士業の学校:プレスクール

士業向け集客方法・売上アップ・マーケティングの情報サイト

おしゃれなホームページは集客できない?デザインより大事な要素×7

おしゃれなホームページは集客できない?デザインより大事な要素×7
おしゃれなデザインのホームページを作りたいんです
流行のデザインにするか、シンプルな感じにするか、悩んでいます

ホームページ制作を依頼された方から、上記のようなご相談を頂くことが、よくあります。

確かにホームページは、なんとなく「かっこいい(おしゃれ、洗練されている感じ)なほうが集客できそう」なイメージがあると思います。

しかし、こと集客においては、デザインというのは「おまけ」に過ぎない。
私はそう考えています。

では、ホームページ集客の成否を左右する要素とは、一体何なのか?
これについて、今日は解説したいと思います。

ホームページの集客力を大きく左右する!デザインより大事な要素×7

結論から申し上げますと、以下の7つの要素のほうが、デザインよりも何倍も何十倍も大切です。

おしゃれなホームページは集客できない?デザインより大事な要素×7

これらの要素を、1番の「ターゲット」から始まり、順番にクリアしていくことが大切なのです。

それでは、各要素を詳しく解説します。

(1)ターゲット(誰をお客様にするのか?)を決める

ホームページ集客で最も大事なのは、ターゲット。

つまり、「誰をお客様にするのか?を決めること」です。

「広く安く売る」のではなく、「狭く高く売る」

ターゲットは、絞り込めば絞り込むほど、ホームページの集客力は高まっていきます。

なぜかというと、「ターゲットを絞り込むと、そのターゲットに、あなたのメッセージが届きやすくなるから」です。

「広く安く売る」のではなく、「狭く高く売る」

例えば、以下の2つの文章を見てみて下さい。
もしあなたが、精神疾患(うつ病)で障害年金を申請したいとしたら、どちらの事務所に相談したいですか?

  • 障害年金でお悩みなら、当事務所にお任せ下さい
  • 精神疾患の障害年金でお悩みなら、当事務所にお任せ下さい

きっと、後者の事務所に相談したいですよね。

このように、ターゲットを絞り込むと、メッセージが尖るので、お客様が「あ、これって私のことだ!私の悩みを解決してくれるんだ!」と反応してくれやすくなるのです。

つまり、この例で言えば、「障害年金で悩んでいる人」をターゲットにするよりも、「精神疾患の障害年金で悩んでいる人」をターゲットにしたほうが、集客しやすくなる、と言えます。

欲張って、ターゲットを広くすると、あなたのメッセージは刺さらず、単価を下げても売れなくなります。

逆に、思い切ってターゲットを絞り込むと、その人の悩みにピンポイントに訴求できて、単価も上げられるのです。

(2)ターゲットの悩みを理解する

ターゲットを決めたら、次は「そのターゲットが、何に悩んでいるのか?」をリサーチします。

悩みのリサーチの仕方については、以下の記事でも解説しておりますので、ご参照下さい。

>> 【無料ワークシート付】ペルソナの作り方。調査~活用の具体例もご紹介

例えば、先程の「精神疾患の障害年金で悩んでいる人」で言えば、以下のような悩みがあったりします。

  • 一般的な障害と違い、見た目や数値で判断しづらいので、医師が診断書を書きづらい(実際の症状よりも軽く書かれてしまうことがある)
  • 社会保障費の削減のため、審査が厳しくなっている

これらの悩みを理解できているかどうか?で、後述の「コピーライティング(文章作成)」が、大きく違ってきます。

(3)サービス内容を決める

サービス内容も、前述の「ターゲットの悩み」の内容で、大きく変わってきます。

例えば、前述の精神疾患の障害年金申請の例で言うと、「一般的な障害と違い、見た目や数値で判断しづらいので、医師が診断書を書きづらい」という悩みがありましたね。

これを解決するために、例えば「社労士本人が病院に同行し、医師に病状を詳しく伝えることが出来るので、医師も診断書を書きやすくなる。結果、症状を軽く書かれてしまうことがなくなり、正当な受給額が受け取れる」といった、病院同行サポートをサービス内容に組み込む、といったこともできますよね。

このように、サービス内容も、ターゲットの悩みありきで決まってくるのです。

その他にも、価格や料金表の見せ方なども重要なポイントです。

これらについては、以下のページで解説しておりますので、ご参照下さい。

>> 利益の出る価格設定の方法3つ。サービスの値段をいくらにすべきか?
>> 料金表の作り方:ポイント12個まとめ。顧客心理を捉える事例もドサッとご紹介!

