士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

人生の転機になった本10選。あなたのターニングポイントになりますように。

人生の転機になった本10選。あなたのターニングポイントになりますように。

こんにちは、大林です。

今日は、私の人生の転機になった、10冊の本をご紹介します。

私の起業人生の土台となり、支えになってくれた本ばかりなので、ぜひあなたにもお読みいただけますと幸いです。

ターニングポイントには、いつも本との出会いがあった

宝島の海賊たちが盗んだ財宝よりも、本には多くの宝が眠っている。
そして何よりも、宝を毎日味わうことができる。
~ウォルト・ディズニー~

この格言にもある通り、本から得られる学びは、本当に「宝」と呼べるものばかりです。

面白いことに、同じ本を読んでも、人によって得られる学びが違います。
また、同じ本を読んでも、今読むのと、10年後に読むのとでは、得られる学びが違います。

これは、人それぞれに、その時フォーカスしているものや、興味があるもの、抱えている課題、などが異なるからです。

どういうことか?
分かりやすく説明しますね。

アンテナが立つと、その情報がどんどん入ってくる!

あなたに質問です。
あなたは今日、赤い車を何台見かけましたか?

おそらく、今日見た赤い車の数なんて、まったく覚えていないと思います。
それが普通です。

では、次に外を歩く時には、赤い車を数えてみてください。
きっと、たくさんの赤い車が見つかると思います。

これは、決して、赤い車をが増えている訳ではありません。
あなたの意識が、赤い車に向いている(フォーカスしている)ので、無意識に赤い車を探すようになるのです。

本を読む時も、これと同じです。
その時のあなたのフォーカスによって、無意識に情報を選別しているのです。

そして、その時のあなたに一番大事な学びが得られる、ということです。

人間の脳って、面白いですよね。

人生の転機になる、お勧めの本10選

(1)史上最高のセミナー

Screenshot

史上最高のセミナー

ジム・ローン、ロバート・アレンなど、世界中の著名人の話が簡潔にまとめられた一冊。自己啓発の入門書としてピッタリです。

私の人生を大きく変えた一冊が、これです。

  • ジム・ローン
  • ロバート・アレン
  • シャロン・レクター
  • マーク・ビクター・ハンセン
  • ジャック・キャンフィールド

こういった、世界の名だたる成功者の、一人ひとりの話が簡潔にまとめられた本です。

私は、この本を読んで、初めて「自己啓発」というジャンルを知りました。

そして、それぞれの著者のことをもっと深く知りたくなり、この本の著者一人ひとりの本を、手当たり次第に探して読み漁っていきました。

  • ジャック・キャンフィールド/マーク・ビクター・ハンセンの「心のチキンスープ」
  • ロバート・アレンの「億万長者入門」
  • ジム・ローンの「野心を抱け」

などなど、多くの本を知れたのは、この「史上最高のセミナー」のおかげでした。

そして、この後ご紹介する「金持ち父さん貧乏父さん」も、この本がキッカケで知り、出会えたのです。

ちなみに私は、中学生の時(14歳くらい)に、この本に出会いました。
今思えば、この本との出会いが、私の人生の最初の転機になったと断言できます。

(2)金持ち父さん 貧乏父さん

Screenshot

金持ち父さん 貧乏父さん

ロバート・キヨサキ、シャロン・レクター著。「お金の知識」を分かりやすくまとめてくれています。

「金持ち父さん 貧乏父さん」のシリーズは、何十冊も出版されています。

その中の代表作が、これです。
正直、シリーズの他の本は読まなくても、この1冊だけはぜひ読んでおくことをお勧めします。

お金に関することがいろいろ書かれていますが、私が一番衝撃を受けたのは「ESBI」という考え方でした。

ESBIというのは、「働き方による、収入の貰い方の違い」を示したものです。

キャッシュフロー・クワドラント。ESBIの図。

E=Employee
(従業員)
企業に勤めて、そこで働いた対価として、お金(お給料)を得る
S=Self employee
(自営業者)
お客様のために働いた対価として、お金(売上)を得る
B=Business owner
(ビジネスオーナー)
ビジネスを所有しており、社員が働くことでお金を得る
I=Investor
(投資家)
会社や人に投資し、その投資の利回りによってお金を得る

