士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

原因不明の体調不良は、「方向転換しなさい」のサイン

原因不明の体調不良は、「方向転換しなさい」のサイン
  • 「風邪っぽい症状だけど、原因が分からない…」
  • 「病院で検査したけど、原因不明…」
  • 「慢性的なストレスのせいかな…?」

私も、このような症状に悩んでいた時期がありました。

しかし、今思い返すと、「あの時の体調不良は、方向転換のサインだったんだ」と強く感じています。

その体験談も含め、お伝えしたいと思います。

原因不明の体調不良は、自分自身を見つめ直すヒント

結論から申し上げますと、原因不明の体調不良は、「そっちの方向じゃないよ」というサインです。

  • 「そっちの方向じゃないよ」
  • 「無理してない?もう無理しなくていいんだよ」
  • 「今やっていることを、もう一度よく考えてみて」
  • 「自分が行きたい人生じゃなくて、他人が望む人生を生きてない?」
  • 「変わる時期だよ、ターニングポイントだよ」

あなたの身体は、体調を崩すことで、こういったメッセージをあなたに伝えているのです。

原因不明の体調不良は、方向転換のサイン

人間の体は、とても正直です。

「学校に行きたくない」と思っている子供が、学校に行く時間になるとお腹が痛くなったり。
「会社に行きたくない」と思っている人が、月曜日になると頭痛がしたり。

頭では「学校に行くべきだ」「仕事に行くべきだ」と思っていても、あなたの潜在意識は「学校・仕事に行きたくない」のです。

身体は、その潜在意識を敏感に感じ取り、反応します。
そういった意味では、身体は、あなたの方向性を調整するためのアラームのようなもの、とも言えます。

私が、ディズニーランドで突然倒れた例

私自身、原因不明の体調不良に悩んだ時期がありました。

ある時、仕事がとても大変な時期がありました。

私は社長なので、会社の全責任があります。
身体に鞭打って、仕事に打ち込んでいました。

そんな中、束の間の休みを家族と過ごすために、ディズニーランドに1泊2日で旅行に行ったのです。

私(大林)
「待ちに待ったディズニー旅行!思いっきりリフレッシュしよう!」

そう思って現地についた途端、原因不明の高熱が出て、救護室に運ばれることに…。
結局、熱が下がらず、私は2日間、ホテルのベッドで寝込んでいました。

私(大林)
「待ちに待った旅行だったのに、身体に鞭打って仕事を頑張ってきたのに、なんで…なんで…」

その時は、家族旅行が台無しになってしまったことを、ただただ悔やんでいました。

しかし、今思うと、この体調不良は、大きな意味があったのです。

その将来像、本当に自分が望んでいるものなの?

世間一般では、「大きな会社=優れた会社」というイメージがありますよね。

私は無意識に、世間に評価されるためだけに、「大きな会社」を目指していました。
社員を増やしたり、売上拡大を目指したり。

もちろん、社員を増やすこと自体は、間違っていません。
売上拡大を目指すことも、間違っていません。

ただ単に、「私が心から目指す将来像とは、違っていた」ということです。

私(大林)
私は、自分の自信の無さを隠すために、会社という鎧が欲しかっただけなのかもしれない。
その鎧は、自分を守る大切なものでもあったけど、鎧がドンドン重くなってしまって、身動きが取れなくなってしまっていたのかもしれない。

ディズニーランドでの体調不良を通じて、このことに気づけたのです。

「足るを知る」方向性に転換したところ、体調が良くなりました

この気付きを得たことで、自分自身が本当に望む将来像を、あらためて考える事ができました。

ディズニーランドでの原因不明の高熱は、方向転換のサインだった

そこで行き着いたのが、「足るを知る」方向を目指すこと。
自分にとって「ちょうどいい」生き方をすることでした。

例えば食事だって、食べれば食べるほど幸せか?と言うと、そうではないですよね。
人によって適量があり、多くても少なくても幸福度は減少します。
人によって「ちょうどいい」食事量があるのです。

この「足るを知る」方向に転換してから、不思議なくらい体調が良くなったのです。

「身体は、自分の方向性を正してくれる、アラームの役目を果たしてくれたんだな」

あらためて、そう感じました。

「無病:病気にならないことが病気」について

東洋医学では、「無病」という病気があるそうです。

無病
病気にならない、という病気。
身体がマヒしてしまい、不調を感じられない状態

「病気にならない」というと聞こえが良いですが、実際は「身体がマヒしている」のです。

潜在意識は「方向転換の時期だよ!」と教えてくれているにも関わらず、理性がそれを抑えつけてしまう。

  • 「もっと頑張らなきゃ」
  • 「体調なんて崩していられない」
  • 「皆頑張ってるんだ、自分だけ弱音を吐いてるわけにはいかない」

そう思って、身体を麻痺させてしまう。

身体の声(潜在意識)のメッセージを受け取ろう

これが繰り返されると、最終的に、大爆発を起こします。
大きな怪我、病気、事故へとつながってしまうのです。

だからこそ、体調不良になるのは、あなたにとって必要なことなのです。

病気になることで、身体がデトックスされる

病気になると、身体からいろいろなものが出ていきます。

  • 悪寒
  • 鼻水

こういったものが身体から出ていくことで、悪いものも一緒に体外へ排出してくれるのです。

まとめ:身体の声に耳を傾けよう

私は、基本的に、体調を崩さない方です。
しかし、ディズニーランドの一件があってから、身体の声に耳を傾けることを意識しています。

痛みがあったり、ダルさがあった時には、無理せず休むようにしています。

以前は、「甘えていられない!」と考えて無理していましたが、そうやって無理することで、逆に状況を悪化させてしまうこともあるのです。

あなたがもし今、原因不明の体調不良に悩まされているなら。

それは悪いものではなく、「方向転換のサインなのかもしれない」と捉えてみて下さい。

きっと、思いもよらない気付きが得られると思います。

参考になれば幸いです。

※この記事は、病気の治療法を示唆する内容でございません。
治療については、専門のお医者様にご相談ください。
ご理解いただけますようお願い致します。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top