(4)オファーを決める

ホームページ集客でいう「オファー」とは、以下のような意味合いです。

オファーとは?

お客様を集めるために、最初に提供するもの。
集客目的の商品・サービス。
(フロントエンド、などとも呼ばれます)

士業だと、よく「無料相談」をオファーにしていることが多いですね。

しかし、「無料相談」とだけ書いても、なかなか集客できないのです。

ここで大事なのが、「無料のものにも、価値をもたせる」という発想です。

「無料のものにも価値をもたせる」とは?

お客様は、「無料相談」とだけ書かれていても、

  • 無料相談に行くことで、何が得られるのか?
  • どんなメリットがあるのか?

が分かりません。

そこで、例えば「障害年金がもらえるか?無料で診断します」のような表現にするのです。

こう書くと、お客様は「そうそう、それが知りたかったんだよ!」と反応してくれやすくなるのです。

ホームページのオファーを変えるだけで、集客力がアップする

「無料相談」と「無料診断」。

一見すると、大差ない表現の違いですが、「無料診断」のほうが、お客様に価値が伝わりやすいのです。

このように、表現の違い一つで、まったく反応が違ってきます。

なお、オファーについては、以下のページでも詳しく解説しておりますので、ご参照下さい。

>> ホームページは、デザインよりもオファーが大事。集客のポイント×3

(5)コピーライティング(文章作成)

ここまで決まったら、ホームページに載せる文章を書いていきます。

この文章を書くときに、前述の「ターゲットの悩みを理解できているかどうか?」で、反応が大きく違ってきます。

ターゲットの悩みに合わせた文章作成については、以下のページで詳しく解説しています。
ぜひご参照下さい。

>> コピーライティング勉強中の方に注意。「型」にハマると失敗する、という話。

(6)お客様の声(社会的証明)を増やす

ホームページの集客力を大きく左右するのが、この「お客様の声」です。

他にも、

  • 推薦者の声
  • 何かしらの実績(~~で表彰された、など)
  • 出版実績(本を出している=すごい人、と思われ信頼されやすくなる)

といった、社会的証明(第三者からの評価)が多ければ多いほど、ホームページの集客力は高まっていきます。

なお、「お客様の声」の集め方などについては、以下のページをご参照下さい。

>> お客様の声のベストなまとめ方は?必要な5つの要素を解説

(7)アクセスアップ対策をして、アクセスを増やす

ここまででホームページが完成しますので、あとは

  • SEO対策(主にブログ更新)
  • PPC(リスティング広告)

といたアクセスアップ対策を行って、アクセスを増やしていきます。

ここで一点。

よく「SEOとPPC、どちらをやればいいですか?」という質問を受けることがありますが、結論から申し上げますと、「両方やったほうがいい」です。

なぜなら、SEOとPPCは、組み合わせることで相乗効果が得られるからです。

詳しくは、以下のページをご参照下さい。

>> まだSEO対策だけやってるの?PPCと比較してメリットや違いを解説

まとめ:デザインは、「文章を読みやすくするための脇役」である

ここまでで、デザインよりも大事な7つの要素をご紹介してきました。

では、ホームページのデザインの役割は何なのか?

それはズバリ「文章(コピー)を読みやすくするための脇役」です。

いくらおしゃれなデザインでも、流行のデザインでも、シンプルなデザインでも、それによって

  • 文章が読みづらくなってしまったり
  • 文章を削ってデザインを優先してしまったり
  • かっこよさを優先して、電話番号など、お客様が必要とする情報が小さく見づらくなってしまったり

といったことをしてしまうと、集客力がガクッと落ちてしまいます。

逆に、極論すると、「文章をひきたてることができれば、どんなデザインでも、大した違いはない」とも言えます。

デザインを判断する時には、かっこいいか?オシャレか?のような見た目ではなく、

  • そのデザインによって、文章が読みやすくなっているか?
  • その事務所の強みや特徴が、伝わりやすくなっているか?
  • お客様の声やサービス内容、料金といった大事な要素が見やすくなっているか?

のほうが大事です。

ぜひ、覚えておいてくださいね。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top