このように、一口に「お金を得る」といっても、働き方によって全く違った意味合いになります。

そして、この本の中では、「自由になるには、BかIにならなければならない」と書かれています。

EとSは、もし病気などで自分が働けなくなると、その瞬間に収入がゼロになってしまいます。
これは、いくら高給取りの弁護士や医者だったとしても同じです。

一方、BとIは、自分以外がお金を生み出し、その一部を権利収入のような形で受け取ることができます。
万が一、病気などで働けなくなっても、収入が途絶えることはありません。

こういった理由から、BとIが推奨されている、という訳です。

もちろん、それぞれの働き方には向き不向きがあるので、絶対にBかIを目指すべき、ということではないと感じています。

ただ、こういった、お金に対する考え方を知っておくことは、長い人生の中でとても大事なことです。

(3)賢者の書

Screenshot

賢者の書

喜多川泰 著。喜多川泰さんの本は、これ以外にも「君と会えたから」「株式会社タイムトラベル社」「手紙屋」など、素敵な本が沢山です。

ストーリー形式で、9人の賢者から1つずつ学びを得られます。

9人の賢者が授けてくれるのは、「行動」「可能性」「自尊心と他尊心」「目標」「今」「投資」「幸福」「言葉」「感謝と誕生」に関する知恵です。

この本を読んで、私がピンときた言葉は、以下のようなものです。

すべてを知っているものが賢者なのではない。全てから学ぼうとするものこそ賢者なのだ。

人生は、恵まれたカードが配られてゲームをするのが楽しいのではない。恵まれない手札を手にして、いかにゲームに勝つか。これが人生の楽しみなのだ。

君は、君の伝記を読んでいる人間が、君は将来絶対に成功する人間であると確信できるような1日にすればいいだけなのだ。

もし、これらの言葉にピンときたのであれば、ぜひ読んでみることをお勧めします。

(4)成功者の告白

Screenshot

成功者の告白

悩んでいた主人公が、成長し、大成功を果たす。その中で起こる、数々のトラブルとその解決策が書かれています。

私が、士業専門のWebマーケティングに専門特化するキッカケを与えてくれたのが、この本です。

(私が士業業界に専門特化した経緯については、以下のページをご参照ください)
>> 【リアル体験談】起業したいけど実績ゼロ?私が0から結果を出せた5Stepを暴露します

多くの本には、「成功者の良い面(光の面)」しか書かれていません。

しかし、この本には、「成功者の悪い面(影の面)」も書かれています。

例えば、「華やかに成功している経営者の華族が破綻している」「成功するにつれて、身近な人が病気になったりする」といった、不可解な現象についても、しっかり書かれています。

ある意味、「人生の地雷がどこに埋まっているのか?を教えてくれる本」と言っても、過言ではありません。

私も、ビジネスはもちろん、プライベートの面も、この本から多くを学ばせて頂きました。

(5)なぜ、ぼくのパソコンは壊れたのか?

Screenshot

なぜ、ぼくのパソコンは壊れたのか?

主人公のマユクは、家族を犠牲に仕事に励むビジネスマン。ある日、マユクのパソコンがコンピューターウイルスに感染してしまう。ウイルスからのメッセージに戸惑いながらも、マユクは、仕事と家庭の両立を目指していく

「仕事と家庭を両立させたい」
「もっと家族を大事にしたい」

そういったお考えをお持ちの方には、ぜひ読んでほしい1冊です。

『オフィスで映画を見るのがご法度なら、なんで自宅でメールを見るわけ?』

こんなメッセージが、コンピューターウイルスから届くようになる。
そして、主人公のマユクは、家庭と仕事を両立させていく。
といったストーリーです。

(6)あの世に聞いた、この世の仕組み

Screenshot

あの世に聞いた、この世の仕組み

雲黒斎(うんこくさい)著。とらえどころのない「幸せ」について、分かりやすく解説してくれています。

ちょっと毛色が変わって、スピリチュアル的な本です。

  • 幸せな人と、不幸な人の違い
  • 簡単に幸せになる方法

こういった話が、分かりやすく書かれている本です。

この本を読むと、幸せというのは「なる」ものではなく、「ある」「気付く」ものなんだ、ということが腑に落ちます。

結局のところ、ビジネスで成功しても、多くの収入があっても、「幸せになる」ということはできません。
逆に、「在り方」が分かれば、どんな状況でも幸せで居続けることができます。

