士業の学校:プレスクール

士業向け集客方法・売上アップ・マーケティングの情報サイト

よく使う単語を辞書登録して仕事時短!グーグル日本語入力の便利ワザ

よく使う単語を辞書登録して仕事時短!グーグル日本語入力の便利ワザ

仕事をしていれば、毎日必ず、メールを打ったり、文章を書いたりしますよね。

そんな時、「よく使う単語(フレーズ)」を一瞬で入力できるようにしておけば、仕事時間を大幅に短縮することも可能です。

今日は、グーグル日本語入力の「辞書登録」の機能を使った便利ワザをご紹介します。

グーグル日本語入力とは?

グーグル日本語入力は、グーグルの技術力を活かしたIME(文字入力をサポートしてくれるソフトウェア)です。

Screenshot

グーグル日本語入力

思いどおりの日本語入力。Google 日本語入力は、変換の煩わしさを感じさせない思いどおりの日本語入力を提供します。

例えば、「よろ」と入れるだけで「よろしくお願いいたします。」が自動変換で出てくるなど、日本語入力を効率化してくれます。

Web上の膨大な語句をもとに、自動変換してくれる語彙数もどんどん増えていて、非常に使いやすいソフトなのです。

辞書登録の機能とは?

そして、このグーグル日本語入力をよりパワーアップさせられるのが、「辞書登録」の機能です。

辞書登録とは、「自分がよく使う単語(フレーズ)を登録しておくと、最初の数文字を入れただけで、瞬時にその単語(フレーズ)を呼び出してくれる」という機能です。

自動変換だけでも十分仕事が効率化されますが、辞書登録も使うことで、タイピングする時間を一気に短縮できるのです。

例えば私の例で言うと、以下のような設定をしています。

  • 「じゅ」と入れるだけで、会社住所が出てくる
  • 「めーる」と入れるだけで、会社のメールアドレスが出てくる
  • 「とり」と入れるだけで、「取り急ぎ、メール拝受のご連絡のみ失礼致します。」というフレーズが出てくる

単語だけでなく、フレーズも登録できるので、長い文章でも大丈夫です。

このように、自分がよく使う単語(フレーズ)を辞書登録しておけば、入力の手間が省けるのです。

辞書登録の使い方はカンタン!

グーグル日本語入力の辞書登録の使い方は、とてもカンタンです。

まず、Googleの公式サイトから、グーグル日本語入力をダウンロードします。

グーグル日本語入力のダウンロードはこちら

次に、パソコンの画面右下に出てくる「あ」や「A」と書かれている部分を右クリックします。
(「あ」や「A」が出てこない場合には、なんでも良いので、メモ帳やワードのファイルを開いてみると出てきます)

すると、以下のような画面が出るので、その中の「辞書ツール」をクリックします。

すると、以下のような画面が出ます。
自分で登録した単語(フレーズ)は、ここに一覧で表示されます。

単語(フレーズ)を登録するには、「追加」をクリックします。

そして、「よみ」「単語」「品詞」を登録します。

  • よみ:変換前の単語を登録して下さい
  • 単語:変換後の単語を登録して下さい
  • 品詞:「人名」「形容詞」など、その言葉の品詞を選択

例えば、「よみ:おじ」と登録して、「単語:お時間ございます時にご確認頂ければ幸いです。」と登録したとします。
こうすると、「おじ」と入れるだけで、「お時間ございます時にご確認頂ければ幸いです。」というフレーズが出てくる、という設定になります。

あとは、追加したい単語(フレーズ)が出てくる度に、ここに登録していくだけでOKです。
これだけで、自動変換の機能がどんどん強化されていきます。

「こんな単語(フレーズ)を登録すると役立つよ!」お勧め設定

以下に、私が設定している単語で、「これを設定しておくと、入力が楽になる!」というものを、いくつかご紹介します。
















































よみ単語

めーる

自分のメールアドレス

でん

会社・事務所の電話番号

じゅ

会社・事務所の郵便番号と住所

こん

今後ともよろしくお願いいたします。

いつ

いつもお世話になっております。

おい

お忙しいところ恐れ入りますが、

おじ

お時間ございます時にご確認頂ければ幸いです。

とり

取り急ぎ、メール拝受のご連絡のみ失礼致します。

それ

それでは、ご返信をお待ちしております。

ごふ

ご不明点などございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

いま

今しばらくお待ちいただけますようお願い致します。

これ以外にも、自分の氏名や、よく使う人名、地名などを登録しておくと便利です。

まとめ

グーグル日本語入力の辞書登録の機能は、非常にシンプルです。

すごく地味なツールとも言えますが、塵も積もれば山となる、です。

辞書登録を使いこなして、1日30分だけでも時間を短縮できたら、1年で30分×365日=10950分。
時間に換算すれば、182.5時間。
日数に換算すれば、なんと約7.6日もの時間を節約できることになります。

1週間まるまる節約できるわけなので、やらない手はないですよね。

ぜひ、辞書登録を使いこなして頂ければと思います。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

3 × 5 =

Return Top