士業の学校:プレスクール

士業向け集客方法・売上アップ・マーケティングの情報サイト

士業の「廃業率」とは?10年後も生き残る事務所の共通点×3

士業全体では、廃業率は「60%超え」と言われています。

士業によっても数字にバラツキがあり、「税理士は6%程度」「行政書士は、独立開業して3年以内に90%以上」とも言われています。

中小企業白書にある「個人事業主」の廃業率では、

  • 1年後:27%
  • 3年後:62%
  • 10年後:88%

というデータもあります。

廃業(倒産)の原因としては、主に、以下のものが挙げられるようです。

  • (1位)販売不振(集客不足):69.2%
  • (2位)既往のしわよせ:12.4% ※経営が悪化しているにもかかわらず、対策を講じないまま資産を食い潰し、倒産に至ること
  • (3位)連鎖倒産:5.3%
  • (4位)放漫経営:5.0%
  • (5位)過小資本:4.6%

しかし、これらはあくまで「平均値」のお話です。

そのような中でも、廃業せず、10年後も20年後も生き残る士業事務所もあります。
実際、当社のクライアントでも、独立開業してすぐに集客に成功している士業事務所もあります。

その共通点が、以下の3つです。

  • (1)目標に「理由」がある
  • (2)「変化」を楽しんでいる
  • (3)「コミュニケーション」を大事にしている

「廃業率」の数字に惑わされず、「今」できることを、1つずつクリアしていきましょう。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top