士業の学校:プレスクール

士業向け集客方法・売上アップ・マーケティングの情報サイト

パレートの法則で業績アップ!考え方のポイント×5を紹介

パレートの法則で業績アップ!考え方のポイント×5を紹介

あなたは、「パレートの法則」をご存知でしょうか?
80対20の法則、とも呼ばれます。

ここでは、パレートの法則を業績アップに活かすポイントを解説します。

パレートの法則とは?

パレートの法則とは、以下のように言われています。

パレートの法則

経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。
80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれる。

(イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した)

~ウィキペディアより引用~

図にすると、以下のようなイメージです。

パレートの法則とは?(80:20の法則)

要するに、「選択と集中」が大事である、ということです。

当然ですが、リソースは限られています。
時間も、マンパワーも、資金も、限りがあります。

限られたリソースを効果的に活用して、成果を最大化するには、「選択と集中」は、必要不可欠なのです。

業績アップに役立てるための考え方×5

(1)売上の上位80%を占める、20%の既存客は誰?

実は、売上は、すべてのお客様が均等にもたらしてくれているのではありません。

上位20%のお客様(言わば、上得意客)が、売上の80%近くに貢献してくれているのです。

上位20%のお客様(言わば、上得意客)が、売上の80%近くに貢献してくれている

この上位20%のお客様に集中し、満足してもらえれば、さらなる売上アップが可能、ということです。

あなたの事務所の上得意客:上位20%は、誰でしょうか?

(2)売上の上位80%を占める、20%のサービス(商品)は何?

あなたもきっと、複数のサービスを提供しているものと思います。

例えば行政書士であれば、「相続」「会社設立」「建設業許可」など、複数のサービスがありますよね。

多くの場合、すべてのサービスが、均等に売上をもたらしてくれているのではありません。

上位20%のサービスが、売上の大部分に影響しているのです。

上位20%のサービスが、売上の大部分に影響している

この上位20%のサービスを売ることに集中すれば、最短で業績アップできる、ということです。

あなたの事務所の売上の大部分に貢献している、上位20%のサービス(商品)は、何でしょうか?

(3)集客の80%を支えている、20%の経路はどこ?

集客経路は、たくさんの種類があります。

  • ホームページ
  • ブログ
  • Facebookページ
  • SEO対策
  • PPC(リスティング広告)
  • Facebook広告
  • Youtube
  • メールマガジン
  • LINE などなど。

上記以外にも、以下のような、Web以外の集客経路もありますよね。

  • 紹介
  • セミナー
  • ダイレクトメール
  • チラシ
  • 異業種交流会 などなど。

これらの集客経路も、すべてが均等に大切、というわけではありません。

上手くいっている集客経路もあれば、実は全く貢献していないものもあります。

上位20%の集客経路が、 集客数の80%に貢献している

それを見極め、上手くいっている集客経路に集中することで、費用対効果がアップします。

あなたの集客の80%を支えてくれている、20%の集客経路は、どこでしょうか?

(4)自分の仕事のうち、成果の80%を生んでいる20%の仕事は何?

あなたには、たくさんの種類の仕事があると思います。

しかし、その全てが等しく重要、というわけではないですよね。

「特に大事な仕事」もあれば、「なんとなく、やってしまっている仕事」もあるはずです。

多くの場合、あなたの成果の80%は、20%の重要な仕事によって生み出されています。

上位20%の「重要な仕事」が、成果の80%を生み出している

ここでいう「成果」というのは、ただ単に「売上(お金)」という意味合いではありません。

人によっては「顧客満足度を高めること」が成果かもしれません。
また、ある人にとっては「経費を削減すること」が成果かもしれません。

いずれにせよ、その成果を手にするために重要な仕事というのは、限られた一部である、ということです。

そして、あなたにとって重要でない仕事は、他の人に任せたり、外注化(アウトソーシング)しましょう。

あなたの仕事のうち、成果の80%を生んでいる20%の仕事は何でしょうか?

(5)1日の時間のうち、成果の80%を生んでいる20%の時間は?

人間は、人によって、集中できる時間帯が違います。

「早朝が集中できる」という人もいれば、「夜中の方が集中できる」という人もいるでしょう。

「自分が集中できる時間」を把握し、そこに集中することで、成果の大部分を生み出すことができます。

上位20%の時間が、成果の80%を生み出している。

ちなみに私は、早朝(午前3~5時)が最も集中できます。
そのため、重要な仕事には、早朝の時間帯に取り組むようにしています。

弁護士の高井伸夫氏も、こんな言葉を残しています。

朝は頭がよく働くので、仕事の効率もいい。
朝の1時間で、昼間の3時間分の仕事がこなせる感じだ。

早朝は、ぐっすり寝て脳がリフレッシュしているので、集中力が高いのです。

あなたもぜひ、早朝の時間を有効活用してみてください。

大事なのは、「たぶん」ではなく、ちゃんと数値化すること!

パレートの法則を活用する時には、「たぶん」ではなく、ちゃんと数値化する癖をつけましょう。

例えば先程、「売上の上位80%を占める、20%の既存客は誰?」という項目がありました。

この質問をすると、多くの人は、「自分と仲のいいお客様=上得意客だろう」と予想してしまいます。
しかし、実は、普段あまり連絡をとっていない別の人が、最大の売上をもたらしてくれていた、ということが頻繁にあるのです。

また、「売上の上位80%を占める、20%のサービス(商品)は何?」という項目もありましたね。

これも、多くの人は「たぶん、あのサービス(商品)が一番売れているはずだ」と予想します。
しかし、利益率をちゃんと計算してみたら、意外に別のサービスの方が儲かっていた、ということも多々あるのです。

このように、数値化することで意外な発見があったりします。
ぜひ、数値化を癖にしてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最初にも書きましたが、「選択と集中」は、成果を最大化するうえで必要不可欠です。

では、集中するのはどこなのか?
「結果の80%に影響している、20%の要因」に集中するのです。

  • 自分にとって、何が大事なのか?
  • 自分にとって、何が不必要なのか?

これを見極めて、大事な部分にフォーカスすること。

この機会にぜひ、仕事の全体像を見直してみてくださいね。

参考になれば幸いです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top