士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

読まれる!ブログタイトルの付け方:11の鉄板テンプレ&事例も紹介

読まれる!ブログタイトルの付け方:11の鉄板テンプレ&事例も紹介

コンテンツSEOの一環として、ブログを定期的に更新されている方も多いかと思います。

ブログ記事は、タイトルの付け方で、アクセス数や集客効果が大きく変わってきます。

そこで今日は、ブログタイトルの付け方のポイントをご紹介します。

すぐに使える、11個のテンプレートもご紹介しますので、ぜひお役立てくださいね。

ブログタイトルの付け方:5つのポイント

ブログ記事のタイトルの付け方:ポイント×5

(1)読むメリットが伝わるようにする

ブログ記事を読みに来る人は、多くの場合、検索してやって来ます。

この時、「タイトルを見ただけで、その記事を読むメリットが伝わるかどうか?」が重要になってきます。

なぜなら、検索する人が最初に目にするのは、検索結果に出てくるタイトルだけだからです。

検索ユーザーは、ブログ記事のタイトルを見て、「その記事を読むかどうか?(アクセスするかどうか?)」を判断する ⇒ 読むメリットが伝わるかどうか?がとても重要!

タイトルを見ただけで、読むメリットが伝わらないと、アクセスすらしてもらえないのです。

例えば、あなたが飲食店の経営者で、節税対策について検索したとしましょう。
この時、以下の2つのタイトルが出てきたら、どちらを読みたくなるでしょうか?

  • 節税対策の方法
  • 飲食店必見!ちりも積もれば山となる節税対策5選

きっとあなたは、後者の「飲食店必見!ちりも積もれば山となる節税対策5選」の方を読みたい!と思ったはずです。

このように、タイトルを見ただけでメリットが伝わるか?は、とても重要なのです。

(2)文字数は、全角32文字以内にする

検索結果に表示されるタイトルの文字数は、全角32文字までです。

それ以上の文字数になると、末尾が「…」になってしまい、ちゃっと表示されなくなってしまいます。

タイトルの文字数が全角32文字を超えると、末尾が省略されてしまう…

そのため、全角32文字以内に収めるようにしましょう。
※もし文字数がオーバーしてしまう場合には、前半に最も伝えたいことを入れれば、省略されずに伝えられます。

なお、タイトルの文字数を数える時には、なにも「1、2、3…」と手作業で数える必要はありません。

以下のような、無料で使える文字数カウントツールがあるので、こちらを利用するのをお勧めします。

>> 文字数カウントツールは、こちらをクリック

(3)数字を入れる

ブログタイトルに数字を入れることで、より具体的になって、読んでもらいやすくなります、

例えば、あなたが相続税対策で悩んでいるとします。
その時、以下の2つのブログ記事があったら、どちらを読みたくなるでしょうか?

  • 相続税対策の方法
  • 相続税が最大3分の1になった!土地を活用した節税対策の全手順

あそらく、後者の「相続税が最大3分の1になった!土地を活用した節税対策の全手順」の方が、読みたいと思ったはずです。

数字を入れることで、メリットがより明確になり、「読みたい!」と思ってもらえるのです。

(4)狙っているキーワードを、必ず入れる

ブログ記事のタイトルには、その記事で狙っているキーワード(上位表示させたいキーワード)を含めるようにしましょう。

例えば、あなたが「助成金 申請」で上位表示を狙っているとします。
この時、以下のどちらかのブログタイトルを思いついたとします。

  • 助成金を活用しよう!ポイント5つまとめ
  • 助成金申請でお悩みの方へ。ポイント5つまとめ

この場合、後者の「助成金申請でお悩みの方へ。ポイント5つまとめ」の方が、上位表示されやすくなります。
狙っているキーワードである「助成金 申請」が含まれているからです。

