私の例で言うと、私はミニ四駆や、マジック・ザ・ギャザリングというカードゲームが大好きでした。
限られたリソースを最大限活かして、いかに相手を上回るか?を考えるのが好きだったのですね。

これが今では、コンサルタントという仕事に生かされています。
コンサルティングでも、クライアントの限られたリソースを最大限活かして、結果を出していくことが求められるからです。

このように、子供の頃の「好き」の感覚は、まじりっけない100%の自分を見つけるヒントになります。

なお、以下の記事も参考になると思うので、合わせてご覧ください。

>> 朝5時だよ!全員集合!”好き”の感覚で強みを見つける

(2)結果ではなく、過程が楽しい

先ほど、「結果には幸せはない」とお伝えしました。
「美人も3日見れば飽きる」と言われたりしますが、結果からは、長い幸福感は得られないものです。

では、何が大切なのか?
それは、「プロセス(過程)」です。

幸せに生きている人は、結果に向かっている今この瞬間(プロセス)を楽しんでいます。

  • ダンスが好きな人は、今この瞬間のダンスに命をかけています。
  • 歌が好きな人は、今この瞬間の一曲に命をかけています。

そして、例外なく楽しんでいます。

私が大好きな『賢者の書(喜多川泰さん著)』という本には、以下のようなストーリーが書かれています。

書籍「賢者の書」より一部要約

T君は、人の話を聞くことが大好きでした。
いつも楽しそうに話し相手の話を聞いていました。

そうやって話を聞いてくれるT君のもとには、たくさんの人が集まってきます。
そのうち、「T君に話をすると、気持ちが軽くなって、体調が良くなる」という人が出始めました。

こうしてT君は、お医者さんになりました。
お医者さんになっても、やることは基本的に「人の話を聞くこと」です。
それだけで、相手は元気になってしまうのです。

T君は、とても幸せな毎日を過ごしています。

一方、それを見ていたS君のお母さんは、息子のS君にこう言いました。
「T君は、お医者さんになったから幸せになれたのよ。あなたも頑張って、お医者さんになりなさい!」

そしてS君は、お医者さんになるために猛勉強を始めました。
そして見事、お医者さんになれたのです。

しかし、いざお医者さんになっても、まったく幸せではありません。
毎日の経営に必死で、仕事を楽しめたことなんて一度もありません。

S君は思いました。
「お医者さんになれば、幸せになれるって思ったのに…」

このように、結果には幸せはありません。

そのプロセス(過程)を楽しめるか?
そこに幸せのヒントがあります。

(3)「今ここ」に集中する

幸せは、過去にも未来にもありません。
私達が生きられるのは「今この瞬間」しかなく、幸せを感じられるのも「今この瞬間」しかないのです。

「今ここに集中する」というのは、禅の考え方や、最近流行りのマインドフルネスの考え方ですね。

多くの場合、人は、今ここに集中できていません。
目の前のことに集中せずに、思考は過去に戻ったり、未来を心配していたりします。

例えば、ご飯を食べながら昨日の失敗を思い出したり、明日の仕事の心配をしたりしています。
それを紛らわすために、スマホを見ながらご飯を食べていたりします。
これでは、今に集中できているとは言えません。

ご飯の香りにホッとし、甘さを味わい、噛み締めて食感を楽しみ、目の前の人との会話を楽しむ。
このように、今この瞬間に集中できている状態を「マインドフルな状態」とも呼びます。

今に集中できるようになると、気持ちが落ち着き、プラスの出来事を引き寄せやすくなります。
有名な、引き寄せの法則ですね。

ある意味、幸せというのは「なる」ものではなく、「そう在るもの」とも言えます。
幸せになる、のではなく、今幸せであることを感じ取る。

気持ちを落ち着けて、今ここに集中してみましょう。

(4)いいな!をメモする。行動する。(理由はいらない)

「コレ良い!」
「ここ行ってみたい!」

そういうプラスの気持ちが湧いてきたら、すぐにメモしておきましょう。
そして、できれば1ヶ月以内に行動に移しましょう。

先ほど、子供の頃の「好き」をヒントにする、という話をしましたが、この「いいな!」という気持ちも、あなたの内側から湧いてきた正直な感情です。
そこに理由は必要ありません。
いいな!と思うなら、そこには何かあなたにプラスになるものが隠れているのです。

