士業の学校:プレスクール

士業向け集客方法・売上アップ・マーケティングの情報サイト

売上が上がらない時の、目の付け所×5

売上が上がらない時の、目の付け所×5

もしあなたが、売上アップに悩み、モンモンとしているなら。

その状況を解決するには、「何かをする」よりも、「考え方(見方)を変える」ほうが、効果的だったりします。

今日は、売上アップの悩みを打破する、5つの思考転換のポイントをご紹介します。

行動だけが、解決策ではない

泥水も、そのままにしておくと綺麗な水になる。

これは、老子が残した格言です。

(孔子)泥水も、そのままにしておくと綺麗な水になる。

行動ばかりしているのは、泥水の中で、ジタバタもがいているのと同じです。

行動すればするほど、泥水はどんどん濁っていき、周りが見えなくなっていきます。

そうではなく、まずは一旦立ち止まりましょう。

そして、自分の考え方(ものの見方)を整理しましょう。

そうしていると、自然と泥が沈殿していき、周りが見えるようになってきます。

結果、解決策も見つかりやすくなる、ということです。

売上が上がらない…と悩む人にお勧めの、5つの思考転換法

(1)今あるものに目を向ける。整理する。

売上アップで悩んでいるときこそ、今持っているものに目を向けましょう。

マーケティングの格言に「ゼロから産まない」というものがあります。

「やったことないことをゼロベースで始めるよりも、今あるものに目を向けたほうが上手くいく」という意味合いです。

(例1)今持っているものを、全て書き出してみる

例えば私は、定期的に、今持っているものを全て書き出しています。

ここで言う、「持っているもの」とは、例えば以下のようなものを指します。

  • Web媒体(ホームページ、ブログ、Facebookページ、など)
  • アクセスアップ対策(SEO、PPC、Facebook広告など)
  • 紙媒体(チラシ、DM、など)

売上が上がらないときこそ、今持っているものを、全て書き出してみよう

上記のように、各媒体のつながりが分かりやすくなるように、矢印で顧客の流れを書いてみるのもお勧めです。

(カスタマージャーニーマップ、とも呼ばれます)

(例2)既存客に目を向ける

マーケティングの巨匠:フィリップ・コトラー氏は、こんなことを言っています。

1:5の法則

新規客に販売するためのコストは、既存客に販売するためのコストの、5倍かかる

あなたの既存客は、つまり、「あなたのサービスの価値を、一度でも体験したことがある人」とも言えます。

つまり、新規客よりも、圧倒的にあなたを信頼してくれていますので、いわば「買ってくれやすい」のです。

だからこそ、既存客に目を向けるべきなのです。

  • 既存客は、今、何に悩んでいるのか?
  • その悩みを、解決してあげられないか?

こういった考え方でいると、追加提案できるサービスが見つかったりします。

(2)「奪う」思考ではなく、「与える」思考に切り替える

人間は、悩んでいるときほど、「奪う」思考になりがちです。

  • なぜ問い合わせが増えないんだ!
  • 売上が増えないんだ!
  • なんでスタッフは、自分がこんなに苦しんでいるのに、のほほんとしてるんだ!

上記のような、「奪う」思考に支配されると、一気に停滞してしまうので、要注意です。

そうではなく、考え方を反転させましょう。

「奪う」のではなく、「与える」思考に切り替えるのです。

  • お客様は何を求めているんだろう?
  • 何をしてあげたら、もっと喜んでくれるだろう?
  • スタッフの皆は、仕事に何を求めているんだろう?何を実現したくて、うちの事務所に入ってくれたんだろう?

上記のような思考の転換が、新たなアイデアを引き寄せます。

(寓話)三尺三寸箸のお話

私が好きな寓話に、「三尺三寸箸」という話があります。

天国と地獄のお話です。

天国も地獄も、三尺三寸(約1メートル)もある箸で、食事をしています。

(寓話)三尺三寸箸

地獄では、それぞれの人が、自分が食べたいものを奪い合っています。
しかし、箸が長いので、自分の口に食べ物を運ぼうとしても、なかなか上手くいきません。
結果、皆がイライラしています。

一方、天国では、「相手が食べたいものを食べさせてあげる」ようにしています。
長い箸なので、相手の口まで届くのです。
こうして、皆が幸せに、ニコニコ暮らしています。


