士業の学校:プレスクール

士業・コンサル向けのマーケティング・仕事術の情報サイト

ホームページ改善の際、Web集客コンサルが見る12のポイント

ホームページ改善の際、Web集客コンサルが見る12のポイント

「ホームページを作ったけど、問い合わせが増えない…」
「もっと集客できるようにしたい」

こういったお悩み解消のヒントになればと思い、今日は、ホームページ改善の12のポイントを解説します。

私がクライアントのWeb集客のコンサルティングをする際に、必ずチェックするポイントをまとめました。

ぜひご活用頂ければと思います。

Googleアナリティクスだけで判断してはいけない!なぜか?

ホームページ改善の時によく使われるのが、Googleアナリティクスです。

確かに、Googleアナリティクスを見れば、ユーザーのアクセス数などが数字で分かります。

しかし、Googleアナリティクスの数字だけ見ていても、効果的な改善策は出てこないのです。

なぜか?と言いますと…

「相談したい!依頼したい!」という感情の動きがわからないから

当たり前ですが、ホームページを見ているのは、機械ではありません。
感情を持った人間が見ています。

そして、ホームページを見た人が「相談したい!依頼したい!」と思ってくれれば、問い合わせが増える、ということになります。

この「ホームページを見た人が、相談したい!依頼したい!と思ってくれるか?」という感情の動きは、Googleアナリティクスだけ見ていても分からないのです。

「人間の感情の動き」は、Googleアナリティクスだけ見ていても分からない

もちろん、Googleアナリティクスの数字を見ることは大事です。
が、それ以上に、数字の裏に隠されている”人間の感情(相談したい!依頼したい!と思ってもらえるか?)”が大事なのです。

そのポイントを12個、以下にご紹介します。

ホームページ改善のポイント×12

(1)そもそも、ホームページで集客できる業務分野か?

最初に、「集客しようとしている業務分野は、ホームページで集客できるものか?」をチェックします。

ホームページで集客しやすいもの、しづらいものは、それぞれ以下のようになります。

ホームページで集客しやすい
  • 検索されている
  • ライバルが弱い
  • サービス内容が分かりやすい(手続き業務など)
ホームページで集客しづらい
  • 検索されていない
  • ライバルが強い
  • サービス内容が分かりづらい(コンサルティング業務など)

順番に解説します。

1.検索されているかどうか?

ホームページで集客しようと思ったら、大前提として、「検索されているかどうか?」が重要になります。

ホームページの主なアクセスアップ手段は、SEO対策か、PPC(リスティング広告)になります。
どちらも、検索してくることを前提にしたアクセスアップ手法です。

もし、検索されづらいようなサービスの場合、「ホームページ+SEO対策やPPC」は向きません。
そういった場合、「Facebook広告+セミナー」など、別のマーケティングを行う必要があります。

Facebook広告の活用法については、以下のページでも解説していますので、ご参照下さい。

>> 士業のためのフェイスブック広告を用いた集客テクニックを解説

2.ライバルが強いか?弱いか?

検索されていても、ライバルが強ければ、集客は難しくなってきます。

ユーザーが検索してくるであろう想定キーワードで検索し、ライバル状況を目視してみて下さい。

狙っているキーワードで検索し、ライバル状況を目視

他事務所の実績数や、お客様の声などを目視します。
ここで、あまりにも強いライバルがたくさんいるのであれば、真っ向勝負するのはお勧めできません。

こういった場合、例えば、より専門特化するなどして、ライバルとは違う土俵で戦うようにすると良いでしょう。
(例:離婚相談 ⇒ 女性向けの離婚相談 など)

3.サービス内容が分かりやすいかどうか?

分かりやすいサービスは、集客しやすいです。

例えば、「建設業許可の申請」や「障害年金の申請代行」のような手続き業務は、依頼した結果が分かりやすいので、集客しやすい傾向にあります。

一方、ホームページでは、分かりづらいサービスは集客しづらいです。

例えば、「社会保険労務士の顧問契約」や「コンサルティング業務」といったものは、集客しづらいものです。

もしこういった、分かりづらいサービス内容のものを集客したいなら、以下のような集客手法がお勧めです。

  • フロントエンドのサービスを用意する
  • セミナーを絡める

詳しくは、以下の動画で解説していますので、ご参照下さい。

(2)キャッチコピーで惹き込まれるか?

