士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

どんなキーワードを狙えばいい?コンテンツSEOの簡単な手順×5

どんなキーワードを狙えばいい?コンテンツSEOの簡単な手順×5

コンテンツSEOに取り組む上で、「どのキーワードを狙うか?」は、とても大事なポイントです。

今日は、事例を挙げながら、狙うべきキーワードの選び方を解説します。

コンテンツSEOの簡単な手順×5

コンテンツSEOに取り組むにあたっては、以下の手順で進めることをお勧めします。

コンテンツSEOの簡単な手順×5

ここでは事例として、障害年金ホームページのコンテンツSEOを行うとして、解説してみます。

手順1:「障害年金」に関連するワードを洗い出す

まず、以下の「Good Keyword」というツールを用いて、「障害年金」に関連するワードを洗い出します。

検索窓に「障害年金」と入れて検索することで、「障害年金 ~~」といった複合語をリストアップしてくれるツールです。

実際に「障害年金」といれて検索すると、以下のような画面が出ます。

「Good Keyword」で、関連ワードを洗い出す

この右側に、リストアップされたすべてのキーワードをコピペできる箇所があるので、ここをコピーして、メモ帳などに貼り付けておきます。

※最初に入力する単語を「審査請求」「病歴・就労状況等申立書」など、別のワードにすることで、いろいろなキーワードを取得できます。

手順2:検索数を調べる

手順1でコピーしたキーワードを、Googleキーワードプランナーにペーストして各キーワードの検索数を調べます。

実際、先ほどコピーしたものを入力すると、以下のようになります。

「Googleキーワードプランナー」で、検索数を調べる

手順3:検索数が多い順に、グーグルで実際に検索してみる

単純に考えると、検索数が多いキーワードを狙ったほうが、アクセスアップの効果が高まりますよね。

そこで、検索数の多い単語から順に、実際にGoogleで検索してみます。

例えば、「障害年金 申請」で検索すると、以下のような検索結果が出てきます。

検索数が多い順に、グーグルで実際に検索してみる

手順4:検索結果に出てきたライバルサイト(上位3つ)を見る

ここに出てくるサイトの上位3つくらいを見て、

  • 内容が充実しているか?
  • 自分は、そのサイトより分かりやすい記事を書けるか?

を判断していきます。

そうやって、

  • ライバルサイトは、ものすごく詳しく解説されていて、これ以上の内容を出すのは難しい = そのキーワードは狙わない
  • 自分のほうが分かりやすく書けそう(少なくとも、同程度の内容は書けそう) = そのキーワードを狙う

といった形で、狙うキーワードを判断していきます。

手順5:既存のライバルサイトよりも「いい記事」を書く

良さそうなキーワードが見つかったら、あとは「既存のライバルサイトよりも、いい記事を書く」必要があります。

この「何をもって”いい記事”なのか?」については、検索意図という考え方が重要になってきます。

詳しくは、以下のページでも解説していますので、ご参照下さい。

>> SEOの疑問。キーワードの数は何個が最適?の答え

まとめ

いかがでしたでしょうか。

コンテンツSEOは、突き詰めて考えていくとキリがないですが、上記のポイントを抑えておけば、大筋は大丈夫です。

何事も、「木を見て森を見ず」にならないように、大筋をおさえておくことは、とても大事ですよね。

なお、この記事と関連して、以下の記事もご覧頂くと、よりSEOに強くなれます。

>> いつやるの?今でしょ!コンテンツマーケティングの基本&コツ×5

参考になれば幸いです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top