士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

SEO対策の基本を外した2つの失敗例 & 成功のための3ステップ

SEO対策の基本を外した2つの失敗例 & 成功のための3ステップ

「ブログを毎日更新しているのに、検索上位に出てこない…」

先日、上記のような相談を受けました。

これは多くの場合、SEO対策の基本を抑えられていないからこそ起こる失敗です。

今日は、SEO対策で大事な基礎基本について、解説します。

SEO対策の基本は「検索ユーザーに役立つ情報を書くこと」

結論から言うと、SEO対策の基本であり本質は「検索ユーザーが読んで、役立つ!と思ってもらえる情報を書くこと」です。

検索エンジン(GoogleやYahoo)は、「検索ユーザーにとって役立つページを上位表示させる」ことを目指して、日々進化しています。
であれば、私たちSEO対策実践者も、同じように「検索ユーザーに役立つ情報を出す」ことに注力すべきですよね。

ブログの記事数や更新頻度も確かに大事だが…

「記事数が多ければ、それだけ上位表示されやすい」
「頻繁に更新すると、上位表示されやすい」

上記のように言われることもあります。
確かに、記事数や更新頻度も、検索順位を高める要素にはなっています。

しかし、いくら毎日更新していても、書いている内容が検索ユーザーに役立つものでなければ、検索上位には上がってこないのです。

SEO対策の失敗例×2

(1)ライバルサイトと比較して、内容が薄い…

例えばあなたが、「相続税対策 土地」というキーワードで上位表示を狙っているとします。

そして、「土地を活用して相続税対策するポイント」のようなブログ記事を書こうとしているとしましょう。

この時気をつけてほしいのが、「ライバルは、どんな内容を書いているのか?」です。

SEO対策は、ライバルとの相対関係で順位が決まってきます。
あなたが「これは役立つ!」と思って気合を入れて書いても、ライバルがそれ以上の情報を出していたら、上位表示はできません。

(逆に、あなたがサラッと書いた内容だったとしても、それ以上の情報を出しているライバルがいなければ、上位表示できることもあります。)

(SEO対策の失敗例1) ライバルサイトと比較して、内容が薄い…

つまり、「自分がどれだけ頑張って書いたか?」ではなく、結局「検索ユーザーに役立つか?」が大事である、ということです。

(2)引用ばかりでオリジナリティがない…

「他のサイトにある情報を引用しただけ」のようなページは、なかなか上位表示されません。

引用しただけなら、引用元のページを見れば済むわけなので、検索エンジンは、引用しただけのページをわざわざ上位表示させる必要がないわけです。

(SEO対策の失敗例2) 引用ばかりでオリジナリティがない…

よく見かけるのが、「助成金の情報を、ただ引用しただけのページ」や、「法改正の内容を、ただ引用しただけのページ」などです。

これらのページを増やしても、本質的な意味で検索ユーザーの役には立っていないので、上位表示できないのです。

SEO対策で成功するための3ステップ

SEO対策で成功するための3ステップ

(Step1)まず、上位表示を狙っているキーワードで検索する

はじめに、あなたが上位表示を狙っているキーワードで検索しましょう。

(Step2)ライバルサイトの内容をチェックする

検索結果に出てきたライバルサイトをチェックしていきます。

チェックすべきポイントは、以下のような内容です。

  • 情報量(検索ユーザーのニーズを満たす情報量があるか?)
  • 分かりやすさ(検索ユーザーが読んで分かりやすい内容か?)
  • 内容(どんな内容が書かれているか?)

(Step3)価値ある情報を書く

(Step2)で見つけたライバルサイトよりも、検索ユーザーにとって価値ある情報を書ければ、上位表示を達成できます。

方法としては、以下の3つです。

(方法1)ライバルサイト以上の情報量・分かりやすさの記事を書く

最初にもお伝えしたように、検索エンジンは、「検索ユーザーにとって役立つページを上位表示させる」傾向にあります。

そのため、「ライバルよりも情報が多く、分かりやすい記事」が書ければ、上位表示させることができます。

(方法2)ライバルサイトにはない、独自の視点で書く(オリジナリティ・バラエティ)

(方法1)で、「ライバルサイトよりも優れた情報を出す」とお伝えしましたが…。
とは言え、キーワードによっては、上位表示されているライバルサイトのほとんどが、かなりの情報量を出していたりするケースもあります。

そんな時には、「ライバルサイトにはない、独自の視点で書く」ことをお勧めします。

検索エンジンは、「情報のオリジナリティ」や「検索結果のバラエティ」を重要視しているので、独自の視点で書いた記事は、上位表示されやすくなるのです。

この「オリジナリティ」「バラエティ」については、以下の記事でも解説していますので、ご参照頂ければと思います。

>> いつやるの?今でしょ!コンテンツマーケティングの基本&コツ×5

(方法3)引用する時には、検索ユーザーに役立つ情報をプラスする

先ほど、「引用ばかりのページは、上位表示できない」とお伝えしました。
しかし、「引用するのがダメ」という訳ではありません。

例えば、あなたが「●●助成金が出ました!」という内容の記事を書きたいとします。
しかし、その助成金の説明ページを引用しただけでは、上位表示は期待できません。

そうではなく、例えば「新たに出た●●助成金を活用する、3つのポイントとは?」のように、引用元の情報にプラスして、あなたの意見を加えてあげるのです。

(方法3)引用する時には、検索ユーザーに役立つ情報をプラスする

こうすることで、検索エンジンが、「この情報は、ただ引用されただけでなく、検索ユーザーに役立つ情報がプラスされているから、上位表示させる価値がありそうだ」と判断してくれて、上位表示が期待できるのです。

まとめ:木を見て森を見ず、に気をつけよう

いかがでしたでしょうか。

SEO対策について調べると、「やれキーワードだ」「やれリンク獲得だ」のように、いろいろなテクニックが解説されています。

SEO対策を本業にしていない人が、これら全てを頭に入れようとするのは、正直難しいです。

ただ、SEO対策の基本となるのは、最初にお伝えした「検索ユーザーにとって役立つ情報が上位表示される」というものです。

細かいテクニックに惑わされずに、基本(本質)をおさえて取り組めば、そこまで難しいものではありません。

あなたも、この記事を参考に、SEO対策に取り組んで頂ければ幸いです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top