ホームページの集客力を大きく左右する要素。

それが、キャッチコピーです。

人間は、「ホームページを見て、たった3秒で、そのホームページを読むか?戻るボタンを押して他を見に行くか?を判断する」と言われています。

キャッチコピーで惹きつけられるかどうか?

この3秒の壁を突破するには、キャッチコピーを見ただけで「ここの事務所に相談すれば、私の悩みが解決できるかもしれない!」という期待感が持てるかどうか?が重要になります。

なぜか?と言いますと…

人間は、「自分の悩みが解決できるか?」にしか興味がない

極論すると、ホームページを見ている人は、「自分の悩みが解決できるか?」にしか興味がありません。

  • 「自分の悩みが解決できるか?」
  • 「自分にとってメリットがあるか?」
  • 「他の事務所とどう違うのか?」

こういった視点でホームページを見に来ます。

こういうユーザーに興味を持ってもらうには、キャッチコピーで惹きつけられるかどうか?が大事になってくるのです。

詳しくは、以下のページで解説していますので、ご参照下さい。

>> キャッチコピーの作り方&考え方のスベテ。事例も紹介。

(3)写真があるか?(人物写真、事務所内部の写真)

写真があるかどうか?も、とても重要です。

写真を載せて、「見える化」する

多くの人は、士業に相談しに行くことに慣れていません。

  • どんな人が対応してくれるのか?
  • どんな事務所なのか?

こういったことが分からないと、余計な不安を与えてしまい、問い合わせが減ってしまいます。

事務所職員や、事務所内部の写真を載せて、見える化してあげることを心がけましょう。

どんな写真を載せれば良いのか?は、以下のページで詳しく解説しています。
ぜひご覧ください。

>> 士業がホームページに載せるべき写真×9。事務所を見える化して問合せ率アップ!

(4)料金表があるか?分かりやすいか?

料金表は、絶対に見られるコンテンツです。
あなたも、「値段が分からないものを申込む」のは怖いですよね。

料金表で大事なのは、以下の点です。

  • パッと見ただけで、素人でも、自分に向いているのがどのサービスが分かるか?
  • そのサービスを依頼した時にかかる金額は、いくらなのか?

これらが判断できる料金表であればOKです。

料金表の作り方

料金表の作り方のポイントは、以下のページで紹介しています。
合わせてご覧ください。

>> 料金表の作り方:ポイント12個まとめ。顧客心理を捉える事例もドサッとご紹介!

(5)社会的証明があるか?(お客様の声など)

ここでいう社会的証明とは、以下のようなものを指します。

  • お客様の声
  • 推薦者の声
  • 実績
  • 著書
  • 何かしらのランキングで上位

こういった、「第三者から見たあなたの評価」のことを、社会的証明と呼びます。

お客様の声などの社会的証明(第三者から見たあなたの評価)を数多く載せる

これらがあるかどうか?で、ホームページの反応が大きく違ってきます。

お客様の声のポイントは、以下のページで解説しています。
ご参照下さい。

>> 「お客様の声」を楽々集め、問合せを増やす方法

(6)選ばれる理由(強み)が明確か?

お客様は、常に「この事務所は、他と何が違うのか?」を比較しています。

選ばれる理由(強み)が明確でなければ、値段がもっと安い他の事務所に流れていきます。

ここで大事なのが、「強みは、自分で決めてはいけない」ということです。

自分が「これが私の強みだ!」と思っていても、お客様は全く違う部分に魅力を感じてくれていたりします。

これについては、以下のページで詳しく解説しています。

>> ホームページ集客だけに囚われないで!など、強み発見や高単価化のコツ×5

(7)サービス特化になっているか?

  • 相続もできます、
  • 会社設立もできます、
  • 税務調査もできます…

こういった、「ウチは何でもできますよ!」という何でも屋さん的なホームページは、テーマが絞られていない、と言えます。
何でも屋さんのようなホームページは、お客様への訴求力が落ちてしまうため、集客向きではないのです。

うちは、相続税対策が得意です!

このように、載せるサービスを絞った方が、反応はグンとアップします。

レストランを例に挙げると…

これは、レストラン業界をイメージすると分かりやすいでしょう。

多くのメニューを横並びに並べている、昔ながらのファミリーレストランは、どんどん廃れています。
一方、サイゼリヤや紅虎餃子房のような、専門性を持ったファミリーレストランは、伸びています。

ホームページもこれと同じです。

見せ方(載せるサービス内容)を絞ることで、専門性を高く見せることができます。
かつ、検索エンジン(YahooやGoogle)からの評価も高まりやすくなるので、検索順位も上位に表示されやすくなります。

このように、サービス特化型になっているかどうか?で、集客力が大きく変わってくるのです。

(8)出口は一つか?(動線はシンプルか?)

