士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

メタキーワード&メタディスクリプションの疑問に終止符。書き方や効果など徹底解説

メタキーワード&メタディスクリプションの疑問に終止符。書き方や効果など徹底解説
メタキーワードには、何を書けばいいんですか?
メタディスクリプションをこう書いてみたんですが、どうでしょうか?

上記のような相談を受けることが多いので、今日は、メタキーワードとメタディスクリプションについて解説します。

SEO対策でお悩みの方は、ぜひご参照下さい。

メタキーワードについて

メタキーワードとは?

ウェブサイトの各ページには、メタキーワードと呼ばれるものを設定できます。

以前は、「メタキーワードを入力することで、上位表示されやすくなる」と言われていました。

(後述しますが、現在は、メタキーワードは検索順位の決定要素にはなっていません)

メタキーワードの書き方

メタキーワードは、ウェブサイトのhead要素内に書きます。

設定したいキーワードを、以下のようにカンマ区切りで入力します。

例えば、「新宿 税理士」と入力したいのであれば、以下のように書けばOKです。

数は、多くても3~4個程度が推奨されています

メタキーワードの確認方法

メタキーワードが設定されているか?確認するには、該当のページで「右クリック⇒ソースを表示」をクリックしてください。

その中に、<meta name=”keywords” content=”~~” />という記述があるか?を確認して下さい。
これがメタキーワードです。

メタキーワードの確認方法

メタキーワードの効果

以前は、「メタキーワードを入力することで、そのページが、どのキーワードで上位表示されてほしいか?を検索エンジン(クローラー)に伝えることができ、上位表示に効果がある」と言われてました。

しかし、現状は、「メタキーワードを設定しても、上位表示には影響しない」ようになっています。

実際、Googleは「検索順位の決定に、メタキーワードの要素は加味しない」と発表しています。

(リンク先は英語です)
>> Google does not use the keywords meta tag in web ranking

つまり、メタキーワードを設定したからと言って、「そのキーワードで上位表示されやすくなる」という訳ではないのです。

なぜ、検索順位の決定要素として加味されなくなったのか?

理由としては、以下のものが考えられます。

なぜ、メタキーワードは、検索順位の決定要素として加味されなくなったのか?

(理由1)メタキーワードを悪用する人が増えてしまった

以前は、「メタキーワードを入力すると、そのキーワードで上位表示されやすくなる」効果がありました。

しかし、これを悪用して、メタキーワードにキーワードを詰め込んだりして、検索エンジンが意図しない、過剰なSEO対策が横行するようになってしまいました。

これにより、検索エンジンも「メタキーワードを検索順位の決定要素にするのは、適切ではない」と判断したものと考えられます。

(理由2)検索エンジンが進化し、ページ内容を正確に読み取れるようになった

検索エンジンは、どんどん進化を続けています。

今では、ページ内容を、かなり正確に把握できていると言われています。

つまり、検索エンジンは、メタキーワードがなくても、ページの内容を正確に評価できるようになったのです。

これも、メタキーワードが検索順位の決定要素から外された理由と言えます。

メタキーワードを設定する意味

では、メタキーワードを設定する意味はないのか?

と言うと、私は個人的に、「設定する意味はある」と考えています。

例えば私は、検索ユーザー(いわゆる、ペルソナ)をイメージしながら記事が書けるように、あえてメタキーワードを設定しています。

こうすることで、後日、その記事に追記などする際にも、「あ、こういう人に向けて書いた記事だったな」と思い出せるからです。

メタキーワードを設定する意味

なぜ、検索ユーザー(ペルソナ)を意識する必要があるのか?
と言うと、後述する「検索意図」の関係です。

つまり、「上位表示のため」というより、「検索ユーザー(ペルソナ)を明確にイメージして、その人に必要な情報を書いてあげるため」「それが、結果的に上位表示につながるため」に、メタキーワードを設定しています。

メタディスクリプションについて

メタディスクリプションとは?

各ページには、メタディスクリプションと呼ばれるものを設定できます。

メタディスクリプションを設定すると、検索結果のタイトル下に表示されます。

ざっくり言うと、「そのページの内容の要約文」のようなイメージです。

メタディスクリプションとは?

メタディスクリプションの書き方

メタディスクリプションは、ウェブサイトのhead要素内に書きます。

例えば、新宿にある税理士事務所なら、以下のように入力します。

メタディスクリプションの文字数は?

