士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

代表挨拶のページに載せるべき、5つのコンテンツ

代表挨拶のページに載せるべき、5つのコンテンツ

士業のホームページにおいて、「代表挨拶(代表プロフィール)」のページはとても重要です。

士業は、言ってみれば「人が商品」のビジネスですので、お客様も「その先生がどんな人なのか?」をよく見ています。

実際、下の画像にもあるように、弊社のクライアントのホームページでも、「代表挨拶」のページは、お客様によく見られる人気コンテンツ第3位に入っています。

ここでは、「代表挨拶のページに載せるべき5つのコンテンツ」についてまとめます。

代表挨拶(代表プロフィール)に載せるべきコンテンツ×5

(1)写真

写真は、士業ホームページにおいて必須のコンテンツです。

写真を 載せるだけで「どんな先生なのか?」という雰囲気を伝えることができます。

また、お客様を安心させる効果もあります。

まれに、似顔絵がのっていたり、私服の写真が掲載されている場合がありますが、反応が下がりますので気をつけましょう。

  • スーツ姿
  • カメラ目線
  • 笑顔

この3つに気をつけて撮影しましょう。

なお、デジカメなどでご自身で撮影するのではなく、やはりプロのカメラマンに撮影してもらうことをお勧めします。

光の加減などで、印象が全く変わってしまいます。

しっかりした写真を載せておくことで、お客様にも「ちゃんとした事務所だ」と感じてもらうことができます。

士業のホームページに載せるべき写真については、以下の記事もご参照ください。

>> 士業がホームページに載せるべき写真×9。事務所を見える化して問合せ率アップ!

(2)苦労話

たんたんと自己紹介が書いてあっても、お客様には響きません。

人間は、「苦労話に共感する」ものです。

多くの映画やドラマ、創業者のストーリーなども、「苦労話」があるからこそ共感でき、面白いのです。

(最初から最後まで、主人公が全く苦労せずに成功ばかりの映画があったとしたら、あなたも見たくないですよね)

あなたも、これまでにいろいろな苦労があったと思います。

  • 試験の時の苦労
  • 独立開業の時の苦労
  • 仕事をしている上での苦労

こういった苦労話を、自己紹介の中に書きましょう。

(3)理念、その理念に至った理由

あなたには、それぞれに理念があると思います。

理念は、代表挨拶のページに書くのがベターです。

まれにトップページの一番上に理念がデカデカと書かれているホームページを見かけますが、これはマイナスになります。

ホームページを見たばかりのお客様は、残念ながらまだ、その事務所の理念を読みたいわけではありません。

(あなたも、見ず知らずの人に「私の理念は~」といきなり話しかけられたら、困惑しますよね。それと同じようなイメージです。)

お客様が最初に知りたいのは「自分(お客様自身)が得られるメリット」です。

つまり、「ここの事務所は、自分の悩みを解決してくれるのか?」です。

ですので、まずは

  • 事務所の特徴や強み
  • 今までの実績
  • 社会的証明(お客様の声など)

といったコンテンツを掲載し、お客様に「あ、この事務所は自分の悩みを解決してくれそうだ」と感じてもらう必要があります。

その後、お客様が「ところで、どんな先生がやっているんだろう?」と思って代表挨拶のページを見た時に理念が書かれていると、「この先生なら信頼できそうだな」と感じてもらうことができ、お問い合わせにつながる。

こういう流れを作ることが大切です。

理念はいきなり伝えても、お客様には響きません。

代表挨拶のページで伝えることで、お客様の信頼を得ることができます。

なお、理念については、以下の記事も参考になります。

>> 経営理念の作り方。明確な”Why”は、圧倒的な差別化要因になる!
>> 経営理念が果たすべき、3つの仕事とは?プロに聞いたポイントをシェアします

(4)事務所名の由来など、「感情的に」伝えたいこと

理念と同じように、例えば「事務所名の由来」なども、代表挨拶のページに書くのがベターです。

これも先程と同様、トップページの目立つところに事務所名の由来などの「感情に訴えかける」コンテンツを書いてはいけません。

お客様が最初に知りたいのは「自分が得られるメリット」です。

それを伝えた後に、感情に訴えかけるコンテンツ、という流れがベターです。

(5)経歴、資格

あなたの経歴や、資格も代表挨拶のページに書いておくことをお勧めします。

他にも、

  • 出身地
  • 居住地
  • 学歴
  • 職歴

なども書いておくと、共通点のあるお客様に親近感を感じてもらえます。

(例えば、「出身地が一緒」というのは、親近感を感じてもらいやすくなります)

また、士業以外の資格をお持ちの方もいらっしゃると思います。

その資格も、ここに書いておくことをお勧めします。

(日本人は、「資格を持っている人=信頼できる」という感覚が強いので、効果的です)

「資格」は、ただ書くだけでは意味がない

ちなみに、「資格」「認定」などは、ただ書くだけでは意味がありません。

(例えば、「当事務所は、経営革新等支援機関です」と書くだけでは、集客力はアップしません)

顧客に刺さる文章を書くには、ベネフィットライティングという文章テクニックがお勧めです。

以下の記事で詳しく解説していますので、ご参照ください。

>> 強みの書き方:誰でも5ステップでできる実践例を紹介

まとめ

なにげない代表挨拶(代表プロフィール)のページですが、前述したように、書き方や内容など、ポイントが複数あります。

  • (1)写真
  • (2)苦労話
  • (3)理念、その理念に至った理由
  • (4)事務所名の由来など、「感情的に」伝えたいこと
  • (5)経歴、資格

あなたもぜひ、これらのコンテンツを取り入れてみてくださいね。

参考になれば幸いです。

なお、以下の記事でも「プロフィールの書き方」を解説していますので、合わせてご覧ください。

>> 【事例あり】効果的なプロフィールの書き方。絶対いれたい9項目を解説

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top