(5)クイック&イージーを伝える

「早くできる」「簡単にできる」というのは、とても魅力的に映ります。

  • たったこれだけ
  • 初心者でもできる

こういった言葉を含めることで、タイトルを見るだけで早さ&簡単さが伝わり、アクセス増が期待できます。

ブログ記事のタイトル:鉄板のテンプレート×11 & 事例も紹介

(1)●つのポイント、●つのコツ

●の部分には、数字が入ります。

  • 建設業許可の申請で失敗しない!5つのポイントを公開
  • 離婚時に、男性が親権を獲得するための3つのポイント

数字を含めることで、より具体的になり、メリットが伝わりやすくなります。

(2)~~するための●つのステップ

何かしらの方法や手順を解説したブログ記事であれば、ステップ数を数字で表現してあげるとGoodです。

  • 円満相続を実現するための、3つのステップ
  • 創業融資を獲得する!成功率を上げる5Step

(3)読者の思い込みの逆を言う

人間は、自分が思い込んでいたことと真逆のことを言われると、すごく気になるものです。

例えば、「新発見!タバコが健康に良かったなんて…」という件名があったら、すごく読みたくなりますよね。
これも、一般的に「タバコ=健康に悪い」と思われている逆を言っているので、気になるのです。

  • お給料を上げると、社員のやる気が下がる!?その理由とは…
  • 年商1000万未満でも会社設立した方がいい、3つの理由

(4)ターゲットを明示する(~~な方へ、のように呼びかける)

「~~な方へ」のような呼びかけを含めると、「あ、自分のことだ!」と思ってもらえて、アクセスしてもらいやすくなります。

  • 節税に悩む整体師の方へ。治療院向けの節税対策×7
  • 相続で揉めたくないあなたへ。トラブルを未然に防ぐ方法

(5)末尾を疑問形にする

タイトルの末尾を疑問形にすると、「その先が知りたい!」という心理が働き、読んでもらいやすくなります。

  • 障害年金を申請する時、絶対にやってはいけないこととは?
  • なぜ9割の人が、相続税対策で失敗するのか?その理由とは…

(6)~~の方法、仕方、●●術

多くの検索ユーザーは、「自分の悩みを解決するための方法」を知りたいと思っています。

そのため、「~~の方法(仕方)」のようなブログタイトルは、反応が上がりやすい傾向にあります。

  • 自分でできる!会社の節税対策:7つの方法
  • 新入社員が自発的に行動する!鉄板の社員教育術とは?

(7)悩みで書き出す

検索ユーザーの頭の中にある悩みで書き出すと、「あ、これ私が悩んでいることだ!」と思ってもらえて、反応率が上がります。

  • 社員が育たない?なら、この5ステップをお勧めします
  • 売上が伸びない?そんな方に実践してほしい7つの業績アップ法

(8)大事なポイントを黒塗りにする

大事なポイントを黒塗りにすると、「何が隠されているんだろう?」「読みたい!」と感じられ、アクセスアップに効果的です。

※上位表示させたいキーワードを黒塗りにしてしまうと、SEO効果に影響してしまうので、ご注意下さい。

  • 就業規則作成の最重要ポイント。秘訣は●●だった
  • 起業家必見!業績アップできるか?の違いは、●●だけ

(9)真逆のものを対比させる

2つの対比した情報を出されると、その違いが気になって、読まれやすくなります。

  • 会社設立で成功する人・失敗する人。その違いとは?
  • 助成金申請で得する人・損する人。その違いとは?

(10)プロっぽさ(権威性)を出す

人間は、無意識に「信頼できる人の話を聞きたい(読みたい)」と思っています。
そのため、プロっぽさを出す(権威性を示す)のは、とても効果的です。

  • 著書7冊の税理士が解説。法人の節税対策7つのポイント
  • Yahooニュースにも掲載。クラウド会計ソフト徹底活用法

(11)体験談風にする

人間は、暗に「成果が証明されている情報」を求めます。
体験談風のブログタイトルは、暗に「この方法は、成果が実証されているものですよ」というニュアンスを伝えられるので、反応率が上がりやすい傾向にあります。

  • 助成金が、こんなに簡単に申請できるとは思いませんでした
  • 【実例】13日で700万の創業融資を獲得できました

まとめ&補足:「思いつく」のではなく「探す」もの

いかがでしたでしょうか。

なお、ブログ記事のタイトルの付け方で悩んだ時には、人気ブログのタイトルを参考にするのもお勧めです。

例えば、以下のようなサイトは、SNSでもよくシェアされており、タイトルも秀逸です。

「読まれるタイトルを考えよう!」と思っても、なかなか簡単に思いつかないこともあります。
そういった時には、こういった人気サイトのブログ記事のタイトルを見て、良さそうなものを「探す」という視点が大切なのです。

参考になれば幸いです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top