メタディスクリプションは、検索結果上では

  • パソコン表示の場合:120文字程度が表示される
  • スマートフォン表示の場合:50文字程度が表示される

ようになっています。

これ以上の文字数は、「…」になってしまい、末尾が省略されてしまいます。

メタディスクリプションの文字数は?

そのため、上記の文字数以内に収め、特に伝えたい内容は文頭の方に書くのがベターです。

メタディスクリプションの確認方法

メタディスクリプションが設定されているか?確認するには、該当のページで「右クリック⇒ソースを表示」をクリックしてください。

その中に、<meta name=”description” content=”~~” />という記述があるか?を確認して下さい。
これがメタディスクリプションです。

メタディスクリプションの確認方法

メタディスクリプションの効果

以前は、「メタディスクリプションを入力することで、そのページが、どんな内容なのか?を検索エンジン(クローラー)に伝えることができ、上位表示に効果がある」と言われてました。

しかし、今は、上位表示の指標としては使われていない、と発表されています。

加味されなくなった理由は、前述のメタキーワードと同じく、

  • (理由1)メタディスクリプションを悪用する人が増えてしまった
  • (理由2)検索エンジンが進化し、ページ内容を正確に読み取れるようになった

といった理由が挙げられます。

メタディスクリプションを設定する意味

メタディスクリプションは、確かに「検索順位の決定要素ではない」です。

しかし、「検索ユーザーがクリックするかどうか?に大きく影響する」ので、設定する意味は大きいと言えます。

簡単に言えば、「検索ユーザーが検索結果でその文章を見た時に、思わずクリックしたくなる文章」にするのがベターと言えます。

例えば、こちらのサンプルサイトは、「”新宿 税理士”で検索された時に上位表示されることを狙っている」という想定で、メタディスクリプションを設定しています。

そのため、メタディスクリプションでも、最初に『東京都新宿区の~』と記載しています。

メタディスクリプションを設定する意味

これにより、検索ユーザーに「あ、ここは自分が探している、新宿の税理士のホームページだ」と気付いてもらえます。
結果、クリック率を高める効果が期待できる、ということです。

他にも例えば「伝えたい強みを優先的に文頭に書く」などしたほうが、より効果的になります。

メタディスクリプションの注意点

(注意点1)各ページでオリジナルにする

Googleのマット・カッツ氏は、以下のように話しています。

メタディスクリプションはページ個別に設定するか、または何も入れないかのどちらかです。

(詳細は、以下の動画にて:英語です)

よって、メタディスクリプションは、

  • 書くなら、各ページでオリジナルの内容を書く
  • 書かないなら、空欄にしておく

のがベターと言えます。

(注意点2)設定しても、必ず検索結果の説明文に反映されるとは限らない

先程、「メタディスクリプションは、検索結果の説明文の箇所に表示される」とお話しました。

しかし、これは100%確実ではありません。

検索エンジンが、検索ユーザーにとって最適な文章に書き換える可能性があるのです。

そのため、「設定しても、必ず検索結果の説明文に反映されるとは限らない」ということを覚えておきましょう。

(注意点3)設定しても、すぐには反映されない

検索エンジン(クローラー)が回ってくるまでに、時間がかかります。

そのため、メタディスクリプションを設定しても、検索結果にはすぐに反映されず、タイムラグがあります。

では、SEOで大事なのは何なのか?

ここまでで、メタキーワードとメタディスクリプションについて、解説してきました。

つまり、簡単にまとめると「メタキーワードとメタディスクリプションは、検索順位の決定要素ではない」ということです。

では、SEO対策で大事なことは、いったい何なのか?
上位表示するためには、どうすればいいのか?

その鍵となるのが、ズバリ、「検索意図」というものです。

検索意図とは?

そのユーザーが、何を知りたくて検索しているのか?の意図のこと
(検索ユーザーのニーズ、とも言えます)

つまり、「ユーザーの検索意図を理解して、それにピッタリ合ったページを作る(文章を書く)ことで、上位表示を目指せる」ということです。

検索意図については、以下のページで詳しく解説していますので、合わせてご参照下さい。

>> SEO対策に必須の「検索意図」とは?上位表示するためのコンテンツ作成法

まとめ

メタキーワードやメタディスクリプションというのは、あくまでサブ的な要素と言えます。

本質は、上述したように、「検索ユーザーにとって、役立つページ(サイト)になっているかどうか?」「検索ユーザーの検索意図を理解し、適切な文章が書けているか?」です。

小手先のテクニックに振り回されず、この本質をおさえて、SEO対策に励んで頂ければと思います。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top