士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

ホームページに何を書くべき?商品(サービス)説明より大事なこと

ホームページに何を書くべき?商品(サービス)説明より大事なこと

「ホームページに、何を書けばいいんだろう?」

こういった疑問を解消するヒントになればと思い、今日は「ホームページに書くべき内容」について解説します。

実は、商品(サービス)説明より大事なことがあるので、ぜひ参考にしてください。

お客様は、あなたのサービス自体には、まったく興味がない

大事なことなので、最初にお伝えしておきます。

それは、「お客様は、あなたのサービス自体には、まったく興味がない」ということです。
(言葉はアレですが…^^;)

より正確に言うと、「お客様は、サービス自体に興味があるのではなく、それによって得られるメリットが欲しい」のです。

ホームページに何を書くべき? 商品(サービス)説明より大事なこと

分かりやすいように、一つ例を挙げて解説しましょう。

例:ライザップのCM

ライザップのCMを思い浮かべてみてください。

ライザップのCMを見ると、「ダイエットのビフォーアフター」がハッキリ分かりますよね。
と言うか、「ビフォーアフターしか見せていない(どんなサービスを提供するか?は、全く説明なし)」ですよね。

(例)ライザップのCMを思い浮かべてみると…

ライザップを使う人の多くは、「痩せたい!」というニーズを持った人です。

  • ライザップで、どんなトレーニングをするのか?
  • どんな食事制限プログラムがあるのか?

こういった「サービス内容」よりも、まず知りたいのは「本当に痩せられるのか?(どんなメリットが得られるのか?)」なのです。

だからこそ、ライザップは、CMで「こんな風に痩せられます!」というメリットだけを、強調して伝えているのです。

では、なぜ「得られるメリット」を強調すべきなのか?

その理由は、「人間が、論理よりも、感情を優先して物事を決定するから」です。

人間は、感情で決断し、論理で正当化する生き物である

人間は、論理的に考えているようで、多くのことを感情で決めています。

例えば、「最近頑張ってるし、自分へのご褒美で、ブランド物の洋服を買っちゃおう!」みたいな人っていますよね。

「最近頑張ってるし、自分へのご褒美で、ブランド物の洋服を買っちゃおう!」という人の思考回路

この人の思考回路は、以下のようになっています。

  • あ、この洋服、いい感じ!欲しいなぁ。
  • 最近、仕事頑張ってるもんな。今日買えば割引になってるみたいだし、特典でキーケースも付いてくるならお得だよね!(論理的に考えて、正しい選択だよね!)

このように、先に「欲しい!」という感情があり、後から「割引だし、特典も付いてるし」のような論理で自分を納得させているのです。

そして、このポイントは、ホームページにも応用できるのです。

サービス内容(論理)以上に、得られるメリット(感情)をちゃんと書こう

サービス内容や料金といった情報も、確かに重要です。
しかし、それらの情報は、言わば「論理」の情報です。
論理だけでは、「欲しい!」とは思ってもらえないのです。

そうではなく、「あなたは、こんなメリットを得られますよ」という情報を伝え、「欲しい!」と思ってもらう必要があるのです。

そのためには、例えば以下のような情報を書くことをお勧めします。

  • 「お客様の声」を出す
  • 「解決事例」を出す
  • ベネフィットライティングで書く

このような情報を伝えてあげることで、顧客の思考回路は、以下のように動きます。

ホームページを見ているお客様の思考回路(一例)

なお、ベネフィットライティングでについては、以下のページでも解説していますので、合わせてご参照下さい。

>> 強みの書き方:誰でも5ステップでできる実践例を紹介

まとめ:結局「明るい未来が想像できるか」が大事

いかがでしたでしょうか。

今回お伝えした内容をまとめると、「お客様が、サービス利用後の”明るい未来”を想像できるか?が大事である」ということです。

あなたのホームページを読むと。「明るい未来」が想像できますか?

ぜひチェックしてみてくださいね。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top