ホームページの出口は、一つだけにして下さい。

  • メルマガ登録はこちら
  • セミナーのお申込みはこちら
  • 事務所案内のダウンロードはこちら

このように、たくさんの出口があると、お客様は「何をすればいいのか?」が分からなくなってしまいます。
結果、反応が落ちます。

逆に、「まずは無料相談をご利用下さい」のように、出口が1つに絞られていると、迷わず申し込めます。
結果、反応がアップします。

1つのホームページで、何でもかんでもアピールするのはやめて、出口は1つにしましょう。

(9)電話番号が、パッと目に入ってくるか?

電話番号は、大きく目立つように載せて下さい。

電話番号は、大きく目立つように!

デザイン性を重視し過ぎると、電話番号が目立たなくなってしまう場合があります。

「事務所案内のページにだけ、電話番号が小さく書かれている」といった状況では、問い合わせ獲得は難しいでしょう。

ユーザーは、わざわざ電話番号を探し出してくれるほど、ヒマではありません。

電話番号は大きく目立たせる!
これが鉄則です。

(10)申込後の明るい未来が想像できるか?

誤解を恐れずに言うと、お客様は、あなたのサービスには興味がありません。
サービス自体に興味がある訳ではないのです。

そうではなく、「そのサービスを使うことで、今抱えている課題・悩みが解消された、明るい未来を手に入れたい」のです。
サービス内容は、明るい未来を手に入れるための手段に過ぎないのです。

つまり、申込前の段階で、申込後の明るい未来を想像させてあげる必要があるのです。

お客様の声の声などで、ビフォー・アフターを伝えてあげることで、明るい未来を伝えることができます。

(11)地図はあるか?アクセスは分かりやすいか?

士業は、基本的に、地域ビジネスです。

業務によっては全国対応できるものもあります。
しかし、依頼するお客様側からすれば、近くの士業に依頼したいのが本音なのです。

そのため、地図は重要です。
グーグルマップだけでは分かりづらいのであれば、別途分かりやすい地図を用意しましょう。

また、最寄り駅からのアクセスが分かりやすいように、事務所までの道順を写真で載せてあげるのも効果的です。

地図やアクセス情報は分かりやすく

アクセスを分かりやすく表記してあげれば、「事務所の場所が分からなくて辿り着けなかった」のようなドタキャンを防げます。

(12)お客様の言葉で書かれているか?

ここでいう、お客様の言葉とは、「お客様が普段の生活の中で使っている言葉」という意味合いです。

例えば、「スキーム」という言葉は、士業には馴染みがある言葉です。
しかし、お客様は、普段からスキームという言葉は使っていません。

前後の文脈から判断できる言葉だとしても、分かりづらい表現は、ホームページの反応を落とします。

中学1年生に説明するイメージで書く

ホームページに書く文章は、中学1年生に説明するイメージで書きましょう。

人間は、普段接していない業界の知識は、中1レベルくらいになると言われています。

例えば、普段仕事で英語を使わない人に、いきなり英語のテストをさせると、中1レベルの問題しか解けないのです。

中学1年生が理解できるレベルで書くことを心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでご紹介したポイントは、どれも、Googleアナリティクスを見るだけでは判断できないものばかりです。

数字は数字であり、その裏にある、”人間の感情(相談したい!依頼したい!と思ってもらえるか?)”に目を向けるようにしましょう。

参考になれば幸いです。

得られた学びや気付きをぜひコメントして下さい。運営の励みになります。

お名前の入力は任意(ニックネームでもOK)です。

*

この記事を書いた講師

士業の学校校長大林 亨輔
累計500以上の士業事務所のWEB集客をサポートしてきた、士業専門ネット集客コンサルタント。
株式会社ミリオンバリュー代表取締役社長。
士業の学校の創設者であり、校長。

船井総研出身の父の背中を見て育ち、22歳の時に独立起業。
士業業界のホームページ制作・SEO・PPCといった集客サポートを行い、独自の【士業専門3ステップ集客ノウハウ】を確立。

全国各地でセミナーも行い、ノウハウの普及に務めている。

ディズニーとスターバックスが大好き。
Return Top