図解なども入っているので、スピリチュアル系の話が苦手な人にとっても、分かりやすい内容になっています。

(7)CHANCE(チャンス)

Screenshot

CHANCE(チャンス)

犬飼ターボ 著。「星の商人」「オレンジレッスン」など、犬飼さんの本は面白くてお勧めです。

私がビジネスで悩んでいた時に、先輩起業家がお勧めしてくれた本です。

この本をキッカケに、ビジネスの悩みを解消でき、また一歩飛躍することができました。

余談ですが、「人がお勧めしてくれた本」は、非常に高確率で、良い学びが得られます。
お勧めしてくれる相手の方も、本の内容を知った上で、「この人のこの悩みの解決に役立つだろう」と思ってお勧めしてくれている訳です。

(8)「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?

Screenshot

「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?

武藤良英、荒川祐二 著。この本を読むと、後悔することがなくなります。

私が25歳くらいの時に、ものすごくキャッチーなタイトルに惹かれて購入した1冊。

「あの時やっておけばよかった」
こういう後悔をしたことって、誰にでも一度はあると思います。

逆に入れば、「あの時やっておけばよかった」という後悔が少ない人生は、幸せな人生(やりきっている人生)とも言えます。

  • 仕事で悩んでいる人
  • 転職しようか?迷っている人
  • 行動力を身に着けたい人

こういった人には、ぜひ読んでほしいと思います。

(9)より少ない生き方

Screenshot

より少ない生き方

ジョシュア・ベッカー著。ミニマリズムの考え方を書いた本ですが、ビジネスにも応用できました。

一時期、日本で「断捨離」がブームになりましたよね。
それと同じ考え方である「ミニマリズム」の考え方を、分かりやすく解説した本です。

断捨離とか、ミニマリズムとか聞くと、「要するに、片づけ本でしょ?」と思われるかもしれません。
確かに、片付けのことも書かれているのですが、それだけではありません。

「より少なくすることで、豊かになっていく」という、一般的な価値観とは真逆の価値観を知ることができます。

私はこの本を読んで、プライベートだけでなく、ビジネスにも応用できると思いました。

  • 取り扱う商品・サービスは、より少なくする
  • 多くの社員を抱えるのではなく、少数精鋭を目指す
  • 終わりのない拡大戦略ではなく、「足るを知る」戦略にする

競争社会に疑問を感じている方や、仕事で行き詰まっている方にも、ぜひ読んでほしい一冊です。

(10)ユダヤ人大富豪の教え

Screenshot

ユダヤ人大富豪の教え

本田健 著。日本では馴染みのない「お金の勉強」ができます。マンガ版もあるので、そちらもとても読みやすいです。

私が「お金の勉強」に興味を持ち始めたキッカケになったのが、この本です。

この本を読むと、「お金にも感情があり、お金に好かれた人が自動的に豊かになっていく」ことが理解できます。

心のなかでは「お金がほしい!」と思っていても、表向きには「お金持ちは悪いことをしていそう」「上手くいったあの人が羨ましい」のように否定的なスタンスでいると、お金は逃げていってしまいます。

お金を自動的に引き寄せるための考え方や、行動のポイントが、物語形式で分かりやすく書かれています。

まとめ:今日があなたの転機です

いかがでしたでしょうか。

最初にも書きましたが、読む人や、読むタイミングによって、得られる学びが違ってきます。

そしてもし、あなたがこの中のどれかにピンとくるものがあったとしたら…。
それは、このタイミングでピンとくる「何か」が必ずあります。

ピンときたということは、あなたの人生の転機が訪れているサインであり、前兆です。

あなたにとって、その本を読むベストタイミングは、「今」です。

ぜひ、ピンときた本を読んでみてください。

きっと、今のあなたに必要な学びが得られることでしょう。

参考になれば幸いです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top