士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

ホームページの集客力UPに効く文章の書き方。ポイントは「3つのNot」です

ホームページの集客力UPに効く文章の書き方。ポイントは「3つのNot」です

ホームページは、そこに書く文章の違いで、集客力が大きく違ってきます。

ただ、「どんな文章を書けばいいのか?分からない…」とお悩みの方も、多いと思います。

そこで今日は、「3つのNot」というポイントについて、解説します。

お客様の「3つのNot」とは?

お客様は、

  • Not read(読まない)
  • Not believe(信じない)
  • Not act(行動しない)

という、「3つのNot」という心理を抱えています。

お客様の「3つのNot」とは?

当たり前と言えば当たり前なのですが…。

ホームページを見たお客様にとって、あなたという人間は、「初めて見た人」なわけです。

つまり、あえて強い言葉を使って言うなら、「最初の段階では、あなたは、お客様にまったく信用されていない」と言えます。

(あなたも、ネット上で見かけただけの人に、いきなり「自分の悩みを相談したい!」とは思いませんよね。お客様も、それと同じ心理なのです。)

あなたのことを信用していないからこそ、お客様は、

  • Not read ⇒ あなたのホームページの内容を隅から隅まで読んでくれない。
  • Not believe ⇒ あなたのホームページの内容を信じていない。
  • Not act ⇒ あなたに相談しよう!お問い合わせしよう!と行動してくれない。

のです。

つまり、ホームページでは、あなたのことを全く信用していないお客様の「3つのNot」を打ち消さなければいけない、ということになります。

お客様の「3つのNot」を打ち消す!【マクスウェル・サックハイムの4つの質問】

それでは、どうすれば、お客様の「3つのNot」を打ち消せるのか?

そのために使うのが、【マクスウェル・サックハイムの4つの質問】というものです。

【マクスウェル・サックハイムの4つの質問】というのは、1900年代前半、米国で活躍した広告マンのマクスウェル・サックハイム氏が考案したものです。

具体的には、以下の4つになります。

マクスウェル・サックハイムの4つの質問

  • (1)なぜ、あなたの話を聞かなければならないのか?
  • (2)なぜ、あなたの話を信用しなければならないのか?
  • (3)なぜ、行動しなければならないのか?
  • (4)なぜ、今、行動しなければならないのか?

マクスウェル・サックハイムの4つの質問

これらの質問への答えが、あなたのホームページ上に用意されていない限り、お客様は行動してくれなくなります。

逆に言えば、これらの質問への回答が、あなたのホームページ上に書かれていれば…

お客様は「この事務所にぜひお願いしたい!相談したい!」と思ってくれて、お問い合わせが増えます。

(1)なぜ、あなたの話を聞かなければならないのか?

この質問をクリアするには、例えばホームページ上に

  • 将来起こりうるデメリット(あなたに相談しなかった時に起こりうるデメリット)

を書くことが、とても重要です。

書き方の一例

例えば、税理士なら
適切な税務申告をしていないと、数百万円~数千万円もの追徴課税を課されることもあります。

例えば、離婚相談サービスなら
受け取れるはずだった財産を受け取れなかったり、請求できるはずだった慰謝料を請求できていなかったり、支払わなくていいものまで支払ってしまうケースもあります。

(2)なぜ、あなたの話を信用しなければならないのか?

この質問をクリアするには、例えばホームページ上に

  • お客様の声や推薦者の声などの社会的証明

を書くことが、とても重要です。

(3)なぜ、行動しなければならないのか?

この質問をクリアするには、例えばホームページ上に

  • お客様が得られるメリット

を書くことが、とても重要です。

書き方の一例

例えば、相続税対策サービスなら
私たちがサポートしたことで、相続税が最大3000万円も減った実績があります。

例えば、離婚相談サービスなら
請求できる慰謝料をきちんと請求することができます。場合によっては、「慰謝料0円⇒150万円にアップ」といったケースもあります。

(4)なぜ、今、行動しなければならないのか?

この質問をクリアするには、例えばホームページ上に

  • 緊急性
  • 限定性

を書くことが、とても重要です。

書き方の一例

例えば、税務顧問サービスなら
サービスの質を落とさないため、最大30社までしかお引き受けできません。お悩みであれば、今すぐご連絡下さい。

例えば
お客様ひとりひとりに親身に対応するため、1ヶ月あたり10名までしかお引き受けできません。お悩みであれば、今すぐご連絡下さい。

【マクスウェル・サックハイムの4つの質問】に答えるためには、まずあなたの強みを発掘すべし!

  • (1)なぜ、あなたの話を聞かなければならないのか?
  • (2)なぜ、あなたの話を信用しなければならないのか?
  • (3)なぜ、行動しなければならないのか?
  • (4)なぜ、今、行動しなければならないのか?

この4つの質問への回答は、事務所それぞれによって異なってきます。

あなたには、他とは違う、あなたの強み・特徴がありますので、それを伝えていかなければいけない、ということです。

つまり、【マクスウェル・サックハイムの4つの質問】に答えるためには、あなたがあなた自身の強みを理解しておく必要があるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

結局のところ、ホームページの文章というのは、「それを読むお客様の心理から逆算して書かなければならない」ということです。

書きたいことばかり書いていてもダメ、ということです。

あなたのホームページの文章は、お客様の「3つのNot」を解消できていますか?

ぜひ、見直してみてくださいね。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top