士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

リスティング広告は効果ない?諦めないための改善ポイント×2

リスティング広告は効果ない?諦めないための改善ポイント×2

「PPC(リスティング広告)は効果がないと聞いたのですが…」
「リスティング広告に挑戦してみたけど、集客できなかったので諦めてしまいました…」

上記のようなご相談をいただくことが、よくあります。

そこで今日は、リスティング広告の効果が出ない原因と、その解決策をご紹介します。

(原因1)Webサイト(ホームページ)の内容が、見込み客に刺さっていない

PPC(リスティング広告)は、広告の設定だけを改善しても、なかなか効果が出ないことがあります。

それは、「Webサイト(ホームページ)にも原因があるから」です。

リスティング広告は、Webサイトにアクセスを集めるための手段でしかありません。

Webサイトの内容が、広告をクリックしてきた見込み客に刺さる内容になっていないと、問合せは増えないのです。

多くのWebサイトは、「穴だらけのバケツ」状態

これは、

  • Webサイト=バケツ
  • アクセス=水

に例えると、分かりやすく理解できます。

多くのWebサイトは、文章がしっかり練られておらず、言ってみれば、「穴だらけのバケツ」状態です。

ここに水を注いだらどうなるか?
当たり前ですが、水はどんどん漏れてしまって、溜まらないですよね。

ホームページ集客のイメージは、「バケツ」と「水」に似ている

では、バケツに水を貯めるには、どうすればいいか?
そう、穴を塞げばいいのです。

  • 先に、Webサイトの穴を塞ぐ
  • その後に、アクセスアップ対策をする

この流れで改善することで、スムーズに問合せを増やせるのです。

では、Webサイトのどこを優先して改善すればいいのか?

改善ポイントは多々ありますが、その中でも特に優先度の高い改善ポイントを2つご紹介します。

(Webサイト改善のポイント1)キャッチコピー

Webサイトの反応を大きく左右するのは、キャッチコピーです。

キャッチコピーは、見込み客が最初に目にする部分です。

キャッチコピーで、見込み客に

  • 自分の悩みが解決できそうだ!
  • もっと詳しく知りたい!

と思ってもらえるかどうか?が大事なのです。

なお、キャッチコピーのポイントは、以下のページでまとめていますので、ぜひご参照ください。

>> キャッチコピーの作り方&考え方のスベテ。事例も紹介。

(Webサイト改善のポイント2)文章内容

見込み客は、Webサイトのデザインを見て、ライバルとあなたを比較しているのではありません。

(当たり前ですが、「こっちのホームページのほうが、デザインが綺麗だから、こっちに依頼しよう!」という人はいないのです。)

見込み客は、Webサイトに書かれている文章を読んで、ライバルとあなたを比較しているのです。

つまり、文章で、あなたの価値を100%伝え、見込み客を動かせるかどうか?が重要なのです。

文章の書き方のポイントは数多くありますが、その中でも、初心者の方にも実践しやすい、効果的な文章の流れをご紹介します。

集客力を高める文章構成「PASONAの法則」とは?

ここでご紹介するのは、「PASONA(パソナ)の法則」という、集客力を高めやすい文章の書き方です。

PASONA(パソナ)の法則とは、次の項目の頭文字をとった文章の流れのことです。

流れ 意味 文章例
P:Problem 問題提起
(見込み客が抱えている悩みを提示)
あなたは、こんなことでお悩みではありませんか?
A:Agitation 見込み客の悩みを指摘し、煽る その悩みをそのままにしておくと、こんなデメリットがあります。
So:Solution 解決策を提示する その解決策となるのが、当事務所が提供している、●●サービスです。
N:Nallow Down 今すぐ行動すべき理由
(緊急性、限定性)
毎月3名限定とさせていただいております。
A:Action 具体的な行動を促す まずは、お電話でお問い合わせください。

これを、創業融資に置き換えてみると、以下のような文章になります。

(実際には、各要素の文章はもっと長くなりますが、ここでは、流れを分かりやすく解説するために、簡易的な文章でご紹介します。)

P:Problem あなたは、「創業融資を受けたいけど、初めてで何をすればいいか?分からない…」と、お悩みではありませんか?
A:Agitation 創業融資を獲得するには、コツがあります。コツが守られていないと、融資額が減ってしまったり、融資が受けられないこともあるのです。
So:Solution その解決策となるのが、当事務所が提供している、創業融資サポートです。
N:Nallow Down お客様の利益に最大限貢献するため、毎月3名限定とさせていただいております。
A:Action まずは、無料相談をご予約ください。

効果的な文章の流れが伝わったでしょうか?

