士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

Google広告の「下書き&テスト」機能の使い方&成果UPの実例を紹介

Google広告の「下書き&テスト」機能の使い方&成果UPの実例を紹介

リスティング広告(PPC)の運用改善に便利な機能。

それが、Google広告の「下書き&テスト」機能です。

今日は、この機能の使い方と、実際に成果がアップした実例をご紹介します。

あなたもぜひ、真似してみてくださいね。

「下書き&テスト」の機能とは?

下書き機能とは?

既存のキャンペーンの設定内容に影響することなく、複数の変更を準備することができる機能

テスト機能とは?

既存のキャンペーンの設定内容を残したまま、下書きで設定した改善内容を実際に配信して、効果をテストできる機能

例えば、運用改善しようとして、「ある時期はAの設定で配信し、またある時期はBの設定で配信し、効果を比べてみる」事を考えてみましょう。

リスティング広告(PPC)の運用改善の一例(違う条件下)

確かにこれでも、テストの結果を見ることはできます。

しかし、これだと、配信時期が異なるので、同じ条件下での平等な評価が難しいのです。

こういった悩みを解消してくれるのが、Google広告の「下書き&テスト」機能です。

リスティング広告(PPC)の運用改善の一例(同じ条件下)

この機能を使うことで、同じ配信時期にテストを行うことができます。
配信時期が同じなので、同じ条件下で、平等に評価できる、ということです。

これなら、「改善した結果、成果は高まったのか?下がったのか?」が、分かりやすいですよね。

実例:実際のテスト機能の結果

例えば、以下のデータは、当社のクライアントでテストを行った事例です。

このクライアントの場合、もともと「25~54歳」の年齢の反応が良い傾向にありました。

もともと「25~54歳」の年齢の反応が、他の年齢層に比べて、パフォーマンスが良かった

そのため、「25~54歳への配信を強化すれば、成果が高まるのではないか?」と考え、テストを行いました。

その結果が、以下の通りです。

Google広告の「下書き&テスト」機能を用いた、改善の成功事例

上記のように、改善後は、

  • コンバージョン単価:1000円近く削減
  • コンバージョン率:1%ほどアップ

という、良い結果を得ることができました。

これにより、「25~54歳への配信を強化した方が、成果が高まる」ことが確認できた、ということです。

キャンペーンテストの設定方法

ここでは、先程のクライアントの事例をもとに、「年齢別のテストを行う」際の設定方法をご紹介します。

(手順1)まず、下書きを作成する

「すべてのキャンペーン⇒下書きとテスト⇒+ボタン」をクリックします。

「すべてのキャンペーン⇒下書きとテスト⇒+ボタン」をクリック

テストの元になるキャンペーンを選択し、下書きの名前(任意)を入力します。
(今回は、わかりやすいように「年齢の調整」と入力)

入力できたら、「保存」をクリックします。

テストの元になるキャンペーンを選択。下書きの名前(任意)を入力。入力できたら、「保存」をクリック。

(手順2)加えたい変更を行う

今回のクライアントの場合、「25~54歳」の層に、より集中して配信されるように、他の年齢層への配信割合を減らしました。

年齢ごとの配信割合を調整するには、「ユーザー属性」をクリックし、そこの配信割合を変更すればOKです。

加えたい変更を行う

これで、キャンペーンテストの下書きができました。

(手順3)テストを実行する

下書きができたら、画面上部の「適用」をクリックします。

画面上部の「適用」をクリック

以下のような画面が出るので、「テストの実施」をチェックし、「適用」をクリックします。

「テストの実施」をチェックし、「適用」をクリック

そして、以下の項目を入力します。

  • 名前(任意):今回は、わかりやすいように「年齢の調整」と入力
  • 開始日:任意の開始日を選択
  • 終了日:任意の終了日を選択
  • テストへの分配比率:同じ条件下のほうが比較しやすいので、「50%」でOK

入力できたら、「保存」をクリックします。

必要事項を入力し、「保存」をクリック

以上で、テストの設定は完了です。

テストが適切に作成されたか?確認しよう

「すべてのキャンペーン⇒キャンペーン」をクリックすると、今設定したテストキャンペーンが表示されます。

「テスト」が適切に設定完了しているか?チェック

これが表示されていれば、テストの設定は適切に完了しています。

テストに使う項目の一例

今回は、「年齢」をテスト項目にしましたが、他にも、以下のような項目を変えてみても良いでしょう。

  • 地域を広げる、狭める
  • 性別の調整
  • キーワードのマッチタイプの調整
  • デバイスの調整
  • 配信時間帯(スケジュール)の調整

まとめ

PPCは、一回設定したら終わり、ではありません。

継続的に改善していくことで、成果を高めていくことができるのです。

ここでご紹介した、Google広告の「下書き&テスト」機能を、ぜひ使ってみてくださいね。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top