士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

その文章、顧客に刺さってる?HPのターゲティングを尖らせる方法

その文章、顧客に刺さってる?HPのターゲティングを尖らせる方法

ホームページは、文章の違いで、集客力が大きく違ってきます。

あなたが集客したい顧客(ターゲット)に合わせた文章作成法を、具体例を挙げて解説します。

(事例)一口に「創業支援」と言っても…

例えば、あなたが、創業支援サービスを扱っているとします。

この場合、一口に「創業支援」と言っても、集客したい顧客(ターゲット)に合わせて、文章を変える必要があるのです。

顧客の「価値観」に合わせて、ホームページの文章を変えよう

「会社を大きくしたい!」拡大思考の顧客をターゲティングするなら

例えばあなたが、「会社を大きくしたい!社員も増やしたい!」という、拡大思考の顧客を集客したいとしましょう。

その場合には、例えば

  • 経営計画の作成もサポートします
  • 採用支援も行います
  • 社員教育もお任せ下さい
  • 人事制度の構築もできます

のように、拡大思考の人に合わせた見せ方にしていく必要がありますよね。

また、サービスの見せ方も「経営に集中できるよう、右腕としてサポートします」のような見せ方のほうが、刺さるものと考えられます。

「家族の時間を優先したい」ライフ・ワーク・バランス重視の顧客をターゲティングするなら

一方、あなたが、「家族の時間も大切にしたい」「一人でやりたい」といった、ライフ・ワーク・バランス重視に顧客を集客したい場合には。

先ほどのような「採用支援」「人事制度」のような内容は、はっきり言って、無駄な記述になってしまいます。

むしろ、これらが書いてあることで、顧客に「私はそういうサービスを求めてるんじゃないんだよな~、この事務所はちょっと自分が求めているものと違うな」と思われてしまう可能性もあります。

そうなると、例えばサービスの見せ方も、「一人でやると手が回らなくなって、家族の時間も奪われてしまうので、そこを記帳代行でサポートします」など、顧客が重視している価値観(この場合は、家族の時間)に紐づけて書いてあげるのがベターです。


上記のように、集客したい顧客によって、「重視している価値観」が違ってきます。

この価値観に沿った文章にすることで、より刺さる(尖った)訴求になり、ホームページの集客力もアップするのです。

顧客の価値観に寄り添う文章を書く、3ステップ

顧客の価値観に寄り添う文章を書く、3ステップ

(Step1)あなたが集客したい顧客を決める

何よりもまず、「あなたが、どんな顧客を集客したいのか?」が重要です。

ここで大事なのは、会社規模や売上のような数字ではなく、「どんな価値観を持っている人を集客したいのか?」です。

  • どんなビジョンを持っている人に、お客様になってほしいのか?
  • あなたが大切にしている価値観は何か?(あなたと価値観が合う人は、優良顧客と言えます)

これらを考えてみて下さい。

(Step2)既存客や、顧客候補にインタビューする

あなたが集客したい顧客のイメージが固まったら。

次は、そのイメージに近い既存客や、顧客候補の方と話す機会を持ちましょう。

実際に話を聞くことで、

  • どんな価値観を持っているのか?
  • どんなビジョンを目指しているのか?
  • どんな悩み、要望があるのか?(←サービス内容に反映させたりできます)

が、より明確に見えてきます。

(Step3)文章・サービスに反映させる

インタビュー内容をもとに、ホームページの文章を、集客したい顧客の「価値観」に刺さるように改善していきましょう。

また、(Step2)でインタビューした「どんな悩み、要望があるのか?」で出てきた悩みや要望を解決できるサポートを、サービスに組み込みましょう。

そうすることで、サービスの魅力も格段にアップします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

価値観がズレた文章は、相手に「言ってることは分かるけど、なんか違う…」という印象を与えてしまいます。

逆に、価値観が合う文章は、「そうそう!それを求めていたんだよ!」と、相手が前のめりで話を聞いてくれるようになります。

ぜひ、あなたのホームページの文章改善にお役立てくださいね。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top