士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

顧客の心を動かす文章術。「名言・格言」でホームページの集客力を高めよう

顧客の心を動かす文章術。「名言・格言」でホームページの集客力を高めよう

ホームページは、文章の違いで、集客力に大きな違いが出ます。

文章術(コピーライティングの技術)は多くの種類がありますが、今日はその中でも、「名言・格言」を活用した文章テクニックをご紹介します。

今あなたがお持ちのホームページに、少しプラスするだけで実践できるので、ぜひご活用下さいね。

なぜ、「名言・格言」で、集客力がアップするのか?

「名言・格言」を使うことで、ホームページの集客力がアップする理由。

それは、『人間は、感情で決定し、論理で納得する生き物だから』です。

人間は、感情で決定し、論理で納得する生き物

実は人間は、そこまで論理的ではありません。

商品やサービスを購入する時にも、論理的に判断しているように見えて、実は感情で決定しているのです。

「欲しい!」という気持ちが先に来て、その後に「だって、~~だもんね」と論理を持ち出して、自分を説得しているのです。

「名言・格言」を使うことで、「感情」を動かすことができます。
だから、ホームページの集客力アップに効果がある、ということなのです。

(余談)なぜ、論理で自分を納得させようとするのか?

人間は、なぜ、論理で自分を納得させようとするのでしょうか?

それは、「自分は、正しい判断能力を持っている。だからこそ、”コレが欲しい!”という判断は正しいんだ!」と思い込みたいからです。

もし、論理で自分を納得させられないと、「コレが欲しい!と思った自分の判断能力」を否定することになります。

人間は、自分自身の判断能力を肯定するためにも、「だって、~~だもんね。論理的に正しいよね」と思い込もうとするのです。

「名言・格言」を活用した文章術:事例×2

(事例1)セミナー参加の背中を押す

以下は、当社が開催したセミナーの、集客用ページの事例です。

名言・格言を活用した文章術:事例(1)

セミナーの申し込みページに挿れたのは、以下の格言です。

財布の中身を、すべて脳に注ぎ込め。
そうすればやがて、脳が財布を満たしてくれるだろう。

これは、アメリカ建国の父とも言われている、ベンジャミン・フランクリンの格言です。

これにより、「学びの効果」が腑に落ちて、「このセミナーで学びたい!」と思ってもらえるトリガーになっています。

(事例2)ブログ記事に説得力を持たせる

以下は、私が以前書いたブログ記事の事例です。

名言・格言を活用した文章術:事例(2)

>> (実際のブログ記事はこちら)SEOの疑問。キーワードの数は何個が最適?の答え

このブログ記事に挿れたのは、以下の格言です。

大きな目標があるのに、小さなことにこだわるのは愚かです。

これは、ヘレン・ケラーが残した言葉です。

このブログ記事で伝えたかったのは、「小手先のSEOテクニックに惑わされないで!」という部分でした。

この説得力を増すために、ヘレン・ケラーの格言がピッタリだったので、まとめとして挿入しています。

使える「名言・格言」の探し方×2

使える「名言・格言」の探し方×2

(1)検索する

一番簡単なのが、検索して探すことです。

例えば、「この文章を読んでいる人に、何かしらの行動を起こしてほしい」のであれば、「行動力 名言」などで検索してみましょう。

名言集のようなページがヒットするので、その中から探していくと、効率的です。

(2)書籍(名言集)を読む(モチベーションアップにもなりお勧め)

名言が書かれた本を読むのも、お勧めです。

名言のストックが増えるのはもちろん、自分自身のモチベーションアップにもなります。

一石二鳥です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

難しくない文章術なので、ぜひ活用してみて下さいね。

参考になれば幸いです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top