あなたのWebサイトの文章も、このPASONAの法則に合わせて、改善してみてくださいね。

(2)リスティング広告の設定に不備がある

リスティング広告は、管理画面が分かりづらいのが曲者です。

初心者の方にとっては、かなり難解で、とりあえず設定してしまうと、無駄な広告費を垂れ流してしまうことにもなりかねません。

ここでは、初心者の方でもすぐ実践できる改善のポイントを、3つご紹介します。

(リスティング広告改善のポイント1)キーワードのマッチタイプ設定

以下のデータは、以前当社に相談に来られた、とある行政書士事務所のリスティング広告のデータの一部です。

(この事務所は、「就労ビザの申請代行」サービスを集客するために、リスティング広告を使っています)

とある行政書士事務所のリスティング広告のデータ(一部)

就労ビザの申請代行のサービスを売りたいわけなので、本来であれば、例えば

  • 就労ビザ 申請
  • 就労ビザ 代行

のようなキーワードで検索された時に広告を表示させて、クリックしてほしいですよね。

しかし、上記の実際のクリックデータを見ると、

  • 日本 ビザ 期間
  • 日本 ビザ 写真

など、依頼につながらないキーワードでも広告が表示されてしまい、無駄な広告費を使ってしまっていることが分かります。

これでは、効果が高まらないのは当然ですよね。

ではなぜ、こういったことが起きてしまうのか?

その原因は、「キーワードのマッチタイプ設定」にあります。

キーワードには「マッチタイプ」という設定が必要で、マッチタイプの設定の仕方によっては、無駄なキーワードにも広告が表示されてしまい、広告費を垂れ流してしまうことがあるのです。

例えば、「税理士 相談」というキーワードを設定したとすると、マッチタイプの違いによって、以下のような違いが出てくるのです。

キーワードのマッチタイプ

キーワードのマッチタイプのお勧めは、

  • 絞り込み部分一致
  • フレーズ一致

のどちらかです。

マッチタイプについては、以下の記事で詳しく解説していますので、ご参照ください。

>> 【保存版】PPCキーワードのマッチタイプの違いと、お勧め設定を解説

(リスティング広告改善のポイント2)広告文が、見込み客に刺さっていない

リスティング広告は、広告文の書き方で、効果が大きく違ってきます。

初心者の方がよくやってしまいがちなのが、「~~社労士事務所」のような、事務所名を入れてしまうパターンです。

なんとなく、チラシと同じイメージで設定すると、こういったミスをしてしまいがちなのですが…

見込み客の立場で考えてみると、事務所名が書かれていても、クリックしたい!とは思いませんよね。

では、どうすればいいのか?
分かりやすいように、広告文の良い例・悪い例を以下に並べて比較してみたいと思います。

以下に、社会保険労務士事務所のリスティング広告の広告文を2つ、ご紹介します。

あなたが「障害年金を申請したい」と思って検索したとして、どちらの広告をクリックしたいですか?

あなたが「障害年金を申請したい」と思って検索したとして、どちらのリスティング広告をクリックしたい?

明らかに、右側の広告文ですよね。

障害年金関連のキーワードで検索してくる人は、何よりも「自分は障害年金を貰えるか?」が気になって仕方がないわけです。

つまり、広告文も、そこに訴求することでクリックされやすくなる、ということです。

当たり前ですが、顧客の立場で「クリックしたくなる広告文か?」を考えましょう、ということですね。

あなたの広告文は、見込み客が見て、クリックしたくなる表現になっていますか?
ぜひチェックしてみてくださいね。

(リスティング広告改善のポイント3)コンバージョン設定ができていない

あなたは、コンバージョン設定を正しく行えていますか?

コンバージョン設定とは?

「リスティング広告を経由してきた問合せを測定・分析できる設定」のこと

これだけでは分かりづらいと思うので、例を挙げて解説します。

以下は、コンバージョン設定をした場合の広告データです。

コンバージョン設定をした画面(一例) コンバージョン設定のメリット

このように、コンバージョン設定をすることで、問合せ数を測定できるのですね。

つまり、コンバージョン設定をすることで、

  • どのキーワードの費用対効果が高いのか?
  • どのデバイス(PC、スマホ)から問合せが来たのか?
  • どの広告文の効果が高いのか?
  • どの時間帯に広告を出すとパフォーマンスがいいのか?

などを正確に判断し、効率よく改善していくことができるのです。

例えば、「PCよりスマホのほうが費用対効果が良いから、PCへの配信は弱めにして、スマホに多く配信されるように調整しよう」のように使うこともできます。

もし、コンバージョン設定をしていないとしたら、「目隠しをして運用改善するしかない(当てずっぽうで対応するしかない)」状態といっても過言ではないのです。

リスティング広告を始めたばかりの初心者の方は、このコンバージョン設定を見落としていることが多く、非常にもったいないです。

以下に、Google広告とYahooプロモーション広告のコンバージョン設定のヘルプページをご紹介しますので、こちらを参考に、コンバージョン設定をすることをお勧めします。

>> 「Google広告」のコンバージョン設定はこちら
>> 「Yahooプロモーション広告(検索広告)」のコンバージョン設定はこちら
>> 「Yahooプロモーション広告(ディスプレイ広告:YDN)」のコンバージョン設定はこちら

まとめ

リスティング広告は、初心者の方にはハードルが高いと思われがちです。

しかし、上記のような基本的なポイントを押さえていれば、早い段階で高い効果を得ることもできるのです。

ぜひあなたも、「食わず嫌い」になることなく、リスティング広告にチャレンジして頂ければと思います。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top