士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

SEOに影響する?士業事務所の名前(屋号)の決め方

SEOに影響する?士業事務所の名前(屋号)の決め方
行政書士Aさん
開業予定なのですが、事務所の名前をどうしようか?悩んでいます。

SEOのことを考えると、事務所名にキーワードや自分の氏名を含めたりしたほうがいいのでしょうか?

先日、とある行政書士の方から、上記のようなご相談をいただきました。

きっと他にも、

  • 独立開業する
  • 会社設立して法人化する
  • 新たな会社を立ち上げる

といった理由で、事務所名(屋号)を決めたい方もいらっしゃると思います。

そこで今日は、「事務所名(ホームページの屋号など)の決め方」について解説します。

結論:事務所名(屋号)は好みでOK

結論から申し上げますと、『事務所名(屋号)に、キーワードや氏名を含めるかどうか?は好み次第』と言えます。

なぜなら、検索エンジンが見ているのは、「事務所名(ホームページの屋号)」ではなく、「タイトルタグ」だからです。

タイトルタグとは?

当社のサンプルサイトを例にあげますと、左上に「大林サンプル税理士事務所」という事務所名がありますね。

事務所名(屋号)は好みでOK。SEO対策で大事なのは、「タイトルタグ」

この中には、「新宿」などの地名は入っていません。

そうなると、「税理士 新宿」などのキーワードで検索された時に、上位表示に不利になってしまうのでは?と思われる方もいるかもしませんが、ダイジョブです。

なぜなら、このホームページのタイトルタグが「新宿の大林サンプル税理士事務所 │ 顧問月額9800円~」になっているからです。

タイトルタグの確認方法

ホームページ上で「右クリック⇒ソースを表示」をクリックすると、そのページのソースコードが見れます。

タイトルタグの確認方法

その中の<title>~~</title>に書かれているのがタイトルタグです。

検索エンジンは、このタイトルタグを検索順位の決定要因の1つにしています。

そのため、このタイトルタグにキーワードを含めておけばOKということです。

キーワードは、タイトルタグに含めればOK

このように、事務所名(屋号)とタイトルタグは、別々に設定できます。

例えば、事務所名が「行政書士タナカ事務所」でも、
タイトルタグを「池袋の相続手続きなら!行政書士タナカ事務所」にすれば、
「相続 池袋」で検索された時に上位表示を目指すことも可能なのです。

そのため、タイトルタグに、上位表示を狙っているキーワード(税理士などの士業名、地名、など)を含めれば、SEO的には問題ありません。

(注意)事務所名(屋号)にキーワードが入っていても、タイトルタグに無いと損!

例えば、ホームページの屋号が「札幌相続サポートセンター」だとします。

ではこれで、「相続 札幌」で検索された時に上位表示を目指せるのか?というと、そうではありません。

もしタイトルタグが「司法書士スズキ事務所」になってしまっていたりすると、SEO的には不利になってしまいます。
(場合によっては、タイトルタグが「トップページ」のようになってしまっているホームページも、たまに見かけます)

タイトルタグに、上位表示を狙っているキーワードが含まれているか?
ここに注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これから独立開業するなら、お気に入りの名前をつけたいですよね。

ぜひ、あなたがしっくり来る事務所名をつけてください。

その際は、SEO対策のために、ホームページの「タイトルタグ」にキーワードを含めることをお忘れなく!

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top