士業の学校:プレスクール

士業向け集客方法・売上アップ・マーケティングの情報サイト

士業が顧客満足度を高める、ちょっとしたコツ×3

士業が顧客満足度を高める、ちょっとしたコツ×3

今日は、「士業が顧客満足度を高める、ちょっとしたコツ」という話をします。

顧客満足度が上がれば、そのお客様が喜んでくれるのはもちろん、追加の依頼に繋がったり、紹介も増えます。

ぜひ活用して頂ければと思います。

エアコンクリーニング業者にヒントあり!

実は、今日お話する内容は、エアコンクリーニングの業者さんにヒントを貰って書きました。

少し前の話なのですが、夏に入る前、私の自宅のエアコンの掃除を、専門の業者さんに依頼しました。
その対応がとてもよく、私の満足度が非常に高かったので、「なぜこんなに、私の満足度が高いんだろう?」と分析したところ、以下の3つのポイントが出てきたのです。

(1)顧客の”真のニーズ”を掴む

エアコン掃除の業者さんが来た時、「2歳位のお子さんがいらっしゃいますか?」と質問されました。
おそらく、家の中にあるおもちゃを見て、子どもがいることが分かったのでしょう。

すると、「エアコンが汚れたままだと、カビとかの影響で、お子さんが喘息になりやすくなっちゃったりするんですよ。今なら無料で抗菌サービスも行ってます。少しお時間頂きますが、抗菌しても大丈夫でしょうか?」と言ってくれたのです。

私は二つ返事で「はい」とお願いしました。

そもそも、私がエアコン掃除を依頼しようと思ったきっかけが、子どものためでもあったので、その”真のニーズ”をキャッチしてくれたことがとても嬉しかったのです。

表向きのニーズは「夏になる前に、エアコンを綺麗にしたい」なのですが、その裏には、人それぞれの真のニーズが隠れているのです。

士業のもとに相談に来るお客様も、これと同じです。

表向きは「相続手続きをやってほしい」「助成金申請を代行してほしい」というニーズだとしても、その裏には、その人の真のニーズが隠れています。

それを、周囲の状況やその人の言葉から読み取って上げられると、顧客満足度が一気に上るのです。

(2)業務の成果や経過を報告する

エアコン掃除を終えた時、業者さんが「冬の間使っていないと、こんなに汚れるんですよ」と、バケツに入った黒い水を見せてくれました。

これを見て私は、「こんなに汚れてたんだ!掃除してもらって本当に良かった!」と思いました。

しかし、ちょっと待って下さい。
業者さんは、わざわざ私に、汚れた黒い水を見せなくても、「清掃終わりましたー」だけでもいいはず。
でも、それだと私が、その掃除の成果が分からないわけです。

なので、わざわざ見せる。
これだけ成果出たんですよ!綺麗になったんですよ!と見せる。
これが、顧客満足度を上げるのです。

士業も、これを応用できます。

  • どんな書類を作ったのか?どこに何を申請したのか?
  • 今、どんな作業をやっているのか?

こういったものを定期的に報告することで、「こんなにやってくれているんだ」と感謝されます。

(3)プラスアルファの仕事をする

エアコン掃除が終わると、業者さんから「他に、家のことでお困りのことないですか?」と聞かれました。

そこで私が「最近、お風呂の換気の具合が悪いみたいで…」とポロッと話すと、業者さんは「換気扇が詰まっているのかもしれないですね、ちょっと綺麗にしちゃいますね」といって、対応してくれたのです。
(しかも無料で)

このように、プラスアルファの仕事をしてもらえると、もう嬉しくて仕方ありません。

あなたも、プラスアルファの仕事を常に意識してみると、顧客満足度がグンと上がりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • (1)顧客の”真のニーズ”を掴む
  • (2)業務の成果や経過を報告する
  • (3)プラスアルファの仕事をする

この3つ、言われてみれば単純ですが、なかなか意識してできている人は少ないのではないでしょうか。

私も、このエアコン業者さんに、その大切さをあらためて教えてもらったような気がしています。

参考になれば幸いです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top