士業の学校:プレスクール

士業向け集客方法・売上アップ・マーケティングの情報サイト

ポジショニングマップの作り方。ワードやパワポで簡単3ステップ

ポジショニングマップの作り方。ワードやパワポで簡単3ステップ

競合との差別化を図る方法として、「ポジショニングマップ」というものがあります。

今日は、ポジショニングマップの作り方と、その活用法をご紹介します。

ポジショニングマップとは?

ポジショニングマップとは、「自分と競合他社を、分かりやすく比較した図表のこと」を指します。

例えば、以下のようなものです。

ポジショニングマップとは?

ポジショニングマップを作るメリットは、大きく分けて2つにあります。

(メリット1)あえて先に業界全体を見せてあげることで、競合のHPを見に行かなくなる

今の時代、お客様は、必ず「比較」します。

あなたがいくら、自分のホームページで「自分が一番です!」と言っていても、お客様は他のホームページを見に行きます。

であれば、あえて先に、ポジショニングマップを見せて、業界内でのあなたのポジションを伝えてあげたほうがいいのです。

こうすることで、お客様は、「他のホームページを見に行って比較する手間」が省けます。

すると、競合のHPを見に行かずに「ここにお願いするのが良さそうだ」と思ってくれるお客様も出てきます。

(メリット2)自分にあう顧客を集客できる

この後お伝えしますが、ポジショニングマップを作る時には、「あなたの強み」を軸にします。

つまり、ポジショニングマップは、暗に

私の強みはコレです。

コレに共感してくれる人はお問い合わせください。

共感できない人は、他社にお問い合わせください

と伝えているようなものなのです。

結果、ポジショニングマップを見て「ここ良さそう」と思ってくれる人は、あなたに合う顧客である可能性が高くなる、ということです。

ポジショニングマップの作り方:3つのステップ

(Step1)あなたの強みで2軸を作る

まずは、あなたの強みで、2つの軸を作ります。

例えば、

  • 飲食店の会計に詳しいので、飲食店特有の節税ができる
  • 元飲食店経営者だから、業績アップのアドバイスもできる

という税理士であれば、以下のような2軸になります。

(ポジショニングマップの作り方:Step1)あなたの強みで2軸を作る

あなたの強みの中から、2つピックアップしてみてください。

注意!似たような二軸では、あまり意味がない

この軸を設定する時に、注意点があります。

それは、「似たような2軸を選ばない(2軸を独立させる)」ことです。

例えば、「価格」と「サービスの質」は、比例関係にあり、似たような指標と言えます。

(一般的に、価格が高くなれば、サービスの質が良くなっていく傾向にありますよね)

こういった、似たような2軸だと、あまり意味のないポジショニングマップになってしまうので、要注意です。

(Step2)右上に、自分を置く

2軸が決まったら、右上に自分を置きましょう。

図にすると、以下のようなイメージです。

(ポジショニングマップの作り方:Step2)右上に、自分を置く

(Step3)他のマスに、競合他社を置く

次に、他のマスに、競合他社を置いていきます。

この際、名指ししてしまうとアレなので、それとない感じで書くのがベターです。

(ポジショニングマップの作り方:Step3)他のマスに、競合他社を置く

これで、ポジショニングマップが完成です。

パワーポイントやワードの「SmartArt」は、初心者でも使いやすい

なお、ポジショニングマップを作るときには、特別なデザインソフトなどは必要ありません。

例えば、パワーポイントやワードの「SmartArt(スマートアート)」は、初心者の方にもお勧めです。

図を作るのに便利な、パワーポイントやワードの「SmartArt(スマートアート)」

ぜひ使ってみてください。

まとめ:ポジショニングマップを作成し、ライバルと差別化しよう

いかがでしたでしょうか。

ポジショニングマップは、自分のポジションを、お客様に分かりやすく「見える化」してくれます。

ぜひ、差別化を図る際に、活用してみてくださいね。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top