例えば私の場合、大学生時代に、本屋さんで月刊ボディビルという本を見つけました。笑
私は理由もなく、「なんか良い!かっこいい!」と思い、本を手に取りました。

そして、読めば読むほど「筋トレすげーーー!」という感情が強くなっていきました。
それから10年以上、筋トレは私の趣味になっています。

筋トレが好きです、という話をすると、よく「そんなに筋肉つけて、なんの意味があるの?」とか言われますが、意味なんて関係ないんです。
筋トレを継続していること、コレそのものが私にとって幸せなので、それで良いのです。
他人からの評価なんて、全然関係ないのです。

あなたは最近、いいな!と感じたものはありましたか?
それをぜひメモし、行動してみてください。

(5)優劣を持ち込まない

幸せに、優れている・劣っているという基準はありません。

  • 収入が多い人は、少ない人より幸せだ
  • 売上規模の大きい会社の社長は、そうじゃない社長より幸せだ

そういうものではないのです。

食べ物だって、沢山食べれば健康か?と言うと、そうではないですよね。
人によって適量があります。
アスリートに適切な量が、一般人にも適切な量というわけではありません。

大切なのは、自己ベストを更新することです。
常に自己ベストを目指していれば、そこに比較はありません。

(6)「~~すべき」を手放す

世の中には、「~~すべき」が溢れかえっています。

  • 親なら、こうすべき
  • 大人なら、こうすべき
  • 男なら、女なら、社会人なら、社長なら、所長なら、税理士なら、弁護士なら…

こういった「~~すべき」は、脇においておきましょう。

極論すれば、すべきことなんてありません。

男性だから仕事すべきとか、女性だから家事をすべきとか、そういうものはありません。
単なる役割であり、義務ではないのです。

世間の「~~すべき」に振り回されないで、あなたがやりたいことかどうか?にフォーカスしましょう。

(7)常識を疑う

常識とは、「その時代、その地域、その人達の中では、当たり前だと思われていること」に過ぎません。

実際、海外に行けば、常識なんてガラッと変わります。
時代が変われば、常識も変わります。

お金がないと幸せじゃない?
いいえ、お金がなくても幸せに暮らしている人は、たくさんいます。
例えば、アフリカに今でもいる原住民族の人たちとか。

時代や地域で、善悪や正しさすら変わります。
幸せを考える時に、善悪や正しさを持ち込んでも、良いことはありません。
「常識で考えたら、こんなこと望んだら嫌われそう」とか、そういう気持ちは不要なのです。

「幸せとは●●だ」のような常識に振り回されないようにしましょう。

幸せの基準は、変わっても良い

幸せは、自分の成長によって、感じ方が変わってきます。

子供の頃の幸せと、今の幸せと、30年後の幸せは、きっと違うでしょう。

なので、幸せの基準を変えることを恐れないで下さい。

数年おきに、自分の幸せ観を見直してみると良いと思います。

まとめ

今回、「幸せって何?」というテーマで書きましたが、これを考えるのは、今の時代、とても大事なことだと感じています。

なぜなら、世の中が大きく変わっていく可能性があるからです。

例えば、ある専門家の中では、「資本主義社会が終わるかもしれない」という意見が出ています。
つまり、経済的な価値観がなくなるかもしれない、ということです。

事実、急成長している人工知能や、高度なIT技術の発達によって、将来は人間の労働がなくなるだろう、という予測も出ています。

そうなると、世の中の価値観そのものが大きく変動することになります。

この時、自分の幸せを明確に掴めていれば、振り回されないで楽に生きられます。

あなたにとっての幸せとは、何でしょうか?

ぜひ考えてみてくださいね。

編集後記:「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」を見て

今回、この記事を書くきっかけになったのが、映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」でした。

Screenshot

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」公式サイトはこちら

一流レストランのシェフが、なぜフードトラック(移動販売車)を始めたのか?その中で幸せに気付いていく…

主人公は、一流レストランのコックさん。
そのコックさんが、レストランオーナーと衝突してしまい、お店を追い出されてしまいます。

そして、ひょんなことから、サンドイッチの移動販売車をやることになるのです。
その中で、家族のつながりや、幸せを見つけていく…

そんなストーリーになっています。

この映画を見ると、「幸せになる」のではなく「幸せである」が大事なんだな、と感じます。
要するに、なり方ではなくて、在り方の話だ、ということです。

よく「幸せになる方法」とか言われていますが、先ほど書いたように、「~~になったら幸せ」とか、そういう訳ではないんですよね。

この映画が、あなたにとってもの幸せに気付くキッカケになったら嬉しいです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top