どちらも、環境は全く同じです。

しかし、考え方の違いで、地獄にもなれば、天国にもなるのです。

与えるものは、与えられる

この寓話からも分かるように、「与えるものは、与えられる」というのは、真実です。

  • 引き寄せの法則
  • 鏡の法則
  • 宇宙のパワーが導いてくれている

表現の仕方はいろいろありますが、どれも「与えたものが返ってくる」という意味で、同じです。

与える思考になれば、できることは無限にあるのです。

(3)「完了していないこと」を、完了させる

完了していない(気になっている、引っかかっている)ことがあると、無意識にそちらにパワーが使われてしまいます。

結果、あなたのエネルギーを無駄にすることになります。

「完了していないこと」を、完了させる

ここでいう「完了していないこと」というのは、例えば以下のようなものです。

  • 振り込んでいない請求書
  • 連絡をもらって、返事をしていないメール
  • デスクの上に山積みになっている、目を通していない書類

また、ビジネス面だけではありません。
プライベートの面にも、以下のような完了していないことがあったりします。

  • 買おう買おうと思って、まだ買っていない、妻への誕生日プレゼント
  • 片付けよう、と思って手を付けられていない部屋の片付け
  • 使っていないのに放置されているモノ、コト

小さなことですが、積み重なると、あなたのパワーをどんどん奪っていきます。

これらを一つ一つ完了させていくと、不思議と事態が好転していったりします。

(4)「量」ではなく「質」の向上に目を向ける

「量」ではなく「質」の向上に目を向ける

ここでいう「量」とは、例えば以下のようなものです。

  • 売上
  • 顧客数
  • 客単価

「量」は、数字などで表せるので、目で見て判断しやすく、気にされがちです。

しかし、一方で、「質」の向上が見落とされてしまっているケースがあります。

「質」とは、例えば以下のようなものです。

  • 顧客との関係性
  • 顧客満足度
  • 自分のワーク・ライフ・バランス
  • 自分が心から売りたいサービス・商品を提供できているか?

これらの「質の向上」は、すぐに数字になるようなインパクトはありません。

しかし、長期的に見ると、客単価アップや、リピート率アップ、紹介増など、数字に現れてきます。

「量」ばかり見て、「質」の向上を見落としていないか?
気をつけてみて下さい。

(5)そもそも、なんのための売上なのか?

売上とは、「売上そのもの」が大事なのではありません。

「その売上を使って、何をしたいのか?」のほうが、よほど重要です。

売上だけに目を奪われると、「売上のための売上」になっていたりします。

ゲームで言えば、「一生使わないアイテムを探して、ゲームクリアを先延ばしにしているようなもの」です。

売上は「目的」ではなく「手段」の1つ

売上は、売上そのものが「目的」ではありません。

売上は、何かを達成するための手段の1つでしかないのです。

あなたにとって、その売上で達成したい「何か」は、何でしょうか?

よくよく考えてみると、「あれ、なんで、こんなに売上アップばかり求めていたんだろう?」と気づくこともあります。

そして、不思議なことに、売上を求めない(執着を手放す)と、売上が上がってきたりするものです。

不思議ですが、売上も「追いかけると逃げる」もののようです。

終わりのない拡大地獄に注意

世の中は、「増収増益」「急激な売上アップ」をもてはやす傾向にあります。

しかし、自然界を見ていると、「無限に大きくなり続ける生き物」は、いないのです。

必ず、ある程度成長したところで、大きさの成長は止まるものです。

ある意味、自然界の法則で考えると、「大きくなり続ける=不自然」とも言えるかもしれません。

私は、「量的に拡大しなくても、提供できる価値(質)をどんどん増していけるような、循環型の事務所・組織が生き残っていく」と感じています。

終わりのない拡大地獄に陥らないよう、注意して下さい。

まとめ:売上アップのヒントは、意外と近くにある

いかがでしたでしょうか。

売上アップに限らず、なにかに躓いたときに大事なのは、「行動」ではなく、その前の「考え方(ものの見方)」だったりします。

「考え方(ものの見方)」が変わると、売上アップのヒントが、意外と近くにあることに気づけます。

参考にしていただければ、嬉しく思います。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top