士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

今すぐお気に入りに登録したい!マインドマップソフト15個まとめ。活用法も解説

今すぐお気に入りに登録したい!マインドマップソフト15個まとめ。活用法も解説

ブックマークしておきたいマインドマップ作成ソフトを、15個ご紹介させて頂きます。

マインドマップは、自分のToDo(タスク)を書き出したり、アイデアをまとめたり、ヒラメキを得るのにとても便利です。

私も、XMind(エックスマインド)というツールを使っています。

無料で使えるフリーソフトから、より高機能な有料のソフトまで集めていますので、あなたにとって使いやすいマインドマップツールを見つけてみてください。

日本語で使える、マインドマップ作成ソフト×9

XMind(エックスマインド):私も使っている、お勧めソフトです

このマインドマップソフトは、私も使っています。

歴史が長く、愛用者が多いマインドマップソフトです。

シンプルなものから複雑なものまで、直感的に作成できます。

無料版は、テクニカルサポートの対象外になりますが、期限なく使えます。

>> XMind

iMindMap(マインドマップの生みの親、トニー・ブザン)

マインドマップの生みの親、トニー・ブザン発祥のマインドマップソフトです。

トニー・ブザンは多くの書籍も出しているので、ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

スマートフォンで使えるアプリもあるので、出先でも使えるのが魅力的です。

7日間の無料トライアル期間がありますので、まずは使ってみて、操作性などを確かめてみるとよいでしょう。

トニー・ブザンから、マインドマップの公認トレーニングも提供されているので、マインドマップを極めたい方は必見です。

なお、使い方の解説サイトがありましたので、以下にご紹介させて頂きます。

>> iMindMap
>> iTunesアプリはこちら
>> iMindMapの使い方解説サイト

mindmeister

無料のマインドマップツールの中では、とても有名です。

もともとは英語版だけでしたが、現在は日本語版もあります。

非常に多いアイコンを使えるのが魅力的です。

>> mindmeister
>> iTunesアプリはこちら

Mindjet

ショートカットキーが使いやすく、とても便利で快適にマインドマップを作成できます。

通常のマインドマップはもちろん、「組織図」や「ビジネス計画」など、マインドマップの各種テンプレートが豊富に揃っているので、作成にかかる時間を節約できて助かっています。

アプリもあるので、移動中でもアイデアをメモできます。

>> Mindjet
>> iTunesアプリはこちら

Coggle

無料のマインドマップフリーソフトです。

PDFや画像でのエクスポートも可能ですので、保存して後で見直すのも簡単です。

>> Coggle

Mindomo

オンラインでマインドマップを作ることができます。

使い方の解説サイトも、以下にご紹介しておきます。

>> Mindomo
>> iTunesアプリはこちら
>> Mindomoの使い方解説サイト

「Edraw」お手軽 マインドマップ作成ソフト

パワーポイントやエクセル、ワードと連携できるマインドマップ作成ソフトです。

PDFでのエクスポートも可能です。

>> Edraw
>> Edrawの使い方解説サイト

Frieve Editor(フリーブエディター)

USBメモリーにインストールすることもできる、マインドマップソフトです。

持ち運び可能なので、移動先でも使いやすく、利便性に優れています。

>> Frieve Editor(フリーブエディター)

Lucidchart(グーグルクロームアプリケーション)

グーグルクローム上で動く、作図ツールです。

もちろん、マインドマップも作成できます。

>> Lucidchart
>> Lucidchartの使い方解説サイト

英語のマインドマップ作成ソフト×6

Mindmaple

タスク管理機能なども付いている、マインドマップソフトです。

無料で使えます。

>> Mindmaple
>> Mindmapleの使い方解説サイト

Stormboard

複数人でのアイデア出しに便利な、マインドマップソフトです。

メンバーそれぞれが画像をペタペタ張り付けていくことができるので、ブレーンストーミングの時に大活躍してくれます。

>> Stormboard
>> Stormboardの使い方解説サイト

bubbl.us

サクッと簡単なマインドマップを作成するのに便利な、フリーソフトです。

ノード(項目)を削除した時、爆発するエフェクトが付いているので、操作するのが面白いです。

オンラインで使えます。

>> bubbl.us

MindNode

自分のブログやHPに、作ったマインドマップを貼り付けることができます。

WindowsのOfficeに似たデザインなので、ワードやエクセルなどを頻繁に使う方にとっては、使いやすいデザインと言えます。

>> MindNode

Mapul

見た目は、一番マインドマップっぽい感じになります。

本家のトニー・ブザンの書籍などを読んでいる方は、見やすく感じるでしょう。

>> Mapul

Mind42

オンラインで使える、マインドマップのフリーソフトです。

外部へのリンクを貼ったり、Flickrの画像を貼り付けたりできます。

>> Mind42

マインドマップ活用法×2

(1)タスク管理、時短

私は、マインドマップで仕事のタスクを整理しています。

このおかげで、頭がクリアに整理され、仕事時間を大幅に短縮できています。

詳しくは、以下の記事でも解説していますので、ご参照ください。

>> 仕事の優先順位の付け方。「緊急度」と「重要性」ではダメ!?

(2)ブログを書く時のネタ出し、文章構成

私はブログを書く前に、「プロット(下書きのようなもの)」を書くのですが、これにもマインドマップを使っています。

プロットを用意しておくことで、

  • ブログ記事の全体像を整理できる
  • 説得力のある、分かりやすい文章が書ける
  • 結果的に、早くブログ記事が書ける

といったメリットがあるので、お勧めです。

マインドマップを活用したブログの書き方のコツは、以下のページでも解説していますので、ご参照ください。

>> ブログの書き方 & ネタの探し方を徹底解説!もうネタ切れなんて言わせない
>> ブログを書く時間がない…を解消する5ステップ

まとめ

いかがでしょうか?

ソフトごとに操作性や機能部分の違いがあるので、まずは試しに使ってみて、一番使いやすいものを選ぶのがベターです。

マインドマップを使うことで、今までに思いつかなかったようなアイデアが出てきたり、突然ひらめいてブレイクスルーできたり、多くのメリットを得ることができます。

私は、ホームページ制作の際に、全体の構成をツリー図にして整理したり、事業計画をまとめたりするのにも使っています。

ぜひあなたも、マインドマップソフトを活用してみてくださいね。

※上記の各マインドマップソフトの内容は、記事執筆時のものです。
詳細は、各公式サイトをご確認下さい。

追伸:マインドマップを活用して、週の仕事を3日で終わらせたい方へ

なお、私もマインドマップを活用していますが…

マインドマップを使って、仕事のスピードを格段にアップさせることができます。

その方法を、以下でご紹介していますので、こちらも合わせてご参照ください。

週の仕事を3日で終わらせる、「GM時短術」の詳細はこちら

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

Return Top